17,725件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

需要が高まる医療産業で存在感を発揮し続けるための取り組みを佐野嘉彦社長に聞いた。 ... 川越と春日部、飛騨の3工場を買収で取得したのに加え、23年には伊勢工場のラインを増強予定だ」...

国内でのデータ連携を実現すれば研究開発の無駄を省ける。材料分野で成功例を作り、データ連携の価値を産業界や学術界に示したい」 【略歴】はしもと・かずひと 80年(昭55)東大院理学系研...

大学などとの産学連携で効果検証も進め、年内にも市場投入する考え。 星和電機は工場やプラント、倉庫向けなどの産業用照明機器や、道路・トンネル照明機器、道路情報表示板など手がける電機メー...

【官民が連携】 一方、他の大都市に比べ大阪のスタートアップ支援の“顔”が見えにくいという課題も残る。... こうした問題を克服しようと、19年に大阪府・市、大阪産業局と在阪経済団体が...

挑む スマート農業(4)全国121地区で実証、課題探る (2020/4/9 機械・ロボット・航空機2)

同プロジェクトは農水省所管の農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)が取りまとめる。... また農水省は、19年度に本格運用を開始した農業データ連携基盤「WAGRI(ワグリ)」の整備も加速させている...

あいち産業振興機構は、名古屋工業大学、愛知県中小企業診断士協会と連携して、中小企業の課題解決を支援する事業「三機関協働学び合いプロジェクト」で、2020年度は新たにエバー(常滑市)とケイユニフォームサ...

近畿経済産業局は2018年、支援機関の連携を目的に「関西ベンチャーサポーターズ会議」を設立。大阪府や京都府なども19年、官民の連携基盤を次々に立ち上げた。... 3月末時点で56社が参加し、企業同士の...

UACJ、北大に産業創出講座を開設 (2020/4/9 素材・医療・ヘルスケア)

UACJは、北海道大学産学・地域協働推進機構に産業創出講座を開設した。... 産学連携で革新的なアルミニウム材料の創出を目指した研究開発を進め、アルミニウム産業の発展と業界における新規人材の育成に取り...

一般化することによりモノづくり産業に親近感を持ってもらえる。... 総じてサービス業など他産業からモノづくり産業への転職希望者にとって生産管理用語や数字感覚が苦手な人が多い。... また、企業が人材の...

このため、政府は近年がん対策に力を入れており、治療と仕事の両立支援に関する企業向けのガイドラインの作成、患者の就業配慮・就業継続に関する主治医と産業医の連携をスムーズにするための診療報酬改定、がん専門...

ニュース拡大鏡/ローカル5G検証加速 IT大手、サービス模索 (2020/4/8 電機・電子部品・情報・通信2)

【機器の高度化】 製造業と連携した検証も本格化している。... 産業光学システムや医療機器、オフィス機器の高度化につなげる。 ... 製造現場における稼働データの一...

最近、力を入れているのが産業用ロボットの分野だ。... 山善が取引企業と連携する任意組織「山善FA・SIer会」を4月に発足。

城南信用金庫(東京都品川区、川本恭治理事長、03・3493・8111)が事務局を務める「よい仕事おこしフェア実行委員会」は、三越伊勢丹と地方活性化に向けた包括的連携協定を結んだ。... 三越伊勢丹の滝...

シンテックホズミ、サービスロボに参入 空港・ホテル向け (2020/4/8 建設・生活・環境・エネルギー2)

自動車産業など製造現場で実績のある無人搬送車(AGV)の技術を公共スペース向けに応用した「AISLE(アイル)」を開発した。... アイルはエレベーターとの連携や洗練されたデザインなど公共空間向けに設...

世界の物流網活用 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、トヨタ自動車は7日、グループと連携し医療現場の支援に乗り出すことを表明した。... 日本の基幹産業である自動車業界が復興のけん引...

製薬で培った資源を活用し、他の産業といかに連携を図るかがテーマとなる。

重点テーマに(1)新産業創出や人材育成、地域開発による新たな中部圏の創生(2)イノベーションの活性化(3)多様な人材が活躍する中部圏の実現(4)地域や会員の連携強化―を挙げた。

本部の専門スタッフが営業部門などと連携して企業の個別課題の解決に取り組んでいる。... 地域事業者の医療機器産業への参入支援を目指して、朝日信金が代表を務める「朝日ビジネスプラットフォーム」と東京医科...

デザインでSDGs貢献 【多方面と連携】 デザインに何ができるのか―。... 建築、プロダクト、アートといった学問領域を超えて市民、NPO、産業界など多方面と連携し...

情報機器関連事業では放送・通信技術を基盤に情報通信技術(ICT)製品を提供してきたが、光波との連携推進で、遠隔で価格表示や在庫管理といった自動販売機のIoT化に貢献できるソリューションをより迅速に提供...

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く!  
関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く!  関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる