電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,896件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

ユニバンスは本社工場(静岡県湖西市)で、製品の塗装前工程の環境負荷低減や品質向上につながる新たな処理方法を採用した。... また洗浄液を水素イオン指数(pH)13の強ア...

チアドライブ、マイカー広告報酬好調 テレビ上回る認知率 (2024/7/18 生活インフラ・医療・くらし)

環境対策も抜かりなし チアドライブ(東京都中央区、保科昌孝社長)の、個人が自家用車に広告ステッカーを貼って報酬を得るサービス「Cheer Drive」が好調だ...

日産、兵庫・宝塚市と連携協定 災害時にEV活用 (2024/7/4 自動車・モビリティー)

防災・環境対策など同市が目指す持続可能なまちづくりに向けて共創していく。 EVを「走る蓄電池」として活用し、市民の環境・防災意識の向上を目指す。

溶湯を運ぶ取鍋の改良など効率化策を進めており、環境面でのさらなる貢献に余念がない。 ... 溶湯運搬はサプライチェーン(供給網)全体で溶解の回数を減らせ、リサイクル事...

あの街この街技あり企業(10)S.A.U (2024/7/2 中小・ベンチャー・中小政策)

同サービスでは、廃棄コストが不要となり環境対策にもなるメーカー、資材高騰の中で調達コストを抑えられる購入側に加え、現場の職人の待遇改善にもつなげたいという。... 新規事業は環境問題の解決に向けた取り...

環境対策に取り組む企業は今後ますます評価される傾向にあり、GXを事業成長に生かすチャンスが到来しています。」 ... 同比率は業態によって変動...

設計から手がける一貫生産体制や環境対策の強化も図り、多品種少量への対応力を高める。

九州大学の王一舟大学院生と沈思語大学院生、藤井秀道教授らは、日本企業の気候変動対策は資本コストを低減していると明らかにした。... 環境対策などの政策立案に科学的根拠を提示していく。 ...

情報発信の工夫によって人々の意思決定に影響を与える「ナッジ(nudge)」が気候変動対策に役立ちそうだ。... また太陽光パネルも設置するなど、環境に配慮した農業を実践する。実証に協力...

森六テクノ、調達リスク低減 取引先の課題改善支援 (2024/5/30 自動車・モビリティー)

法令順守や人権、環境対策など課題を抱える取引先への改善支援に乗り出す。... 企業が事業において環境や人権問題への対応を迫られる中、取引先を含めたサプライチェーン全体で人権侵害がないか確認し、改善に取...

国際的な評価が高まっているSBT認証を得ることで、環境対策に取り組む姿勢を社内外に打ち出す。... 細川健一総務部長は「環境対策は国際的な流れ。... 長坂樹脂工業の長坂社長は「ティア3以下の小規模企...

環境対策など社会的コストのしわ寄せを危惧する。 自社では環境管理の国際規格「ISO14001」を取得予定。「実質的な環境対策につなげる。

同日会見した山本氏は「タイヤに求められる役割である安全と環境に沿った形でしっかり取り組んでいきたい」と抱負を述べた。 安全対策については「空気圧管理の啓発が非常に重要。... 環境対...

ニシマキ産業が車両導入、1台で粉じん吸引・袋詰め (2024/5/17 素材・建設・環境・エネルギー)

対策として水を混ぜてスラリー状にして吸引することが多いが、廃棄物処理コストが高くなる原因になっていた。 ... 工場の環境対策や操業コスト低減に寄与できるためニーズは旺盛で、ニシマキ...

日産、茨城・龍ケ崎市と協定 EVで脱炭素化実現 (2024/5/17 自動車・モビリティー)

協定ではEVの普及を促進するため「走る蓄電池」としての活用を通じ、市民の環境・防災意識を高める。... 龍ケ崎市は環境対策や防災・災害対策の一環として公用車にEVを導入するなど電動化を推進。

工作機械、再生エネ活用加速 多様な手法で脱炭素 (2024/5/15 機械・ロボット・航空機2)

各社は多様な手法で持続可能な事業基盤を構築し、環境負荷低減に貢献する。... 25年度までの3カ年中期経営計画では国内外の環境活動に約100億円を投じ、「事業所と製造の環境対策や製造効率の改善などを進...

環境相の諮問機関である中央環境審議会(高村ゆかり会長)は9日、第6次環境基本計画案をまとめた。... その上で、環境対策にかけたコストを商品価格に反映させる高付加価値化を重要な政策とし...

セメント、脱炭素に知恵 製造工程でのCO2排出量削減図る (2024/5/3 素材・建設・環境・エネルギー)

それぞれのCO2削減対策が必要となる。 ... 島裕和フェロー兼地球環境対策プロジェクトリーダーは「シミュレーション技術を活用しながら、開発したバーナーの性能や設置場所を検証する」と...

このクレジットを環境対策が必要な企業などに売却することで、購入側は製品やサービスの差別化、企業価値の向上につなげられます。... 政府ではJ―クレジットの運用で、環境対策が後手に回りがちな中小企業の省...

これらの工事は規模が大きく、設計や環境対策にも時間を要したことから、完了はいずれも2031年中の見込み。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン