電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

377件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

企業と顧客の関係性が変わる今、一方向の情報提供ではなく、共通の価値観を共有できる「コミュニティー」があらためて注目されている。コミュニティーの活用は、顧客エンゲージメントの向上、新たなビジネス機会の創...

詳細捉えボトルネック特定 企業が直面しているカーボンニュートラル(CN)という社会課題。その解決に向けてまず取り組むべきことは、温室効果ガス(GHG)...

消費者に対して企業ブランドが担う役割は、自社製品をより選んでもらうことや買い続けてもらうことである。機能価値だけで商品の差別化が難しくなっている今日において、企業ブランドの重要性は高まってきている。ど...

米、目立つ建設遅延 TSMC熊本工場 計画通り開所 地政学リスクを背景に、半導体産業のブロック経済化が進んでいる。... しかし、米国の半導体産業育成強化の動きは、当...

五感使い手繰り寄せる 前回の記事で、著名アーティストの横尾忠則氏の言葉を引用し、頭で考えるよりも、「想う」、すなわち五感を使うことが重要であることを説明した。今回は、五感を使って観察...

運輸業界が深刻な人手不足に直面する中、一般ドライバーが旅客運送を担うライドシェアに注目が集まっている。政府は2023年12月にライドシェア解禁に向けた検討を表明し、24年4月から「自家用車活用事業」と...

少なくとも、自動車工場などで自動車の組み立てや加工作業を実施している産業用ロボットとは異なる分類であることは間違いない。 ... 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構&...

近代の創薬の歴史の変遷をたどると、1980年代から感染症に対する治療薬の開発が主流の時代があり、90年代からは生活習慣病に対する新薬開発が主流となって、医療用医薬品市場全体を発展させてきた(図...

経済産業省とデジタル庁などにより、共通規格として整備・実装されている。

組織価値向上が第一歩 いまや世界共通の課題となったカーボンニュートラル(CN、温室効果ガス〈GHG〉排出量実質ゼロ)。これは、大企業だけではなく、中小企業にとっても人...

半導体産業の特徴はその量産性とスケーリングにある。... クルマの電子制御に不可欠 こうした半導体業界の動きの影響は、日本の最大産業である自動車産業にも及んでいる...

短期目標で縛らず、没頭を許容 アート思考は、自らの興味・関心を起点に、常識を超えた斬新なコンセプトを創出する思考である。前回の記事では、アート思考に取り組むうえで、組織の規模には関係...

プライシングは商品・サービスの価値を見極め、価値を価格に転嫁し、狙った利益に転換する業務プロセスを指す。経験や勘、度胸で値付けを行わず、自社の商品・サービスに対して顧客が感じる価値をきちんと定量化し、...

ロボ開発に応用加速 ソフトウエアの進化は同時にロボットの進化を加速させる。2022年から23年にかけては、生成人工知能(AI)という大きなソフトウエアイノベーションが...

産業用機械メーカー、準大手証券などを経て現職。

Z世代とは1990年代半ばから2010年代序盤に生まれた世代で、23年現在12―28歳前後の年齢層に当たる。デジタルネーティブ、SNSネーティブとも呼ばれるZ世代は、タイパ(タイムパフォーマン...

脳に意識が生まれる原理やAIに意識を実装する研究に従事しながら、産業への実用化を推進。

キーエンス時代 改善すべきことをしっかりフィードバック ■赴任地での経験 前回の番外編では、1980年代から90年代にかけて日本で確立された直販組織を、中国...

独立栄養細菌の中で、エネルギー源として光を必要とせず、高速・高密度で培養が可能な水素細菌は産業化のポテンシャルが高い。また、経済産業省が22年から取り組む「バイオものづくり革命推進事業」では、嫌気性細...

個人的な使命感・興味から始まり、非常識とも思える仮説を立てるというのは、まさにアート思考である(村田守康氏が2010年に京都産業大学で行った講演『花王における三つのイノベーション「アタック」・...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン