3,245件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

「可動域 狭くて困る 肩と家」―。タニタ(東京都板橋区)が実施した「第5回タニタ健康川柳コンテスト」で金賞を受賞した作品。今回のテーマは家庭でのエクササイズ。

産業春秋/中小の企業規模 (2020/11/27 総合1)

都内の地場企業を取材していたころ、名刺を差し出すと怪訝(けげん)な顔の経営者がいた。「中小企業部かぁ。うちは躍進企業部に取材してほしいな」。

産業春秋/公益法人の苦境 (2020/11/26 総合1)

新型コロナウイルス感染症によるイベント中止・自粛が、芸能やスポーツに経済的打撃を与えていることは周知の事実。それに加えて制度的な困難に直面している。 オーケストラなどの文化事業は、公...

産業春秋/祇園の冬の風物詩 (2020/11/25 総合1)

12月に京都・南座で行われる「吉例顔見世興行」を前に、まねき上げが間もなく行われる。出演する歌舞伎役者の名前を書いた板をとび職人が竹矢来に取り付ける、冬の風物詩だ。 今年は新型コロナ...

伝統建築には一筋の光明だろう。ユネスコ(国連教育科学文化機関)の評価機関は、修復に必要な「工匠の技」を無形文化遺産に登録するよう勧告した。12月中旬にパリで開催される政府間委員会で正式決定となる見通し...

産業春秋/ジョブ型雇用と日本 (2020/11/23 総合1)

「ジョブ型」、「メンバーシップ型」に「ジョブディスクリプション」。これらを明確に説明できるのは、大企業の人事部に在籍する方かもしれない。 ジョブ型とは専門性が高く年齢より業績で処遇が...

深秋の夜にはクラシックでも聴いて在宅勤務でたまった疲れを癒やしたい。癒やしと言えば、かつてモーツァルトの楽曲を聴くとα波が出て自律神経が整うという「モーツァルト効果」が話題になった。 ...

産業春秋/大相撲が試金石 (2020/11/19 総合1)

今年を締めくくる大相撲11月場所は終盤に突入し、千秋楽まで残り4日となった。通常なら福岡で開催されるところだが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、移動を最小限にできる東京・両国の国技館で行われて...

産業春秋/2年後の技能五輪 (2020/11/18 総合1)

22年に向け産業界が一体となって選手を育てていきたい。

産業春秋/コロナ禍の嗚咽 (2020/11/17 総合1)

新型コロナウイルス感染症の流行が長期化する中で、自殺者が増加している。生活苦や先行き不安が理由とみられる。目立つのは非正規労働が多い女性の急増ぶり。

産業春秋/『第九』の力 (2020/11/16 総合1)

年末恒例のベートーベン交響曲第九番(第九)の演奏会が、コロナ禍で相次ぎ中止に追い込まれている。12月に生誕250年を迎えるだけにコロナが恨めしい。 第九を聴かないと新年を迎える気分に...

産業春秋/冬の換気対策 (2020/11/13 総合1)

北海道の冬は日中でも気温が零下に冷え込むことがある。それでも部屋の中は半袖で過ごせる。セントラルヒーティングや床暖房など、家を暖めるさまざまな工夫があるたまものだ。

従業員が新型コロナウイルスに感染したことを、自社のウェブサイトで公表する企業が散見される。警戒や忌避の対象になるので原則として報道しない。しかし本来、そこから何を学ぶかの方が大事だろう。 &#...

地域の足として定着したコミュニティーバスや、安全に乗り降りできる低床バス。行政や企業に働きかけ、普及促進に精魂を傾けた信念の人がいた。 交通ジャーナリストで静岡県立大学教授だった岡並...

産業春秋/分断から融和へ (2020/11/10 総合1)

米大統領選挙の開票状況に気をもんだ読者も多かったろう。民主党のジョー・バイデン氏が当選に必要な選挙人の過半数(270人以上)を確保し、当選確実となった。僅差での勝利は米国社会の対立や分断の根深さを世界...

産業春秋/政府への信頼 (2020/11/6 総合1)

「新型コロナウイルス感染症で、国民の政府への信頼はさらに高まった」。スウェーデンのコロナ対策責任者を務めるアンデシュ・テグネル氏は、日本記者クラブとのオンライン会見でこう語った。 ス...

産業春秋/雑談の効用 (2020/11/5 総合1)

「無駄の効用」とはよく言ったものだ。新型コロナウイルス感染拡大でオンライン取材や在宅勤務が増え、「雑談の効用」を意識するようになった。雑談の機会は明らかに減っている。

春秋子も出社の必要性は大幅に減り、原稿を出せば、どこにいてもよいことになった。

井上選手の拳のインパクトは産業界にも参考になりそうだ。

産業春秋/コロナ禍の企業監査 (2020/11/2 総合1)

新型コロナウイルスによる“3密回避”はさまざまな局面で企業活動を制約する。見えにくいもののひとつが監査役の業務。複数の著名企業の監査役に話をうかがう機会があった。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる