電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

104件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

【奈良】京都大学の佐々木亮助教や奈良先端科学技術大学院大学、生理学研究所の研究グループは、報酬とリスクのバランスを考慮し物事を選択する際の脳の仕組みをサルでの実験で明らかにした。

山梨大学の小泉修一教授と斎藤光象助教は自然科学研究機構生理学研究所の鍋倉淳一所長らと共同で、稀少な難治性神経変性疾患「アレキサンダー病」の進行抑制に関わる細胞を発見した。

国立精神・神経医療研究センターの関和彦部長、窪田慎治室長は自然科学研究機構生理学研究所と共同で25日、運動時に手足の感覚を取捨選択する仕組みを解明したと発表した。

県が連携するのは同機構の基礎生物学研究所、生理学研究所、分子科学研究所。... 三つの研究所のネットワーク、ポテンシャルを活用し、基礎科学の機運醸成を一緒に進めていきたい」と期待した。 ...

九州大学の西田基宏教授らは自然科学研究機構生理学研究所などと共同で、亜鉛イオンが心筋の収縮力を高める機構を解明した。

(木曜日に掲載) 北海道大学遺伝子病制御研究所教授 QST量子生命科学研究所チ...

量子科学技術研究開発機構や生理学研究所との共同研究。

自然科学研究機構生理学研究所、福井大学、金沢大学との共同研究。

自然科学研究機構生理学研究所の丸山健太特任准教授らは、敗血症で死亡する新しいメカニズムを解明した。... 北海道大学、大阪大学、産業技術総合研究所、東北大学との共同研究。

生理学研究所、東北大学、筑波大学、大阪府立大学、東京工業大学、東京大学との共同研究。

研究グループを構成するのは北里大、花王のほか、イプシロンモレキュラーエンジニアリング(EME、さいたま市桜区)と新たに加わった慶応義塾大学医学部、自然科学研究機構生理学研究所。 ...

6種の信号と脳波同期 東海光学、ワイヤレス脳波計発売 (2021/8/30 素材・医療・ヘルスケア)

トウカイオーブは内閣府の「革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)」に採択され、自然科学研究機構生理学研究所などとの共同研究を基に商品化した。

生理学研究所の南部篤教授らの研究グループは、パーキンソン病の症状を引き起こす神経メカニズムを解明した。

生理学研究所の平林真澄准教授らは、ラットの体内でマウスiPS細胞(人工多能性幹細胞)由来の精子を作ることに成功した。... 鳥取大学や信州大学、東京大学医科学研究所、英ケンブリッジ大学...

トウカイオーブは内閣府の「革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)」に採択され自然科学研究機構生理学研究所、ミユキ技研(東京都文京区)、日本医科大学との共同研究成果...

自然科研機構、動物実験の新施設開所 (2020/10/1 科学技術・大学)

【名古屋】自然科学研究機構は30日、生理学研究所(愛知県岡崎市)で「動物資源共同利用研究センター」の開所式を開いた。

国内では例えば脳科学の大量データ(ビッグデータ)解析で、生理学研究所に加え統計数理研究所、国立情報学研究所に長期滞在できるように学則を変更。... 学生の教育は「大学共同利用機関法人」...

【名古屋】生理学研究所と東京工業大学らは、線形加速器を用いた透過型電子顕微鏡を開発した。

名古屋市立大学と京都大学、生理学研究所の研究グループは、脳出血後のリハビリで、遮断された神経回路の機能を別の神経回路が代替する仕組みを明らかにした。

【名古屋】生理学研究所システム脳科学研究領域の定藤規弘教授らは、共同作業で他者との協調をつかさどる神経基盤を特定した。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン