11,808件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

2011年の福島第一原子力発電所の事故から10年経過したが、いまだに放射線量が高い区域は存在する。

水素は国内では南長岡ガス田(新潟県長岡市)のガスから水素を生成し、水素発電や水素販売を手がける。海外はアラブ首長国連邦のアブダビで生産する天然ガスから水素を生成、さらにアンモニアに合成し、国内の石炭火...

東北電、会長に増子氏 (2021/1/28 総合3)

仙台市の本店で開いた記者会見で海輪会長は、2020年に東北電女川原子力発電所2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働に向けた地元同意の表明など「一つの経営の節目がついた」として交代理由を述べた。 ...

再生可能エネルギーでは、既存の地熱発電所の安定操業を続け、新発電所の建設を急ぎたい。水力発電所のリニューアル工事も着手した。

有線回線が使える発電所や、モバイルWi―Fiルーター利用可能な場所からと上空50メートルのドローンで中継すれば、巡視や工事での通信確保は可能とみる。

東京電力福島第一原子力発電所事故の原因を調査・分析する原子力規制委員会の検討会は26日、2、3号機の原子炉格納容器上部をふさぐ「ふた」の内部に、高濃度の放射性セシウムがたまっている可能性が高いなどとす...

出光興産、山口・周南市の協議会参画 (2021/1/26 建設・生活・環境・エネルギー2)

出光興産は徳山事業所(山口県周南市)でバイオマス発電所の建設を進めている。

企業の脱炭素戦略、世界の投資を日本へ誘導 3省庁が指針策定着手 (2021/1/26 建設・生活・環境・エネルギー2)

発行が増えているグリーンボンドは、太陽光発電所の建設など環境プロジェクトに資金使途を限定している。

電気やガス、水道のスマートメーター、大規模太陽発電所(メガソーラー)の管理、高度道路交通システム、スマートビル・工場・物流の監視といった用途を想定する。

電力新時代 変わる経営モデル(29)北陸電力 志賀原発再稼働へ道筋 (2021/1/26 建設・生活・環境・エネルギー1)

原子力規制委員会が2020年7月に開いた北陸電力志賀原子力発電所(石川県志賀町)2号機の適合性審査会合。

付加価値サービスは同グループのバイオマス発電所で発電する電力や、家庭用燃料電池「エネファーム」の余剰電力を同グループが買い取った電力などを供給する。 ... また、太陽光発電を用いた...

都営バスの全営業所でも利用する。 都交通局が管理する多摩川第一発電所(東京都奥多摩町)と白丸発電所(同)、多摩川第三発電所(青梅市)で発電した電気を対象とする。水力発電は発電時にCO...

地熱発電の開発拡大や、二酸化炭素(CO2)を原料とするメタノール生産、他社との連携による大幅な省エネルギー化を実現する技術革新の3本柱で取り組む。... 最近では三菱マテリアルやJパワーとの共同事業で...

バイデン大統領が重視する環境対策面では、当社は米国でこれまで水素ステーション運営会社への出資や分散型太陽光発電事業会社の買収を実施してきた。海外での石炭火力発電所の運営では、30年を撤退の一つのめどに...

発電不足リスク顕在化 電力各社、今冬の電力需給逼迫 (2021/1/22 建設・生活・環境・エネルギー)

LNG燃料在庫が足りなくなり、LNG火力発電所の定格出力を落とした運転を余儀なくされた。化石燃料を燃やしてタービンを回す発電所は、燃料がないと発電できない。... こうした需要変動を吸収するためにも、...

熱交換器は空調、自動車、給湯器、化学や金属関係、発電のプラント、地域熱利用やデータセンターのデバイスの冷却など、多種多様な分野において省エネと切り離せない。... 講演 火力発電所や真空用機器の高性能...

日本原子力研究開発機構と森林研究・整備機構、筑波大学の研究グループは、2011年3月の福島第一原子力発電所事故の後の福島県の森林の放射線量の要因を明らかにした。

グリッドスカイウェイ、ドローン自動飛行で電力設備点検 今秋から (2021/1/20 建設・生活・環境・エネルギー2)

共同出資するNTTデータ、日立製作所と共同でシステムを開発。... 発電所でつくられた電気を高圧で運ぶ架空送電線とそれを支持する鉄塔は高経年化が進み、建設後40年がもっとも多い。

同社は原子力発電所の廃炉作業向けに遠隔ロボを特注で設計・製作している。

神戸市水道局など、VPP構築を実証 (2021/1/20 建設・生活・環境・エネルギー1)

神戸市内の水道施設にあるポンプと出光興産が同市内に設置する蓄電池をエネルギー管理技術とデジタル技術により遠隔・統合制御することで、一つの発電所のように機能させる仕組みの構築を目指す。 ...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる