53件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

クラシエは太陽光に含まれる紫外線によって肌が老化するメカニズムを解明し、老化を防ぐためにビワの葉(写真)に含まれる成分が役立つことを明らかにした。... 活性酸素は健常な細胞に炎症を引き起こす成分を放...

【名古屋】日本メナード化粧品(名古屋市中区、野々川純一社長、052・961・3181)は、将来の皮膚の老化を予測する遺伝子領域を発見した。... ヒトゲノムの中には約1000万のスニップがあると推定さ...

東京大学医科学研究所の山田泰広教授らは、細胞老化による発がん抑制作用を解明した。皮膚や足に発生する「明細胞肉腫(CCS)」から作ったiPS細胞(人工多能性幹細胞)をもとにマウスを作製したところ、皮下組...

【名古屋】日本メナード化粧品(名古屋市中区、野々川純一社長、052・961・3181)は、皮膚組織のコラーゲンの構造をシンクロトロン光を使って生体に近い状態で解析する技術を確立した。 ...

肌の“光老化”を防ぐべく、各社はオールシーズンでの使用を呼びかける。... 日光は適度に浴びれば健康維持に役立つが、浴びすぎると肌の炎症や老化へとつながり、皮膚がんのリスクが高まるともいわれている。

昭和電工、保湿効果高めた化粧品原料開発 (2019/5/27 素材・医療・ヘルスケア)

皮膚に塗る実験で、水分を蓄える役割を持つ細胞間脂質・セラミドの産生を促進する効果を確認した。 ... 同原料を含む化粧水を皮膚に8週間塗布する実験では、これを含まない化粧水に比べセラ...

皮膚の若さが維持され、やがて老化する仕組みをマウスの実験で解明したと、東京医科歯科大学の西村栄美教授らが英科学誌ネイチャー電子版に発表した。... 西村教授は「皮膚の再生には幹細胞の中で17型コラーゲ...

アテニア/肌に潤いとはり 化粧品6点セット (2018/10/29 新製品フラッシュ1)

皮膚の老化防止を促す「サーチュライザーS6」を独自開発し、スキンケア商品に応用した。

【京都】アークレイ(京都市上京区、松田猛社長、050・5830・1000)は、皮膚老化や肝機能低下の一因となる糖化たんぱく質を分解する効果を持つ、糖化ストレス抑制素材を7月に発売する。... AGEs...

遺伝子操作や人工皮膚など、10―20年先を見据え画期的なイノベーションを目指す」と話す。 内閣府と経済産業省が3月に創設した「宇宙ビジネス投資マッチング・プラットフォーム(エス・マッ...

肌内部のハリ強度を可視化 資生堂が技術開発 (2018/4/17 建設・エネルギー・生活2)

30代から始まるハリの低下は、皮膚コラーゲンの約20―30%を占めるIII型コラーゲンの減少が原因だと判明。... シワやたるみなどの本格的な老化は、皮膚コラーゲンの約70―90%を占めるI型コラーゲ...

糖質制限が老化促す 東北大、マウスで確認 (2018/3/19 科学技術・大学)

東北大学大学院農学研究科の都築毅准教授らは、糖質を抑えた糖質制限食を食べ続けると、体の老化を促し、健康に影響をもたらす恐れがあることを示した。炭水化物を与えずにマウスを約1年間育てたところ、見た目や学...

他人から老けて見える原因になる顔のたるみは、重力によって皮膚が垂れ下がった状態だ。実際にどうすれば顔の老化を止めることができるか具体的な実践方法を提案している。... 化粧品業界に携わる身として美容手...

指先に光を当てることで、年齢に対する老化物質の蓄積度合いを1分以内に測定できる。... 肌の日焼けなどによる影響を除外しつつ、指から反射した光から老化物質の蓄積を測定する。... 過剰に糖分を摂取する...

現地の研究を通じて老化メカニズムをはじめ皮膚科学研究を進展させ、化粧品技術の知見を「スキンケアやエイジングケア化粧品などに応用する」(同社)という。

ドクターフィル、エイジングケア化粧水 今秋投入 (2017/7/20 建設・エネルギー・生活1)

新商品は、皮膚科学研究に基づく成分を採用した2層タイプのローション。体内の主要なアミノ酸の一種である「ヒスチジン」などの保湿成分が、外的ストレスによる細胞の分裂能力の低下を抑えて細胞の老化を防ぎ、ハリ...

人の皮膚の構成要素である肌の一番外側の「表皮層」と、その下の「真皮層」に働きかける。... 皮膚の表皮層に存在する「表皮幹細胞」は、肌の新陳代謝の源となる。... ナノアスタキサンチンCP+は真皮層に...

花王はシワやたるみといった肌の老化について、肌内部のヒアルロン酸の代謝バランスに崩れが生じることが要因のひとつだと突き止めた。... これにより、皮膚中のヒアルロン酸成分が減少してバランスを崩し、老化...

3HBが老化した皮膚細胞において細胞の活性化や美白、保湿効果が期待できることを確認し、化粧品市場に活用できると判断した。... 大ガスは世界で初めてケトン体の皮膚アンチエイジング効果を発見した。自社の...

同社はヒト皮膚線維芽細胞から、老化をリセットしたiPS細胞を作製。老化の目印となる染色体のテロメアの状態も、若返ることを明らかにした。 ... しかし化粧品会社としては、光や酸素によ...

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる