電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

829件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

リサイクル材や生分解性プラスチックなどの需要も高まる。

東北大学のロヴィサ・ロヴァ大学院生と成田史生教授らは、手すき和紙と生分解性樹脂の複合材料を開発した。... 宮城県産の手すき和紙と生分解性樹脂のポリブチレンサクシネート(PBS)を組み...

生分解性の制御や微生物群制御を通した生態系への貢献などにつながる。 ... 物理化学特性は時間領域核磁気共鳴法で分子の動きやすさと内部に含まれる水分子の状態を評価し、生分解性試験は鶴...

三菱ケミG、花博の育苗ポットに生分解プラ (2024/5/8 素材・建設・環境・エネルギー)

三菱ケミカルグループが手がける植物由来の生分解性樹脂コンパウンド「フォゼアス」が採用の場をじわりと増やしている。... フォゼアスは植物由来の生分解性樹脂「バイオPBS」を使用した...

【岡山】シバセ工業(岡山県浅口市、磯田拓也社長)は、植物由来の非生分解性プラスチックを使用した、リサイクル可能な飲料用ストロー30種を発売した。... 生分解性では...

ポリ乳酸繊維は生分解性の特性を持ち、石油由来繊維の代替として期待される。

緩衝材には新たにカネカの生分解性のバイオポリマーである「グリーンプラネット」を採用した。 同素材は生分解性であり、土壌中だけでなく海水中でも二酸化炭素(CO2)と水に...

山善、環境配慮の物流資材で新ブランド 2商品を来月投入 (2024/4/18 機械・ロボット・航空機1)

また、「生分解梱包テープ」は原料に段ボールと同じパルプを使っているため、段ボールから剥がさずにリサイクルできる。

東レ、ポリアミド4微粒子化 海洋生分解性、化粧品原料向け (2024/4/11 素材・建設・環境・エネルギー1)

東レは10日、海洋生分解性を持つ真球状のポリアミド4(PA)微粒子を開発したと発表した。... 活性汚泥中だけでなく、土壌に比べ微生物が少ない海洋中でも十分な生分解...

日本触媒、吹田に実験棟 環化重合性モノマーなど生産プロセス改良 (2024/4/3 素材・建設・環境・エネルギー1)

AOMAのほか、生分解性樹脂などの環境関連材料や、ナノ材料など光学系材料での活用を検討している。

またオキソ技術を活用した脂環式ジオールは電子材料関連への供給、海洋生分解ポリマーは環境面に寄与すると期待する。

王子キノクロス/水耕栽培向け不織布 (2024/4/1 新製品フラッシュ2)

生分解性や水解性を持つ3種があり、根の張りの改善などを手助けする。

カネカの高砂工業所(兵庫県高砂市)で、生分解性ポリマーを2030年までに量産したい考えだ。

産業技術総合研究所の今井祐介研究グループ長と神戸大学の田口精一特命教授らはカネカと共同で、生物由来プラスチックのポリ乳酸の伸びと生分解性を向上させることに成功した。生分解性材料のLAHBを2割ほど混ぜ...

三菱ケミ、PVOH特殊銘柄の生産能力倍増 生分解性包材向け (2024/3/25 素材・建設・環境・エネルギー)

同ポリマーを使った生分解性バリアー包装材向けなど、フードロス削減に関わる需要増に対応する。... ニチゴーGポリマーは水溶性やガスバリアー性、溶融成形性に優れた生分解性のビニルアルコール系樹脂。......

王子エフテックス、夏野菜守る紙シートを試験販売 (2024/3/19 素材・建設・環境・エネルギー2)

猛暑が年々深刻化する中で地温の上昇を抑制するほか、分解性を持つため使用後は土壌にそのまますき込み、作業を省力化できる。... 原料は植林木のため、使用後は土中に埋めることで微生物が分解する。 ...

射出成形機、今年回復へ 産機工見通し (2024/3/19 機械・ロボット・航空機1)

生分解プラスチックやリサイクルなどの環境関連、電動式射出成形機による省エネ対応も重要と指摘する。

林原のトレハロースなど、海洋中でも生分解性認定 (2024/3/14 素材・建設・環境・エネルギー1)

林原(岡山市北区)は、主力商品である機能性糖類のトレハロースとプルランが、日本バイオプラスチック協会(東京都中央区)の「海洋生分解性プラポジティブリスト」に登録された。...

ニッポンの素材力 トップに聞く(12)カネカ社長・田中稔氏 (2024/3/5 素材・建設・環境・エネルギー2)

新型コロナワクチンで社会実装が進み、遺伝子治療やがん治療薬への応用も見込める」 ―生分解性バイオポリマー「グリーンプラネット」の展開は。 ... 医療・医薬や生分解...

光と熱で変形制御 北大、分子スイッチ開発 (2024/2/29 科学技術・大学1)

生分解性分子の高機能化では、室内の蛍光灯の下では生分解を抑え、捨てられて屋外で紫外光を浴びると生分解が加速され、熱刺激で透明度を変えて光刺激を増減させるといった分子設計も可能になる。 ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン