25件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

今回、SDGsを取り巻く内外の情勢の変化や進展を反映するとともに、19年4月に閣議決定した「第五次環境基本計画」の関連情報などを充実した。 第2版では第五次環境基本計画で提唱している...

地域資源を賢く利用するビジネスを興し、環境・経済・社会の課題を同時解決する概念であり、「環境・経済・社会の調和」を掲げる持続可能な開発目標(SDGs)と一致する。... 自治体・企業、地域資源を活用&...

共創で統合的アプローチ 「サステイナビリティ学」は、地球環境と人間社会の持続可能性を追究する新しい学術体系である。... 私が会長を務める中央環境審議会も、この概念を踏まえ、環境・社...

地域循環共生圏は地域における環境、経済、社会の課題を同時解決する“地域版SDGs(持続可能な開発目標)”。同省は18年公表の第五次環境基本計画で新たに提唱した。

2日目のランチセッションで、私は中央環境審議会会長として2018年に閣議決定された第5次環境基本計画をはじめ、最近の日本の環境政策について発表する機会を得た。第5次環境基本計画は地球環境の許容範囲内で...

政府は2019年版の「環境・循環型社会・生物多様性白書(環境白書)」を閣議決定した。... 18年に閣議決定した第5次環境基本計画で提唱した地域循環共生圏を第1章に据えた。

その成果として取りまとめられた共同声明「海洋生態系への脅威と海洋環境の保全―特に気候変動および海洋プラスチックゴミについて」は山極壽一日本学術会議会長から安倍晋三首相、原田義昭環境相に手交された。.....

環境省は5日、環境白書を公表した。4月に閣議決定した第5次環境基本計画の「健全な物質・生命の循環を実現するとともに地域間の共生を図り低炭素を実現する持続可能な社会」という趣旨を受け、「地域循環共生圏の...

国は環境政策を定めた第5次環境基本計画を閣議決定した。... (編集委員・松木喬) 【政策の道しるべ】 環境基本計画は6年ごとに見直しており、新計画は今後の政策の道...

中環審、環境政策で社会課題解決 (2018/4/10 素材・ヘルスケア・環境)

環境相の諮問機関である中央環境審議会は9日、第五次環境基本計画をまとめた。... 長期施策となる環境基本計画は6年ごとに見直している。新計画は意見公募後、4月中旬に閣議決定する。

設備更新の補助金は基本的に同じ目的の設備が対象で、更新前後の能力は同等、かつ省エネを満足するものとなることが必要。そのため、事業所全体での適切な温度管理や集中リモコンの導入など省エネを計画、実行した。...

東京五輪に水素エネ 都が第1回活用推進会議 (2016/6/28 中小企業・地域経済2)

東京都の川澄俊文副知事は「3月に策定した環境基本計画に基づき、30年までの目標を掲げ、水素社会実現に向け積極的に取り組む。

政府は産業構造審議会(経済産業相の諮問機関)と中央環境審議会(環境相の諮問機関)の合同会合に、日本の温室効果ガス削減目標(2030年度に13年度比26%減)達成に向けた「地球温暖化対策計画」案を提示し...

水素社会対応などで最先端を走る一方で、廃棄物処理や大気汚染防止といった高度成長期以降の課題に取り組む東京都環境局。今年は7年ぶりに東京都環境基本計画のリニューアルも控える。

再生可能エネルギーの導入に関する実行計画を策定していない都道府県や市町村が4割強に上ることが、会計検査院の調べで分かった。... 政府は計画の策定を地方自治体に義務付けていないものの、再生可能エネの導...

環境をライフワークにできる』と言われた」と語るのは、前環境事務次官の谷津龍太郎さん。... 1990年代に地球サミット、環境基本法、環境基本計画の策定に立て続けに携わった。... 「実体経済への環境の...

環境省は環境政策の基本方針である環境基本計画に基づき政策ビジョン「環境・生命文明社会」を前面に打ち出す。6月に開催される環境相の諮問機関「中央環境審議会(中環審)」総会での審議を踏まえ、具体的な政策に...

東京都は2008年3月に策定した東京都環境基本計画の二酸化炭素(CO2)排出削減計画に基づき、09年に「東京都EV・PHV普及促進プロジェクト」を策定し、5年間でEV・PHVの普及台数を新車販売台数の...

環境対策関連の企業負担が増えている。... 税収の活用に関し「第4次環境基本計画」では、省エネルギー対策の強化や再生可能エネルギーの普及促進、化石燃料のクリーン化・効率化といったCO2排出抑制の施策を...

環境省は環境産業の集積支援に乗り出す。... 環境省は10地域程度を選定する計画。 環境・エネルギー分野では、グリーン成長戦略を掲げた「日本再生戦略」、経済・社会のグリーン化などを盛...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる