電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

52件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

花王、希釈で表面改質機能 界面活性剤で確認 (2024/5/10 生活インフラ・医療・くらし2)

花王は独自開発した環境に優しい界面活性剤「バイオIOS」が、水道水で希釈した際に洗浄に加えて表面改質の機能を併せ持つことを見いだした。... 洗濯中に衣類表面を改質できる可能性を示...

第一原理計算で2200種の物質表面のデータベースを作成して学習させた。... 2種類の元素で構成された二元系酸化物の無極性表面を2200種類計算した。物質表面の原子構造と静電ポテンシャルを計算し、電子...

電子をたたき出す直前に光で物質表面にスピン流を生じさせると、その向きが分かる。... 物質表面に高エネルギーのパルスレーザーを照射して光電効果で電子をたたき出す。... 物質から電子をたたき出す直前に...

原子レベルの分解能で物質表面の特性を調べられるようになる。 ... この知見を表面分析に応用していく。

物質表面の改質、洗浄が行える同処理は、半導体製造装置用部品や細胞培養器具をはじめ多方面で需要が拡大傾向。... 魁は表面処理加工用プラズマ装置を企業や大学に展開するメーカー。

高出力レーザーを物質表面に集光すると、照射部が気化・蒸発し、表面から原子や分子などが飛散する「アブレーション」が起こる。 ... 量子科学技術研究開発機構では、軟X線レーザーを用いて...

物質表面の元素分布把握 暗い中で蛍光テープに光を当てると、輝いて見える。... なお、普通のカメラでは、被写体からあらゆる方向に反射した可視光を焦点化することで、物質を投影できる。....

物質表面にナノサイズ(ナノは10億分の1)の凸凹パターンを形成し、表面を伝わる波を制御する。... 圧電体の表面に金属の微細パターンを形成した。... 周波数帯はこれまでの研究の中で最...

東京大学の横内智行助教と大谷義近教授らは、物質中のスピンが渦を巻いて整列するスキルミオンを利用して人工知能(AI)処理を実現した。... スキルミオンは物質中では電子スピンが竜巻き状に...

一つ目は、物質表面の原子一層である。エネルギーの低い陽電子で、物質表面の原子一層にある電子スピンを捉えることができ、スピントロニクスデバイスで重要な現象である物質最外層のスピン流や、新しいスピン伝導物...

分光応用技術研究所は、散乱性物質(固体・液体)内部の光学特性および、物質表面の反射特性について、非破壊・非侵襲で測定できる装置の開発・実用化を目指している。

近年、生体ナノ物質や量子ドットなどの人工合成ナノ物質を高効率に合成するために、気液界面の微小化が求められている。... 同技術と物質表面に機能性分子を吸着させる表面修飾技術を組み合わせ、疎水性のナノ流...

魁半導体、プラズマ処理効果2倍の真空装置 処理時間半減 (2021/9/2 機械・ロボット・航空機2)

すでに金属を使う自動車向けのパーツや文具の表面処理、半導体製造装置向けシール材といった素材のプラズマ耐久評価試験用途などで引き合いがあるという。 ... ワークを加熱してから処理する...

日本ケミコンの導電助剤「NHカーボン」は活物質(二次電池の中で電気を起こす反応に関わる物質)の表面にコーティングできる。... 活物質同士をつなぎ電気が流れるようにする。... 形状を...

今後のロボティクスに期待されることは、高頻度に手が触れたり、ウイルスの付着リスクの高い表面領域を検出するようなAIなどを活用したロボットによるセンシング技術が重要と考える。 ... ...

2 新たな取り組み、考え直すこと (1)“ピンチをチャンスに”を合言葉に、抗菌ガラス、新型コロナウイルス等の殺菌・不活化に効果的とされている265ナノメートル...

X線を利用した物質表面の分析手法を高速化。... 水中に置いた鉄は錆びるが、条件によっては表面に黒錆の膜ができ、それ以上錆びなくなる。... 物質の表面分析手法「X線反射率法」で鉄試料の表面の錆による...

複数の光が重なった干渉効果で照射先の物質表面に凹凸構造ができ、吸収率が向上して効率が上がった。... レーザー4本を集光すると照射ターゲットの薄膜表面に凹凸構造が発生した。

新材料・HSI、光融合技術に2分科会 新技術実用化を支援 (2019/2/11 素材・ヘルスケア・環境)

HSI分科会は、HSIの活用により物質表面の情報を読み取るインライン連続検査・診断システムの開発、実用化を目指す。

静電気の微細動を捕捉 阪大が高感度顕微鏡 (2019/2/11 科学技術・大学)

大阪大学大学院理学研究科の松本卓也教授と荒木健人大学院生らは、物質に発生した静電気を観察できる静電気力顕微鏡で、300ナノ秒(ナノは10億分の1)での動きを捉える時間分解能と、高い検出...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン