電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

28件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

生物多様性の宝庫であり、コウノトリの野生繁殖に成功した。... ちょうど国が生物多様性国家戦略を見直し、自然再生を戦略に位置付けたので同時に宣言した」 ―企業にとって生物多様性保全は...

地域の生物多様性増進―活動促進新法に期待 「ネイチャーポジティブ(自然再興)」の実現に向けて、新法の「地域における生物の多様性の増進のための活動の促進等に関する法律案...

環境省、26日にオンラインシンポ 生物多様性の戦略議論 (2024/2/20 素材・建設・環境・エネルギー2)

2023年3月に政府が決定した「生物多様性国家戦略」が重視する社会変革や行動変容について、最新の科学的知見に基づいて国内外の研究者が議論する。 ... 申し込みは共催の地球環境戦略研...

生物多様性 「自然再生」企業も促進 23年は生物多様性の損失を止め、自然を回復軌道に乗せる「ネイチャーポジティブ(自...

検証2023/ネイチャーポジティブ 生物多様性に注目 (2023/12/21 素材・建設・環境・エネルギー1)

企業活動と結びつき強く 2023年は生物多様性に注目が集まった。... 政府は3月、「生物多様性国家戦略」を11年ぶりに改定。... 過去にないほど、企業活動と生...

ただ、政府が3月に閣議決定した「生物多様性国家戦略2023―2030」を指針にするように推奨する。... 企業や自治体は宣言によって生物多様性向上の活動を組織全体に広げる機会となる。... 自治体の目...

また白書では、生物多様性を増加させる「ネイチャーポジティブ」を初めて取り上げた。22年末の国連の会議でネイチャーポジティブが世界目標になったことを受けて、政府は3月末、新しい生物多様性国家戦略を策定し...

経団連自然保護協議会、ネイチャーポジティブ行動計画決定 (2023/6/14 素材・建設・環境・エネルギー1)

経済界として世界目標「昆明・モントリオール生物多様性枠組み」や日本の「生物多様性国家戦略2023―2030」達成に貢献する。 ネイチャーポジティブ経営への転換に向け、事業活動と生物多...

22年末に開かれた国連生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)で世界目標「昆明・モントリオール生物多様性枠組み」が合意され、「30年までに自然を回復軌道に乗せるために生物多様性の...

日本の次期生物多様性国家戦略 2022年12月7日から19日、カナダのモントリオールで、生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)が、中国を議...

政府の生物多様性国家戦略研究会の委員も務める。 ... 22年4月開催の生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)で新しい世界目標が採択される。事業活動...

とりわけ欧州では活動が活発化しており、欧州連合(EU)は20年5月に「2030年までの生物多様性戦略」と「農場から食卓まで戦略」をそろい踏みで発表した。... 日本でも進む取り組み&#...

環境省の有識者検討会は日本の生物多様性の現状を調査した報告書をまとめ、国内の生態系の損失速度は「緩和されているが、回復軌道には乗っていない」と評価した。... 報告書は、2021年度中に政府が取りまと...

環境省は6月にも、生物多様性保全を考える省内の勉強会を立ち上げる。... 2021年度に改定する政府の「生物多様性国家戦略」への反映を目指す。 ... また議論の成果は、生物多様性の...

また、自然共生圏は12年の生物多様性国家戦略で提唱したもので、人間が自然の恵みを享受するとともに、自然に対して適正な管理を行うことで、両者の共生が図られるという考え方によっている。

韓国・平昌(ピョンチャン)で開かれていた生物多様性条約第12回締約国会議(COP12)は、生物多様性の推進に向けた主要な取り組みを「ピョンチャンロードマップ」としてとり...

【「自然との共生」】 生物多様性条約は生物多様性の保全と持続的な利用などを目的とする条約だ。... 同条約事務局が先週発表した愛知目標の進捗(しんちょく)状況によると...

2002年に日本政府が発表した「新・生物多様性国家戦略」と03年1月に施行された「自然再生推進法」により、自然再生が生物多様性の保全において注目されるきっかけとなった。... 生物多様性の保全は地球規...

【人口密集個所】 環境省は、過去50年の生物多様性の損失の大きさ、現在の傾向を示す「生物多様性総合評価」と併せ、生物多様性の危機状況、対策の優先度・効率性が高い個所などを示す「生物多...

2010年10月、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開かれ、20年と50年までの短期・長期目標(愛知目標)が採択された。日本では12年、東日本大震災などを...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン