157件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

社員約70人の半分以上が博士人材の同社が、異分野融合のプロジェクトのため手がけてきた社内研修をベースにした。... これにより学生は個々の相手に合わせたコミュニケーションで、何をしているかではなく「何...

マテリアルと触媒、バイオなどの異分野融合研究を進める。... 複数大学を兼務する形で若手を雇用して異分野をつなぐ推進役とする。

スケールメリットを生かして異分野融合や国際連携を進める。 ... 各大学がそれぞれでプロジェクトを進めるよりも、融合推進役の若手を置くことで積極的に異分野がつながる。 ...

メタマテリアルをテーマとして次世代通信技術やナノ・マイクロ光学、ロボット、医療、バイオ、エネルギーなどの異分野融合研究を進める。

AIによる性差のバイアスを、心理学や工学で見るなど異分野融合の研究が進みそうだ。

今後は各分野ごとにデータの癖や特性を把握した取り組みが期待される。 インタビュー/NII所長・喜連川優氏 異分野融合、予想外の成果引き出す ...

東大のスケールメリットを生かして生命科学系と工学系など異分野融合にも取り組み、共同研究プロジェクトを創出する仕組みを強化する。 ... 同拠点に所属する医学・薬学分野の研究...

東京理科大は部局を越えた異分野融合が、他大学と比べて進んでいるという。

研究力強化ではまず、5法人間で新たな異分野融合研究を企画・推進する。... 分野を越えて研究の新手法となるデータサイエンス(DS)も重点項目だ。各機構の各分野でのデータ収集と合わせ、情...

多様・国際化、創造性発揮促す 東京都市大学は世田谷キャンパス(東京都世田谷区)の新棟整備と連動させた異分野融合を進める。... 科学教室の「夢キャ...

異分野融合を含む研究力向上、大学院教育の充実、業務の効率化を手がける。... 期待の一つは人文・社会科学系も含む異分野連携だ。 ... 分野によらないデータサイエンスも新研究手法の柱...

「2022年の『国際ガラス年』を異分野融合で新しいものを生み出す年にしたい」と掲げるのは、京都大学教授の田部勢津久さん。... 日本では「ガラス工芸と地域産業、ガラスの研究のイベン...

一歩先んじて国内を盛り上げ、ガラスにまつわる科学や産業、芸術などでの異分野融合を促していく。 ... 22年を科学と芸術、産業の異分野連携の機会とする。ガラス工芸の匠(たくみ...

商船三井と、ノベルジェン(滋賀県長浜市)が代表を務める異分野融合チーム「エコトリニティ」は、商船三井の運航船に搭載した回収装置でマイクロプラスチックと微細藻類などを採取し、こ...

利用者が悩んでいる問題の解決のために、最先端研究施設へのアクセスの機会を提供するとともに、産学官連携や異分野融合、人材育成を推進する。

独自の称号「RARAフェロー」になると、分野や個々の事情に合ったオーダーメードの研究支援を受けられる。 ... RARAフェローは他大学・研究機関との連携、異分野融合の学内交流コロキアム、フェ...

自らの癖、対話で気づきを 異分野や文理の融合の重要性が言われるが、これは異文化間コミュニケーションであり、試行錯誤しながら間に橋渡しする必要がある。.....

各分野で蓄積したデータを掛け合わせ、異分野融合の新しい研究体制を構築する狙いだが、課題も山積している。... 投資効果を吟味した研究者の間では、異分野融合は難しいという意見が根強い。... 異分野融合...

文科省、研究DXの基盤整備 (2021/9/17 科学技術・大学)

これに各分野のデータベース(DB)などを連動させる。... 生命科学や防災、IoTなどの研究強化と融合を目指す。川口悦生参事官は「特定の目的で集めたデータを他分野とシェアし、新たに活用...

このデータを核に情報科学や防災、地球環境などとの融合研究を促す。事業を通じて新しい研究スタイルや研究分野を確立する。... こうした新しい研究手法を用いて異分野融合の研究を立ち上げる。 ...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン