237件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

3層構造の特殊強化段ボール「ハイプルエース」をプレカット(工場加工)。... (編集委員・神谷信隆) 【技術プロフィル】 紙素材を土木現場などの仮設資材に活用する技...

特殊車両や建設機械、農業機械の電動化需要をにらみ、試験を受託するほか、取り扱うモーターなどの販売へとつなげる。... 同社は産業機械の商社と建築・設備・土木の工事を手がける。

2019年下期の新社長 (2020/2/3 下期の新社長)

俊治氏は会長も兼務 マックスバリュ西日本           平尾健一  57  業績不振の経営責任を明確にするため ZOZO      沢田宏太...

昨年の粗鋼生産、4.8%減で1億トン割れ 鉄連まとめ (2020/1/24 素材・医療・ヘルスケア)

また全体のうち普通鋼は同4・0%減の7559万9900トン、特殊鋼は同7・5%減の2368万3900トンで、それぞれ6年連続、4年ぶりの前年割れとなった。 鉄連によると足元の需要は災...

建機向け特殊鋼メーカーでは「受注がピークの6割程度に減少した」という。 国内建設・土木関連は、国土強靱(きょうじん)化や復興対応といった国策需要を中心に底堅い動き。ただ特殊鋼素材の採...

鋼種別では普通鋼が同9・2%減の591万6900トン、特殊鋼が同14・8%減の182万6000トンと、やはりそろって前年を下回った。 比較的底堅い自動車向けを除き、製造業向けの需要が...

ただ国内の建設・土木分野は先行き底堅い。国土強靱(きょうじん)化や復興対応など国策の土木関連需要が堅調。... 結果、「建機主体の特殊鋼メーカーでは受注がピークの6割くらいに減った」(流通筋)状態。

落石防止や河川の土留めなど年度末に向けた公共土木工事向けに底堅い引き合いが続く。 ... 【メーカー強姿勢】 素材メーカーは特殊鋼を中心に値上げ意向が強く、部品メー...

日本製鉄のトヨタ自動車向け下期特殊鋼棒線支給材価格が上期比トン当たり7000円の値上げで実施された。... 荷動きは国内の建設・土木分野で底堅いものの、不透明な国際情勢を映し輸出関連の需要先を中心に停...

「8月に比べ建設・土木関連資材の荷動きが活発化した」(問屋筋)とする声もある。... 品種別荷動きはクギ類が建設・土木関連需要の減退から特殊用途を除き低調。... 今後は特殊鋼素材メーカーの自動車向け...

【7000円上げで決着】 日本製鉄とトヨタ自動車間の特殊鋼棒線支給材価格が上期比トン当たり7000円の値上げで決着した。... 国内の建設・土木分野は期待の秋季需要が振るわず横ばい調...

CFRPシートにプラズマ照射による特殊加工を施し、高い粘着性を持つ補強シートを開発する。 ... 三谷産業は大手建築土木企業などに売り込み、発売開始後3年間で84億円以上の売り上げを...

品種別の荷動きは建設・土木関連需要に迫力なく、クギや針金関連が低調に推移。... ただ特殊鋼素材の強硬な値上げを受けて製品市況は現行値を維持している。

建築・土木向けは秋季以降の需要増に期待する。... 日本製鉄とトヨタ自動車間で交渉を進めていた特殊鋼棒線の支給材価格が上期比トン当たり7000円の値上げで決着した。... 国内の建設・土木分野向けは先...

清水建、紙で仮設資材 トンネル風門に初適用 (2019/8/28 建設・生活・環境・エネルギー1)

紙素材を土木現場の仮設資材に活用―。清水建設は27日、軽量で加工性の高い紙素材を土木現場の仮設資材に活用すると発表した。王子インターパック(東京都中央区)製の特殊強化段ボール「ハイプルエース」を使い、...

建築・土木向けは秋季以降の需要増を見込む。... 建設・土木分野は堅調な内需を支えに底堅い鋼材需要を維持。... 足元、高炉は特殊鋼棒材、線材に限らず同5000円の販価引き上げを唱える。

別会社で同一人物の就任含む 社 名      新社長名   年齢  業種(所在地) ...

建築土木需要も盛り上がりを欠く。... 建設・土木分野は国策を支えに底堅い鋼材需要を期待するが、特殊鋼分野で市場を先導するほどの荷動きは期待できない。... 特殊鋼においても値上げを視野に採算重視の姿...

化学メーカーが土木分野で3次元デジタルや人工知能(AI)を活用した取り組みを始めている。... デンカはセメントのほか、膨張材や減水剤などの特殊混和材を手がけており、販売や開発で同...

国内鋳鋼生産、昨年度1.8%増 鍛鋼は1.3%増 鋳鍛鋼会 (2019/6/4 素材・医療・ヘルスケア)

日本鋳鍛鋼会(東京都千代田区、天野肇会長=大同特殊鋼取締役常務執行役員、03・5283・1611)がまとめた2018年度の国内鋳鋼生産量は、前年度比1・8%増の16万5907トンと2年連続で増えた。....

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる