電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

14,246件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

国内では東北地域などでも大規模な風力発電の導入が進む計画で、再生エネを活用した産業振興策として注目される。 ... 建設工事に水力発電所の二酸化炭素(CO...

三菱重工、タイに水素混焼技術の導入検討 (2024/6/13 機械・ロボット・航空機2)

三菱重工業はタイ電力公社(EGAT)と、タイ国内のガスタービン発電設備向け燃料への水素混焼技術の導入について調査・検討を進めることで合意した。まずはEGATの発電所で水素混焼試験に取り...

自然電力、米グーグルと仮想PPA契約 (2024/6/13 素材・建設・環境・エネルギー2)

2027年中に稼働する出力2万キロワット(交流)の太陽光発電所に由来する証書をグーグルに売り、グーグルは千葉県印西市で稼働するデータセンターの消費電力を再生エネ化する。... 太陽光発...

石炭火力発電所の模擬排ガスで実験するとCO2の45%を原料化できた。

飛島建など、山間・地下工事を遠隔点検 全自動ドローン活用 (2024/6/12 素材・建設・環境・エネルギー1)

小水力発電所をはじめ、さまざな現場での活用を見込んでいる。 中山間部の小水力発電所は居住エリアから離れているため、効率的な維持管理手法が求められている。... 米沢大平小水力発電所&...

浜通り地域は東日本大震災・東京電力福島第一原子力発電所事故の影響を大きく受けた地域だ。

村内にある日本原子力発電の東海第二発電所についてのことだ。 東海第二発電所は2022―23年度に計8件の火災が発生したほか、施設内で建設中の防潮堤の施工不良という問題を抱える。......

九電みらい、霧島に地熱発電所 27年運転開始 (2024/6/11 素材・建設・環境・エネルギー1)

【福岡】九電みらいエナジー(福岡市中央区、水町豊社長)は、鹿児島県霧島市に地熱発電所「霧島烏帽子(えぼし)岳バイナリー発電所=イメージ」を建...

中核生産拠点の高砂製作所(兵庫県高砂市)では、水素関連実証など次代を見据えた取り組みも進む。... そのために社員の意見をオープンに聞きながら取り組んでいく」 【記者...

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉作業を想定する。

福島でZEH普及進む (2024/6/7 東日本)

福島県では東京電力福島第一原子力発電所が立地する大熊町がゼロカーボンのまちづくりを掲げ、ZEH住宅新築が進む。... 太陽光発電をベースに新築戸建ての建売住宅で、住宅メーカーを中心にZEH普及が進む。...

愛知で2展示会開催 次世代エネ活用・製造現場先進化 (2024/6/6 機械・ロボット・航空機1)

アンモニアは石炭火力発電に混焼させることでも、二酸化炭素(CO2)排出量を抑えられる。愛知県碧南市にあるJERA碧南火力発電所4号機で、燃料の20%をアンモニアとする石炭火力発...

三菱マテ、東北で地熱拡大 50年度めど電力完全自給 (2024/6/6 素材・建設・環境・エネルギー1)

三菱マテリアルが関わる4カ所目の地熱発電所となる。... そこで、同発電所では熱水を注水する設備を導入。... 今後は約3年に1カ所のペースで地熱発電所を開発していく方針だ。

白書ではこのほか、東京電力福島第一原子力発電所の廃炉に関連して、23年に開始した汚染された水から放射性物質を除去したALPS(多核種除去設備)処理水の海洋放出について記した。

福岡県や九州電力、ENEOSなどと共同で発電所や工場、自動車・船舶などへの供給拠点整備を検討する。... 響灘臨海エリアは鉄鋼や化学、発電などの産業が集積し、パイプラインを通じて効率的に水素・アンモニ...

北海道電とグリッド、火力・水力需給最適化 AIエンジン開発 (2024/6/4 素材・建設・環境・エネルギー1)

北海道電力では、脱炭素化と発電コストの低減に向けて、水力発電を有効活用し、火力発電所の稼働を抑制して化石燃料の消費量が最小となる需給計画を立てている。計画策定では、膨大な数に及ぶ発電所の起動・停止や運...

県は11年に起きた東日本大震災・東京電力福島第一原子力発電所事故からの復興を目指して、特に県沿岸部の浜通り地域の企業進出に力を入れてきた。

同国西部のアルバータ州で現地の発電所や製造業などから排出されるCO2を回収し、パイプラインで輸送して同州カルガリー東部の地下層に埋める。

太陽光発電システムに空気亜鉛蓄電池を接続して性能を検証する。... コストの優位性を生かし、将来は大規模太陽光発電所(メガソーラー)向けなどの需要を見込む。 ... ...

新社長登場/ENEOSHD・宮田知秀氏 脱炭素対応、全方位で (2024/5/31 素材・建設・環境・エネルギー)

国内にCCS(二酸化炭素〈CO2〉の回収・貯留)適地はあり、LNG発電所の併設も考える。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン