37件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

産業技術総合研究所東北センター(仙台市宮城野区、伊藤日出男所長、022・237・5211)は、岩手県工業技術センター(盛岡市)と共催で「デザインブレインマッピング(DBM)」に関するセミナーを開いた(...

岩手県工業技術センター、新事業創出ワークショップ (2019/11/7 中小企業・地域経済1)

岩手県工業技術センターは13日から3回にわたり盛岡市の同センターで「TAIプロジェクト〜EBISワークショップ『チームの創発力・実現力を引き出すデザインブレインマッピング(新規事業創出に向けて)』〜」...

【仙台】産業技術総合研究所東北センターなどは、粘土を主成分とする膜材料の実用化を進めるコンソーシアム「クレイチーム」の設立10周年記念祝賀会を仙台勝山館(仙台市青葉区)で開いた。... 産総研東北セン...

産業界が大きく変化し、東北では少子高齢化が急速に進む。... (仙台) 【略歴】いとう・ひでお 84年(昭59)東北大院工学研究科修了、同年工業技術院(現産業技術総合研究所)入所。....

産業技術総合研究所東北センターは子ども向け実験・体験イベントを同センター(仙台市宮城野区)内で8月4日10―16時に開く。... 問い合わせは同センター(022・237・5218)へ。 ...

産総研東北、創立50周年シンポ (2017/12/4 中小企業・地域経済)

【仙台】産業技術総合研究所東北センター(仙台市宮城野区)は、TKPガーデンシティ仙台(同青葉区)で「創立50周年記念シンポジウム」を開いた。... 産総研の中鉢良治理事長があいさつし、相樂希美東北経済...

同コイルはアスターが開発した「アスターコイル」に、住友精化が産業技術総合研究所東北センターと共同開発した粘土質の無機質剤「タフクレースト」の電着被膜を組み合わせて耐熱性を持たせた。新エネルギー・産業技...

エクスビューは宮城化成のFRP(繊維強化プラスチック)技術と産業技術総合研究所東北センターのクレースト(粘土膜)技術を融合させた、従来の難燃化とは全く異なる技術により、種々の問題点を解決した製品である...

【仙台】産業技術総合研究所東北センターと東北活性化研究センターは、TKPガーデンシティ仙台(仙台市青葉区)で「オンリーワン企業―次世代産業技術マッチングフェスタ」を開いた。 東北地方...

産業技術総合研究所東北センターとの共同開発による独自の素材で、新たな市場を開拓する。

現在、水処理用途に適した天然ゼオライトの製品化開発にあたっては、産業技術総合研究所東北センターとの共同研究を行っている。... ここでは無機粉体を湿式紡糸法によって中空糸多孔体に成形する技術を天然ゼオ...

【東北工芸製作所−宮城県指定伝統的工芸品「玉虫塗」】 【色合い変わる】 「玉虫塗」は1932年に国立工芸指導所(後継機関が産業技術総合研究所東北センター)が取得した...

そこで産業技術総合研究所東北センターのコンパクト化学システム研究センター(現化学プロセス研究部門)で開発されたクレイコンポジットでコイルを被膜できないかと考えた。私たちの提案は新エネルギー・産業技術総...

【測定時間短縮】 2008年2月、東北6県の公設試験研究機関関係者会議では、産業技術総合研究所東北センターコンパクト化学システム研究センター(現化学プロセス研究部門)のマイクロ波反応...

電話は宮城化成が産業技術総合研究所東北センターと共同開発した、不燃透明材についての問い合わせ。... 2009年10月に産総研東北センターと共同研究を開始。... 【鉄道用に初出荷】 ...

産業技術総合研究所東北センターとの共同開発。

産業技術総合研究所東北センターは「産総研東北センター一般公開」を開いた。産総研や同センターの研究成果を子どもたちに紹介する催しで、親子連れなど473人が参加。... 両ロボットは産総研の技術を基にベン...

こうした太陽光発電を支える太陽電池については、これまで光電変換効率の向上に技術開発の主眼が置かれてきた。... クニミネ工業のいわき工場・研究所(福島県いわき市)では、産業技術総合研究所東北センターな...

産業技術総合研究所は技術開発を事業化につなげる“橋渡し機能”に力を入れる。... 東北赴任は初めて。... (仙台) まつだ・ひろお 81年(昭56)早大院理工学...

塗装だけでなく金型や成型の技術者を抱え、顧客の図面を元に金型を設計し、協力会社5、6社に委託。... 環境問題への対応では、産業技術総合研究所東北センター(仙台市宮城野区)と共同で、CO2をシンナー代...

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

わが青春の碑 
人生は旅、人は旅人

わが青春の碑 人生は旅、人は旅人

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる