電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,062件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

理研など、エタノールでトマトの高温耐性強化 (2024/2/22 科学技術・大学1)

理化学研究所の関原明チームリーダーと戸高大輔研究員、筑波大学の草野都教授らは、エタノール投与によりトマトの高温耐性を強化できることを示した。高温ストレス後の生存率向上や高温ストレス...

理研、細胞代謝経路をVR化 多人数で検証可能 (2024/2/22 科学技術・大学1)

理化学研究所のエリオット・ジャコパン大学院生リサーチ・アソシエイトと海津一成上級研究員、高橋恒一チームリーダーらは、細胞の代謝ネットワークを仮想現実(VR)中で再現...

理研、シリコン量子ビットを高精度読み出し (2024/2/16 科学技術・大学)

理化学研究所の武田健太上級研究員と野入亮人研究員、樽茶清悟グループディレクターらは、シリコン量子ビットを高精度に測る技術を開発した。量子ビットのスピンを99・6%の可視度で読み出せる。従来の8...

理化学研究所生命機能科学研究センター(BDR)は、薬剤などを与えた際の細胞応答を人工知能(AI)に学ばせた基盤モデルを開発する。人工多能性幹細胞(iPS細胞&#...

理化学研究所のション・スーシン特別研究員と福田憲二郎専任研究員、染谷隆夫チームリーダーらは1日、薄型有機太陽電池の耐水性を向上させた。水中に4時間つけても発電効率の低下を抑えられた...

日本触媒と理研、海洋生分解プラ開発 27年めど量産 (2024/1/25 素材・建設・環境・エネルギー1)

日本触媒と理化学研究所は、土壌や河川だけでなく海洋でも生分解されるプラスチックを開発した。セルロースと同等の海洋生分解性を発現する。現状は1バッチ当たり数百グラムでの生産だが、2030年には1バッチ当...

理研など、iPS細胞を未分化状態で大量培養 (2024/1/18 科学技術・大学1)

理化学研究所の植木雅志専任研究員と佐竹マルチミクス(埼玉県戸田市、西岡光利社長)の撹拌技術研究所の加藤好一所長らは、ヒト人工多能性幹細胞(iPS細胞)...

「病院や大学、理研、企業などが同じ場所に立地していることのシナジーをいかに発揮するかが課題だ。

理研のRQCは64量子ビットの国産初号機を開発。... 大阪大学では理研の量子チップが実装された国産3号機が稼働した。理研RQCは24年度に144量子ビットの実機を開発。

理化学研究所の方楠基礎科学特別研究員(研究当時、現客員研究員)、加藤雄一郎主任研究員らは、筑波大学、東京大学、慶応義塾大学と共同で、ナノ半導体界面におけるエネルギー...

アサカ理研、PPESと共同開発契約 リチウム電池資源回収 (2023/12/27 自動車・モビリティー)

【福島】アサカ理研はリチウムイオン電池(LiB)の資源回収事業で、プライムプラネットエナジー&ソリューションズ(PPES、東京都中央区、好田博昭社長)と共同開発...

理研の超電導方式の技術を応用して富士通が実用化した2号機と、大阪大学で稼働した3号機に続いて4番目になる。 ... 理研では2―3%あった読み出しエラー率を1・2%ま...

理研の植物自動栽培観察システムと組み合わせてシロイヌナズナでの自動実験を実現した。

理化学研究所の田中克典主任研究員らは20日、金触媒を使った反応を活用して水溶液をゲル化する低分子ゲル化剤の開発に成功したと発表した。網目状の繊維を形成し、水分を多く含むハイドロゲルとなる。金触媒で反応...

【東大阪】理化学研究所の中川英刀チームリーダーや近畿大学の安田卓司主任教授らは、喫煙しない女性の食道がんの発症に病原体などから体を守る「免疫」が関わることを明らかにした。女性非喫煙者の食道がんの遺伝子...

プロテリアル材料科学財団、理研研究員ら助成 (2023/12/20 素材・建設・環境・エネルギー2)

プロテリアル材料科学財団は材料分野の若手研究者に対する助成事業で、2023年度(第38回)の助成対象を、理化学研究所開拓研究本部の横田泰之専任研究員ら13人に決めた。助成総額は1375...

例えば大学と理化学研究所を兼任するクロアポを結ぶ場合は大学から350万円、理研から350万円、AI人材育成の基金から700万円を受け取る。

理化学研究所の田中拓男チームリーダーと台湾・成功大学の呉品頡准教授らは、偏光で焦点距離を変えられるメタレンズを開発した。メタレンズは微細構造パターンで偏光を曲げる。実験では4ミリメートルほど焦点位置を...

検証2023/量子コンピューター 国産機の稼働相次ぐ (2023/12/6 電機・電子部品・情報・通信1)

一方、2号機は初号機と同様に、理研と富士通の共同開発の成果。理研の中村泰信量子コンピュータ研究センター長は「初号機と2号機はハードウエア開発とソフトウエア開発で両輪となる」とそれぞれの役割を述べる。&...

選考委員会特別賞は理研創発物性科学研究センターの吉見龍太郎氏による「強磁性体トポロジカル絶縁体における量子異常ホール効果の精密測定」(先端計測分野)。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン