1,071件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

三谷産業、微生物で余剰汚泥削減 片岡バイオ研と協業 (2022/6/28 建設・生活・環境・エネルギー1)

特に下水道施設や化学工業、食品製造業、畜産業に多く発生し、日本の年間排出量は1億6000万トンに上る。

【いわき】エネルギー・エージェンシーふくしま(福島県郡山市)のバイオマス事業化ワーキンググループは、畜産廃棄物のメタン発酵ガス化・発電システムの消化液処理の実証を行う。... 食品残さ...

農水省幹部人事/次官に横山氏 (2022/6/22 総合3)

17年林野庁林政部長、19年生産局畜産部長、21年水産庁漁政部長。... 20年総括審議官、21年畜産局長。... ◆畜産局長 渡辺洋一氏(わたなべ・よういち...

同県は原燃料高対策としてほかにも、農林・畜産・水産業者への支援で18億7200万円を、生活衛生関連サービス業者に対する補助金で7億3900万円を、補正予算にそれぞれ計上した。

さらにバス・タクシー事業者の燃料費高騰の影響分を補助するほか、配合飼料価格が上昇した畜産農家を支援する。

さあ出番/YE DIGITAL社長・玉井裕治氏 選ばれるナンバーワンに (2022/6/6 電機・電子部品・情報・通信)

交通システム(スマートバス停)や畜産、物流向けDXを提案するなど「社内外をワクワクさせる」つもりだ。

新工場では主力製品の「エコフィットヒーター」などの凍結防止製品に加え、通年でニーズが見込まれる「畜産ヒーター」「グリッドヒーター」の生産も新たに始めた。

肉、乳製品が加わり、主食であるコメを中心に水産・畜産物、野菜・果実を多様に取り入れ、和洋折衷メニューで多くの種類の食材を摂取する理想的なバランスになっていた。

■執行役員食品化学本部長 山口研氏 【横顔】主に畜産畑を歩み、国内食肉加工メーカーや食肉販売会社、米国食肉加工メーカーに出向。

冷蔵倉庫は輸入食材・食品や水揚げされる水産品の保管に適した港の近く、あるいは農・畜産品の産地など、地域に根差して多く立地している。

農産物や畜産物、水産物など冷蔵・冷凍が不可欠な食材・食品を生産地から消費者へ供給するコールドチェーン(低温物流網)も例外ではない。

試食した双日食料の畜産第一本部の池本俊紀本部長は「その場で業務提携と独占販売契約の締結をお願いした」。 ... 同社は生体牛の輸入シェアで80%など畜産事業に強い。

日本ハム、養豚をスマート化 AIで豚の発情判定 (2022/5/20 建設・生活・環境・エネルギー)

同システムは各畜産農家の要望に合わせてセンサーや通信機材などと一緒に販売する予定で、販売価格は今後、具体化する。

ケルヒャー、重機清掃向け高出力洗浄機 (2022/5/17 機械・ロボット・航空機1)

建築現場や農畜産現場で使用する重機類の清掃などを想定。

■執行役員食料第二本部長 大矢秀史氏 【横顔】畜産のエキスパート。... 17年畜産部長、20年食料本部副本部長、21年食料第二本部長。

「培養肉」で食物不足解消 従来の畜産に代わるクリーンでかつ量産が可能な代替たんぱく質源の生産技術として前回稿は植物肉について紹介した。

(大川諒介) 【植物油・由来原料で再現】製品開発で社会貢献 PBFは、植物由来の原材料を使用し、畜産物や水産物に似せて...

現在、人類は畜産によって食肉を供給しているが、畜産による食肉の継続的な増産は以下の二つの理由により難しいとされている。一つ目はすでに農耕可能土地の7割を飼料を含む畜産関連で使用しており、これ以上の畜産...

成果の一つが畜産業界への参入だ。畜産養鶏農家向けに、鶏舎で死んだ養鶏を発見通報するロボット「Robococco(ロボコッコ)」を開発。

畜産分野の物流など照準 産業界のデジタル変革(DX)で拡大した機器やサービスの需要を取り込み、兼松の業績が好調だ。... 畜産分野は在庫...

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン