165件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

出願特許を審査する特許庁は人工知能(AI)を利用した審査システムを開発し、審査にかかる時間を大幅に縮めた。特許審査の品質向上と審査時間の短縮で、企業の事業戦略を後押しする。 ... ...

4月18日は発明の日 (2021/4/16 特集・広告)

特許庁は特許法改正案に加え、短期間で特許を取得できる「スーパー早期審査」などを通じて日本企業のイノベーション創出を後押ししている。 ... ある特許庁が特許可能と判断した場合、この当...

特徴的な判断基準やどの技術分野にも共通する特許審査の基本的な考えを解説する。... 内容自体も技術分野特有の判断に焦点を当てているため、特許審査の基本的な考えになじみがない人に理解しづらい課題もあった...

日本企業は出願案件について特許庁から特許可能と判断された場合、OMPICから簡易な手続きで早期審査を受けられる。... 一般的に新興国は日米欧など主要な特許当局に比べて審査体制が十分ではなく、権利取得...

イノベーションの促進に向けて強固な知財制度を構築するため、海外での早期権利化を支援する「特許審査ハイウェイ(PPH)」の試行プログラムについて両国間で専門家会合を実施する方針。... 今後はPPHに関...

最新技術や審査事例などについて他の審査官からの相談に応じ、審査の効率化と、品質の向上につなげる。 近年、AI関連の国内特許出願件数は増加傾向にある。... また事例を蓄積させることで...

ブラジルやインドとの「特許審査ハイウェイ(PPH)」の基準が相次いで緩和されている。... (編集委員・敷田寛明) PPHは一方の特許庁が特許可能と判断した場合、この当局の審査結果を...

一方の特許庁が特許可能と判断した場合、この当局の審査結果を他方の国・地域の特許当局が活用して審査を迅速に行う仕組みだ。... 日本企業による国際出願件数の増加を受けてPPHを推進しており、特許権取得の...

人工知能(AI)による審査の効率化や、短期間で特許を取得できる「スーパー早期審査」などだ。... こうした中でも特許庁は特許審査の迅速化や品質の向上に努めており、審査期間が大幅に短縮し、欧米など世界各...

特許庁は人工知能(AI)など先端技術領域で、東南アジア各国と特許審査基準の調和(ハーモナイズ)に向けた活動に着手する。... すでに特許庁は特許審査の迅速化に向け、国際協力の枠組み...

審査官の約2割は技術将校や技師が務めていたが、1943年に申請があった近接信管のように何故だか秘密指定から漏れたものもある。... 防衛省や民間委託で開発したもの以外にも(軍事と民生の双方に利用できる...

特許審査の丁寧さなど業務の質に関する5段階評価では、回答者のうち97・3%(前年度比3・6ポイント増)が「普通(3)」以上の評価を付けた。... 特許庁はユーザーの声を把握して政策に反映させるため、特...

4月18日は「発明の日」 (2020/4/28 特集・広告)

一方、イノベーション創出の分野では、特許審査期間の大幅短縮などを通じて知的財産権の活用を喚起している。... このほか18年7月からは、通常の審査より短い期間で特許を取得できる「スーパー早期審査」と「...

日本台湾交流協会と台湾日本関係協会は30日、都内で開いた「第44回日台貿易経済会議」で、日台間で有機食品の輸出入を促進することや特許審査ハイウェイ(PPH)を無期限とすることに合意した。 &#...

◇ 特許庁は企業のイノベーション創出を支援するため、特許、意匠、商標の3分野で審査の質全般に関する調査を実施。... 特許分野の主な調査項目では「面接、電話等における審査官とのコミュ...

特許庁から特許審査に必要な調査業務を請け負う「登録調査機関」の制度が10月1日に創設15年を迎えた。... 近年は中国など外国文献の調査にも対応し、特許審査の迅速化や品質の向上に貢献している。 ...

特許審査に対してユーザーの60%超が満足―。... 円滑なコミュニケーションや、国際特許(PCT)の審査などにおいて丁寧な対応に努め、プロセスを改善し続けた活動が結実した。 特許庁は...

AI Samurai(エーアイサムライ、東京都千代田区)は17日18時15分から東京・大手町の「FINO LAB」で、人工知能(AI)を用いた特許知財セミナーを開く。... また、知財の専門家である弁...

アジア太平洋地域を中心に各国から研修生を受け入れ、特許審査の実務などを教える。... 研修内容は特許・商標審査実務や産学連携、人工知能(AI)といった先端事例に関する教育など。... 日本の審査基準を...

JEITA、ベンチャー賞にアイオーコアなど3社選定 (2019/3/27 電機・電子部品・情報・通信1)

アイオーコアのほか、人工知能(AI)を搭載した特許審査シミュレーション・システムを開発し実用サービスの提供を始めたAIサムライ(同千代田区)、産業技術総合研究所で開発された「赤外線カラー暗視技術」を事...

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる