120件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

三菱ケミカル 2030への道(3)食糧と水 (2020/9/9 素材・医療・ヘルスケア)

同社はガスバリアー材料のエチレン・ビニルアルコール共重合樹脂(EVOH、製品名『ソアノール』)で世界2位。... 生分解性樹脂のバイオPBSは、食品パッケージなどの用途に合わせて開発を推進。

生分解性樹脂や貝殻、卵などの素材と組み合わせて水質浄化機能、抗菌機能などを備えた新たな機能材を2020年度にも製品化する。... 卵の殻や貝殻、おからと生分解性樹脂から抗菌性を持たせたシートや成形品な...

ハイケム、PLAの国内販売開始 (2020/8/27 素材・医療・ヘルスケア)

ハイケム(東京都中央区、03・5542・0580)は生分解性樹脂のポリ乳酸(PLA)の国内販売を始める。

三井化、名大発VBとフィルター交換式マスク開発 (2020/8/6 素材・医療・ヘルスケア)

本体は生分解性樹脂のポリ乳酸(PLA)を使って3Dプリンターで制作。... 同マスクは、樹脂製の本体を洗浄して繰り返し利用できる。

【福島】三義漆器店(福島県会津若松市、曽根佳弘社長、0242・27・3456)は、ポリ乳酸樹脂(PLA)を用いた生分解性の漆器製品を開発した。... PLAはでんぷんやサトウキビなどを原料にした生分解...

(梶原洵子) 【社外と連携強化】 三菱ケミカルは、三菱化学と三菱樹脂、三菱レイヨンの3社統合から日が浅く、CE関連の技術は分散している。... バイオマス由来の生分...

【甲府】かいわ(山梨県上野原市、山添重幸社長、0554・63・5551)は、生分解性樹脂を利用した貼り付け式の注射針を開発した。... 現在、生分解性樹脂を用いた貼るタイプの注射針としては、国内でも複...

主力の日中間の化学品貿易事業の拡大に加え、水素エネルギーと生分解性樹脂の事業を新たに立ち上げる。 ... 長期的には、30年に生分解性樹脂と合わせて売上高500億円を目指す。 ...

買い物袋として使った後は、抗菌の機能を生かした食品保存や、消臭機能を生かしたおむつ廃棄、生ゴミ処理などの二次利用ができる。荻野晴彦社長は「生分解性樹脂より安価に製造できる。... 同ファスナー「NAT...

【さいたま】sid(埼玉県川口市、清水勝明社長、048・264・7131)は、独自開発した光学ガラスよりも透明度が高い軟質バイオマス樹脂「Harehare(晴れ晴れ)」の量産に乗り出す。... Har...

「レジ袋有料化」の対象外になるのは、植物由来の原料を25%以上含むこと、厚さ0・05ミリメートル以上、微生物によって分解される生分解性素材など、いずれかの条件を満たす必要がある。 ....

【さいたま】サムライトレーディング(埼玉県桶川市、桜井裕也社長、048・789・0808)は、生分解性プラスチック「BIOPRIX」を4月にも発売する。... BIOPRIXは、生分解性樹脂のポリブチ...

「生分解性樹脂『バイオPBS』は、10―20年苦しんできたが、今、引き合いが増えている。... 自社への導入や事業化を図る」 「太陽光で水を分解して水素をつくる『人工光合成』の研究も...

【いわき】小松技術士事務所(福島県いわき市)の小松道男所長が開発した、生分解し環境を汚染しない植物由来生分解性樹脂のポリ乳酸(PLA)の射出成形技術を基に、小松事務所を含め日精樹脂工業など国内外の企業...

海洋プラスチックゴミ問題の深刻化や企業による関心の高まりもあり、生分解性樹脂を含む環境対応素材に対するニーズが高まると想定。... 三井物産プラスチックは8月末、台湾で生分解性プラスチックのコンパウン...

クラレ、バイオマスガスバリアー材 26年に売上高5倍 (2019/9/12 素材・医療・ヘルスケア)

クラレは11日、生分解性を持つバイオマス原料由来のガスバリアー材「プランティック」事業で、2026年の連結売上高で現在の約5倍となる1億ドル(約108億円)を目指すと発表した。... 「生分解性素材へ...

【電子版】先週の注目記事は? (2019/9/10 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(9/2~9/8) 1位 電動航空機にCFRP 羽生田鉄工所、JAXAと研究開発 2位 キヤノン、ミラー...

【長野】日精エー・エス・ビー機械は5日、生分解性樹脂「バイオPBS(ポリブチレンサクシネート)」100%の素材を使ったボトルの成形手法を確立したと発表した。... 使用後、土中の微生物などによって分解...

食品容器に活用、脱プラへ 日精樹脂工業は植物由来の生分解性樹脂「ポリ乳酸(PLA)」を薄く透明に射出成形できる技術を開発した。... PLAはトウモロコシやサトウキビといった植物由来...

大手化学メーカーのカネカは微生物由来の生分解性樹脂を開発し、同素材の供給で注目を集める。海洋分解での欧州国際認証を日本企業で唯一取得する。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる