159件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

分子通信は、生体親和性を有する、水環境でも使用できる、低消費エネルギーで駆動し得るなどの優れた特性を持つため、これを人為的に再構成し、制御できるようになれば、既存の情報通信技術の適用が難しい環境下での...

生体分子を使うバイオ医薬品科学分野や、たんぱく質解析を活用する創薬プロテオミクス分野で研究を進める。

量子科学技術研究開発機構の五十嵐龍治グループリーダーらは、生きた細胞内にある分子の回転運動を3次元(3D)で検出できる100ナノメートル(ナノは10億分の1)以下のダイヤモンドセンサーを開発した。.....

挑戦する企業/住友化学(15)バイオが変える化学 (2020/3/18 素材・医療・ヘルスケア)

同研究所は、ゲノム編集やオミックス情報(網羅的な生体分子情報)解析などのグループのライフサイエンス研究を引き継ぎ、18年に発足した。 ... 研究所には生体現象を調べるグループと、製...

真核生物の細胞の中には染色体が存在する核やミトコンドリア、ゴルジ体、小胞体などのオルガネラが存在し、さらに細かく調べていくと、たんぱく質、核酸、代謝物などの多くの生体分子がぎゅうぎゅうに混雑した環境の...

同社は光反応性を持つ官能基を含むポリマー溶液を基板に塗り、固定化したい分子などをマイクロアレイ化して光照射することにより固定化に成功。生体分子のほか、有機分子やウイルス、細菌も固定できる。 &...

この生命現象を理解するには、生体に存在する分子をできるだけ多く、網羅的に計測する必要がある。 ... 質量分析法によって得られた「生体分子の質量」と、これまで培ってきた知見を集約した...

高い電気伝導性を持つ生体分子の存在の可能性が示された。... エリプチシンは生体分子に多い水素による結合と、有機半導体で必須の特徴となる電子を移動させる性質を持つ。 ... 今後、生...

理研の最前線(44)分子の形状と役割解明 (2019/7/8 科学技術・大学)

細胞の働きは、さらにその中で働いている分子によって支えられており、私はその分子を調べる研究をしている。 細胞内では、たくさんのたんぱく質やDNA、RNAなどの生体分子が相互作用したり...

研究チームは、菅教授によって確立された、標的分子に特異的に結合する環状ペプチドを効率的に取得する技術「RaPID法」を使い、12個のアミノ酸がリング状に連結した環状ペプチドのHiP―8を人工的に作製し...

科学技術の潮流(2)研究土壌大きく変革を (2019/4/12 科学技術・大学)

また欧州分子生物学研究所(EMBL)、英MRC分子生物学研究所、英フランシス・クリック研究所、米ジャネリア研究所などはアンダーワンルーフ(一つの屋根)型の拠点に多くのコンパクトな研究室と充実した共用設...

ナノメートルレベルで精緻に制御したナノカーボン薄膜を電極とすると、既存電極では測定が難しかった全核酸塩基やてんかん病マーカーなど極微量の生体分子、ビタミンEなどの脂溶性抗酸化物質、ヒ素などの重金属イオ...

青山学院大は「酵母ゲノムに見る微生物のストレス適応戦略」「機械学習法を用いた生体表面膜たんぱく質の網羅的機能予測」「二本足で歩く生体分子モーターキネシンの一分子運動計測」などを発表する。

微小電気機械システム(MEMS)光干渉計などによる高感度の分子吸着測定センサーと、相補型金属酸化膜半導体(CMOS)イメージセンサー回路を組み合わせた。... MEMS光干渉計とバイオセンサーを融合し...

これは生体分子の表面に強く接着する「分子糊(のり)」と名付けた物質の合成中間体として設計されたが、固く、さらさらした手触りの表面をしていながら、破断面同士を押し付けているとそれらが融合する特別な性質を...

スウェーデン王立科学アカデミーは3日、2018年のノーベル化学賞を生物の進化の仕組みを利用して、たんぱく質などを製造する技術を開発した米カリフォルニア工科大学のフランシス・アーノルド教授(62)と米ミ...

レーザー光を指のように使い、粒子や分子だけでなくウイルスや細胞などの生体試料を傷つけずに操作できる。生体分子を操る生命科学の有力な手法を確立した。

金久特任教授は全遺伝情報(ゲノム)などのビッグデータ(大量データ)から生体システムの機能を解読するDB「KEGG」を開発。... 17年に生体分子を計測するクライオ電子顕微鏡が選ばれたため、今年は有機...

このFCS顕微鏡法は、蛍光分子を付けて見えるようにした生体分子を特殊な蛍光顕微鏡で観察し、その蛍光量の時間変化の状況を計測・解析することで、細胞内でのたんぱく質の分子数や分子の大きさを知る方法である。...

進路を決める際、英語が得意だったので文系に行くか迷いましたが、有機・無機・物理・電気化学が学べる茨城大学工学部生体分子機能工学科へ。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる