電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,578件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

中部電、岐阜に水力発電所 27年度運転開始 (2024/6/20 素材・建設・環境・エネルギー1)

【名古屋】中部電力は岐阜県下呂市に西村水力発電所を建設する。... 出力は1930キロワットで、年間発電量は一般家庭約3200世帯分の年間使用量に相当する約9700メガワット(メガは100万&...

自立運転機能で停電時も発電 長野県企業局は同県佐久地域で県営水力発電所「金峰山川発電所=写真」(長野県川上村)を完成した。砂防堰堤(...

デンソー、EV電力をオフィスに エネシステム実証 (2024/6/18 自動車・モビリティー)

昼間は太陽光で発電した電力を本社オフィスで使用。... エネルギーの最適化でカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)を実現する。 ... 太陽光による発電量...

発電量の不安定な再生可能エネルギーを補完することで、脱炭素社会の実現を後押しする。

やまびこ、可搬型太陽光・蓄電・発電システム 駐輪場で実証 (2024/6/13 機械・ロボット・航空機1)

【立川】やまびこは太陽光パネル・蓄電池・発電機などを備えた可搬型発電システム「shindaiwa マルチハイブリッドキューブ」を使い、可搬式駐輪システムに電力供給する実証実...

京セラの軽量太陽光発電パネルを活用し、両社で信頼性や発電量の最大化、最適な設計を検証する。... ここに太陽光パネルを設置すると、同社が太陽光により取得できる発電量は現状比約7倍になる。ただ、既存の建...

(編集委員・松木喬) 電気・ガス使用減 リポート送付、利用者に動機付け 電力シェアリング(東京都品川区)とサイバー...

【広島】中国経済産業局は瀬戸内エリアに立地する主要コンビナートの自家発電設備に水素やアンモニアを20%混焼した場合、2030年の年間需要量が水素は27万トン、アンモニアは321万トン生じるとす...

今回は、石炭火力の段階的廃止について、より踏み込んで明確な期限を書き込むかが議論され、合意文書では、排出削減対策が講じられていない石炭火力発電について「30年代前半」または「1・5度C目標と整合する時...

今後はグーグル専用の太陽光発電所を新規開発し、再生エネ発電総量を増やす。発電した電力は卸電力市場に提供し、再生エネ発電所の新設によって創出する環境価値をグーグルに販売する。... 三井物産は上智学院&...

食品廃棄物ガスで発電 福岡バイオのプラント本格稼働 (2024/5/27 機械・ロボット・航空機2)

1日当たり最大100トンの食品廃棄物を、微生物の力で発酵させて発生するメタンガスを燃料にして発電する。... 同プラントは発電出力1560キロワット。年間想定発電量は約1万2000メガワット(...

国の第6次エネルギー基本計画では、30年にコージェネの年間発電量が798億キロワット時と発電量の8%を見込む。... 核となるガスエンジンは出力1万キロワット程度まで実用化され、発電効率は26...

山善など、日本製紙の国内3工場に太陽光発電拡大 (2024/5/20 機械・ロボット・航空機2)

山善とDaigasエナジー(大阪市中央区、福谷博善社長)は、9月から日本製紙クレシア(東京都千代田区)の国内3工場で、太陽光発電設備で発電した電力を供給するコーポレート...

揚水発電は発電所からの余剰電力で水をくみ上げてためておき、電力需要が高まる時に水を落として発電する。... 発電量と需要が合わず出力制御が課題となっている再生エネの普及には、調整力として揚水発電の活用...

日本ピラー、脱炭素加速 EVバス・太陽光発電を導入 (2024/5/16 機械・ロボット・航空機1)

別拠点に導入済みの同太陽光発電設備と合わせて、同社グループの22年度年間電力使用量のうち約4%をまかなう試算となる。... EVバスに転換したことでCO2排出量を年間5トン削減する効果を見込む...

工作機械、再生エネ活用加速 多様な手法で脱炭素 (2024/5/15 機械・ロボット・航空機2)

これまで導入してきた設備を含め同事業所で年間約250万キロワット時の発電量を確保し、同約1096トンの二酸化炭素(CO2)排出削減効果を見込む。... 同社は伊賀や奈良の事業所(...

物質・材料研究機構(NIMS)の評価試験では、熱電材料にマジックヒートシンクを装着すると、熱源温度60度C、モジュールサイズ15ミリ×18ミリメートルの場合、非装着時の約3倍...

ビルの脱炭素技術で協業 2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)の実現に向け、建設業界でネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)...

エコワークス、新築の光熱費削減 九電「昼トク」プラン標準提案 (2024/5/9 素材・建設・環境・エネルギー2)

太陽光発電で給湯器「エコキュート」を稼働させる設備も標準仕様としており、住宅購入者の光熱費削減に貢献する。 ... 逆に電力消費量が増える朝や夕方は高く設定されている。... 発電量...

ただ原子力発電所の再稼働が進まず、再生可能エネルギーも出力制御の問題を抱える。... 再生エネも、発電量と使用量を均衡させる出力制御を迫られ、電力を蓄えておく蓄電池の整備が待たれる。... 日本は石炭...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン