電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

5件中、1ページ目 1〜5件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

このような課題を解決するために、量子科学技術研究開発機構(QST)では、人工多能性幹細胞(iPS細胞)などからミニ臓器を形成し、評価に用いることで、体内組織への薬剤の影...

さらに、社会実装の芽を積極的に育てるため、リチウム回収技術、生体模倣システム、次世代PET開発に関する3課題についてフィジビリティースタディー(事業化調査)として進めている。 ...

そのため「生体内を模倣した環境」で細胞を培養する生体模倣システムへの期待が高まっている。 ... 一般的に培養液の流れを生じさせる生体模倣システムは多数のチューブやポンプへの接続が必...

住友理工、新興と生体模倣システム試作 医薬品評価向け (2023/4/4 生活インフラ・医療・くらし)

「生体模倣システム」(MPS)といわれるもので、動物実験を行わず医薬品や化粧品などの効能確認や安全試験が可能になる。... デバイスを複数つなげることが可能で、血液の循環を模倣した送液...

理研の最前線(57)生体内環境、体外で模擬 (2019/12/16 科学技術・大学)

ポスドク時代まで金属やマイクロロボットなど無機物を相手にモノづくりの研究を進めてきた工学出身の私は、研究対象を細胞に移し実験失敗の数を重ねていく中で、多細胞システムを理解し操作するためには生物のみなら...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン