電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

3,699件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.026秒)

中小企業の脱炭素経営の支援を巡っては、環境省が事例集を公表し、経済産業省は補助金などの支援策を紹介。

三井化学、3年連続で環境表彰 (2024/2/29 素材・建設・環境・エネルギー2)

三井化学は環境省が主催する第5回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」で、「環境サステナブル企業」に選定された。

環境省は27日、企業や自治体によって生物多様性が守られている緑地63カ所を「自然共生サイト」に認定した。

東日本大震災の発生後に環境省に異動。16年環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部長、17年総合環境政策統括官などを経て、20年7月に環境事務次官に就任。22年7月環境省顧問。

例えば(環境省の)『脱炭素先行地域』に指定された神奈川県小田原市にある小田原事業所では、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)に向け積極投資する。

環境省は北海道の日高山脈周辺地域に新設する国立公園の名称を「日高山脈襟裳十勝国立公園」とする方針を決めた。

今回の事業は環境省による22年度の「地域共創・セクター横断型カーボンニュートラル技術開発・実証事業」に採択され、鈴木商会が中心となって進めてきた。

環境省によると、海洋プラスチック廃棄物の4割が漁網。

環境省と金融庁、気候変動対策で来月4日に成果報告会 (2024/2/21 素材・建設・環境・エネルギー2)

環境省と金融庁は3月4日13時30分から、地域金融機関が投融資先に気候変動対策を働きかけるモデル事業の成果報告会をオンライン形式で開催する。

環境省は19日、ウクライナと温室効果ガス(GHG)排出削減を推進する「二国間クレジット(JCM)」の実施に向けた協力覚書を結んだ。

環境省、26日にオンラインシンポ 生物多様性の戦略議論 (2024/2/20 素材・建設・環境・エネルギー2)

環境省は26日13時30分から、シンポジウム「ネイチャーポジティブ社会に向けた社会変革と行動変容」をオンライン開催する。

国交省、都市緑化を後押し 民間開発に資金貸付制度 (2024/2/16 生活インフラ・医療・くらし1)

こうした都市開発を後押しする狙いで、先ごろ環境省と共同の「脱炭素都市づくり大賞」を策定。

環境省の脱炭素先行地域に選定された大通りの御堂筋での再生可能エネルギー由来電力の導入など地域脱炭素化推進に12億3400万円を計上した。

環境省は産業廃棄物に含まれる再生可能な資源を有効活用するため、製造業者との連携や脱炭素に積極的なリサイクル事業者を国が認定する方針を固めた。... そこで環境省は脱炭素などの観点でメーカーとの連携に役...

今後データ化を進め、課題や成果を整理して九州の中で事業拡大を検討する」(西部・勝谷聡) ...

環境省・国環研、19日に化学物質試験法セミ (2024/2/8 素材・建設・環境・エネルギー2)

環境省と国立環境研究所(国環研)は19日13時30分から、「生態影響に関する化学物質審査規制・試験法セミナー」をオンライン形式で開催する。

環境省、14日に小水力普及啓発セミ (2024/2/7 素材・建設・環境・エネルギー2)

環境省は14日13時から、小水力発電の普及啓発セミナーをオンライン開催する。

シモンズはベッドメーカーとして環境省から広域認定制度の認定を受け、関東1都6県でサービスを提供している。

環境省によると、南海トラフ地震は東日本大震災の16倍の3・2億トン、首都直下地震は5倍の1・1億トンの災害廃棄物が発生すると予測する。

CNセンターは国交省主導の基準づくりや経済産業省主導の標準化、環境省が取り組む実証事業など、省庁間と官民の枠を越えて情報共有や議論ができる場とし、中長期的にはこうした脱炭素燃料の利用技術の国際議論にも...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン