電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,701件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

産業技術総合研究所(産総研)は、透過X線撮影と深層学習プログラムによる人工知能(AI)の画像認識を用いた、電池検出・選別システムを開発した。... (木曜日に掲...

産業技術総合研究所とAIST Solutions(茨城県つくば市)は、3月14日13時から国際連合大学(東京都渋谷区)でシンポジウム「マテリアルDXシンポジウム...

SFは未来の世界切り開く 研究や実地調査の答え合わせのように本を読むことが多い。東日本大震災の復興支援のため、宮城県気仙沼市に入った経験もその一つだ。 当初我々の持...

産総研では岩石片の表面炭素を直接顕微ラマン分光で測定する新しい手法を開発している。... (木曜日に掲載) ...

産業技術総合研究所の山木雄大主任研究員と片岡祥研究グループ長らは19日、化学プロセスの溶媒リサイクルコストや二酸化炭素(CO2)排出量を予測する手法を開発したと発表した。少量多品種生産...

産業技術総合研究所の秋田一平主任研究員は愛知製鋼と共同で、高感度磁気センサーの感度を自動補正する技術を開発した。感度変動を3分の1に抑えられる。磁気ノイズは単位周波数の2乗根当たりの磁束密度で45ピコ...

同年通産省工技院(現産総研)研究員、99年から20年まで東大教授。

産業技術総合研究所(産総研)は、わが国の鉱物資源の安定供給のため、鉱床の評価や探査手法の開発を行っている。 ... 産総研は、世界に先んじて、マグマの銅含有量および放...

酸素欠乏により電子伝達経路が働きにくくなり、解糖系を動かすことでエネルギー物質産生を補おうとするためと考えられる。

産業技術総合研究所の石戸谷重之研究グループ長と気象庁気象研究所の坪井一寛室長らは14日、大気観測データからセメント工場の二酸化炭素(CO2)排出量を推定することに成功したと発表した。C...

JX金属は産業技術総合研究所(産総研)とPEでの配線形成技術の開発を推進。... 産総研はインクの焼結と印刷技術で知見を提供。

産業技術総合研究所の後藤陽介主任研究員と李哲虎首席研究員、島根大学の臼井秀知助教らは、温度差と垂直方向に起電力が生じる熱電材料を開発した。物質中で電子は全方向に移動し、正孔は一方向にのみ動く。マイナス...

湿式ジェットミル活用 産業技術総合研究所の冨永雄一主任研究員らは、ミドリムシ由来の多糖類「パラミロン」を湿式ジェットミルでナノ繊維化する技術を開発した。数マイクロメートル(マ...

そこで産総研では、鑑定に活用できるよう、採取・提供により蓄積した試料を「火山灰データベース(https://gbank.gsj.jp/vo...

我々も悩みながら内容を固めている」(産総研の研究員)。 産総研関西センターは二次電池材料で優れた研究成果を残し、現在も最先端の電池開発を進める。... 産総...

産業技術総合研究所(産総研)は、マイクロ流路中での微小流体制御を利用して、正確性の高いサンガー法に基づく、DNAシーケンスの高速化を研究している。 ... 同年10月...

産業技術総合研究所(産総研)では、工業利用放射線レベルを含む先述の放射線レベルで、アラニン線量計と電子スピン共鳴装置を用いた郵送線量測定技術の開発を行っている。 .....

産業技術総合研究所の林永昌主任研究員と大阪大学の末永和知教授らは24日、グラフェンの間にはアルカリ金属が2層分入ることを発見したと発表した。従来は1層分しか入らないと考えられてきた。2層分入るとアルカ...

同年通産省工技院(現産総研)研究員、99年から20年まで東大教授。

そこで、産業技術総合研究所(産総研)は、スーパーグロース法によって得られた単層カーボンナノチューブ(SGCNT)に着目した。産総研の畠賢治博士が開発した高純度のSGCN...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン