電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,722件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

理研など、エタノールでトマトの高温耐性強化 (2024/2/22 科学技術・大学1)

理化学研究所の関原明チームリーダーと戸高大輔研究員、筑波大学の草野都教授らは、エタノール投与によりトマトの高温耐性を強化できることを示した。

理研、細胞代謝経路をVR化 多人数で検証可能 (2024/2/22 科学技術・大学1)

理化学研究所のエリオット・ジャコパン大学院生リサーチ・アソシエイトと海津一成上級研究員、高橋恒一チームリーダーらは、細胞の代謝ネットワークを仮想現実(VR)中で再現...

北陸先端科学技術大学院大学の大橋亮太大学院生と大平圭介教授、理化学研究所の沓掛健太朗研究員らは、結晶シリコン太陽電池の成膜プロセスを人工知能(AI)技術で最適化した。

同分野のパイオニアである加シェルブルック大学のアレクサンドル・ブレ教授(写真右)と、理化学研究所量子コンピュータ研究センターの中村泰信センター長が登壇した。

理研、シリコン量子ビットを高精度読み出し (2024/2/16 科学技術・大学)

理化学研究所の武田健太上級研究員と野入亮人研究員、樽茶清悟グループディレクターらは、シリコン量子ビットを高精度に測る技術を開発した。

「研究者でも持つ者と持たざる者の格差が開いていくかもしれない」と危惧するのは、理化学研究所計算科学研究センター長の松岡聡さん。

理化学研究所との共同研究。

LSTCは次世代半導体の量産を目指すラピダスのほか、産業技術総合研究所、理化学研究所、東京大学などが参画する。

理化学研究所生命機能科学研究センター(BDR)は、薬剤などを与えた際の細胞応答を人工知能(AI)に学ばせた基盤モデルを開発する。

理化学研究所と富士通が開発した「富岳」の計算速度ランキングは21年まで世界1位を維持したが、22年2位、23年4位と順位を下げた。

理化学研究所のション・スーシン特別研究員と福田憲二郎専任研究員、染谷隆夫チームリーダーらは1日、薄型有機太陽電池の耐水性を向上させた。

室蘭工大、論文引用率が急伸 実力主義貫く (2024/2/1 科学技術・大学2)

24年度には大学院で、情報と各専門分野を掛け合わせた共創情報学コースをスタートする。 空閑学長は若手研究者時代の原点が理化学研究所にあり、研究力にこだわりがある。

今回、理化学研究所のフェムト秒X線自由電子レーザー「SACLA」を使って解析。

スカパーJSAT、レーザーで宇宙ゴミ除去 29年度に新サービス (2024/1/31 電機・電子部品・情報・通信1)

レーザー技術などは理化学研究所と共同研究をしている。

バンドギャップの4分の1に比例 千葉大学の吉田弘幸教授らは、理化学研究所、広島大学と共同で、有機半導体の励起子の束縛エネルギーを精密に測定し、同エネルギーがバンドギャップの4分の1に...

東京大学の藤原徹教授らは理化学研究所、東北大学と共同で、植物が栄養濃度を感知し、土壌からの栄養吸収を制御する仕組みを解明した。

日本触媒と理研、海洋生分解プラ開発 27年めど量産 (2024/1/25 素材・建設・環境・エネルギー1)

日本触媒と理化学研究所は、土壌や河川だけでなく海洋でも生分解されるプラスチックを開発した。

情報通信研究機構や理化学研究所などとの共同研究で論理量子ビットの一種であるGKP論理量子ビットを生成した。

理研など、iPS細胞を未分化状態で大量培養 (2024/1/18 科学技術・大学1)

理化学研究所の植木雅志専任研究員と佐竹マルチミクス(埼玉県戸田市、西岡光利社長)の撹拌技術研究所の加藤好一所長らは、ヒト人工多能性幹細胞(iPS細胞)...

理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」が立地することでも広く知られる。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン