145件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

東京大学空間情報科学研究センターの柴崎亮介教授とマナンダー・ディネス特任准教授らはこの危険性を防ぐ技術を開発した。... 利用は開封用の信号を受け取ったユーザーだけとなる」とディネス特任准教授は説明す...

(水曜日に掲載) ◇物質・材料研究機構(NIMS)先端材料解析研究拠点主任研究員 吉澤俊介 2010年東京工業大学物性物理学専攻博士課程修了、博士(理学)。同年東京...

東京大学大学院工学系研究科の姜淼(ジアン・ミャオ)特任研究員、大矢忍准教授、田中雅明教授らは、従来の手法に比べておよそ1000分の1の電流密度で磁石のNSの向きを変える(磁化反転)ことに成功した。

大阪大学大学院医学系研究科のチュン・チジン特任研究員と奥野龍禎助教、望月秀樹教授らは、パーキンソン病(PD)の影響として、機能不全に陥った細胞内小器官ミトコンドリアを細胞外へ放出する現象を発見した。....

大阪大学の花田有希特任研究員と石原直忠教授、久留米大学の野村政壽教授らは、遺伝情報としてリボ核酸(RNA)を持つウイルス(RNAウイルス)に感染した細胞で、細胞内小器官のミトコンドリアが自然免疫へ関わ...

東京大学生産技術研究所のユンフイ・ウー特任研究員と野村政宏准教授らは、光で窒化シリコン薄膜の熱伝導率を倍増させることに成功した。... 科学技術振興機構(JST)のプログラムとして研究した。

国立天文台の赤堀卓也特任研究員らは、59億年前に誕生した「ほうおう座銀河団」の中心にある巨大ブラックホールから形成して数百万年の若いジェットが噴き出していることを発見した。

国立情報学研究所の滝坂透特任研究員や蓮尾一郎准教授らは、意思決定の支援システムが示す選択肢の正しさを保証しながら高速計算し結果を提示できる手法を開発した。

阪大など、CNT準粒子の相互作用解明 (2020/6/8 科学技術・大学)

大阪大学レーザー科学研究所のバグシカン・フィルチト・レニ・ゴッコン特任研究員と斗内政吉教授らは、カーボンナノチューブ(CNT)に電磁波のテラヘルツ波を照射し、エネルギーを吸収した粒子(準粒子)の相互作...

阪大微生物病研究会(BIKEN財団、大阪府吹田市)は、感染症ワクチンの基礎研究や生産技術に関わる人材育成を拡充する。... 従来は阪大微生物病研究所に所属する特任研究員に限っていた。... 開発したワ...

クボタ、「水道」の研究奨励制度を創設 (2020/3/19 科学技術・大学)

クボタは2020年に迎えた創業130周年記念事業の一環で、大学の若手研究者を対象に水道分野での研究奨励制度を創設した。... 募集は「水道」に関する研究テーマで、各種研究に携わる大学の准教授や講師、助...

輝け!スタートアップ(31)リードファーマ (2020/3/5 中小・ベンチャー・中小政策)

国循研究所で、国内の脂質異常症研究の第一人者として名をはせる斯波真理子病態代謝部長のもと、特任研究員を務めてきた。 ... 【研究者として】 研究者としての背景があ...

【国際会議等参加助成(レーザプロセッシング)】 ▽量子科学技術研究開発機構関西光科学研究所光量子科学研究部先端レーザー技術開発グループグループリーダー桐山博光「The...

市村清新技術財団(東京都大田区、桜井正光会長、03・3775・2021)は、第2回地球環境研究助成金の助成先3件を決めた。... 助成テーマ、代表研究者(所属)は以下の通り。 ▽超低...

がん研究会がんプレシジョン医療研究センターの森誠一プロジェクトリーダー、後藤理特任研究員らは、子宮や卵巣に生じるがん肉腫の全遺伝情報(ゲノム)異常パターンに基づき、予後や臨床的特徴から病型を分類する方...

東京大学宇宙線研究所の馬渡健特任研究員らは、135億年前の星の形成の痕跡を発見したと発表した。... 早稲田大学などとの共同研究。... 研究グループは年老いた恒星からなる老けた銀河に注目した。

受講生10人らに、カリキュラム提供元である東京大学ものづくり経営研究センターの高橋泰樹特任研究員は「ここで学び、自分たちの変革のキーを見つけてください」とエールを送った。

 東京大と国立天文台などの国際研究チームは、南米チリにあるアルマ望遠鏡による観測で、110億年以上前の宇宙で星を活発に形成していた巨大銀河を39個発見した。... 東大の河野孝太郎...

東京大学大学院工学系研究科で、産学共同研究の大型化をリードする「社会連携講座」が好調だ。... これに対し同研究科総合研究機構に置く同講座は、専任の特任教員による教育研究で3―5年間。... 一般的な...

大阪大学大学院工学研究科の鈴木肇特任研究員と佐伯昭紀教授、京都大学大学院工学研究科の阿部竜教授らは、酸素を発生する光触媒の性能を速く簡便に評価する手法を確立した。... 研究グループは、酸素とハロゲン...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる