8件中、1ページ目 1〜8件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

【京都】アークレイ(京都市上京区、松田猛社長、050・5830・1000)は、皮膚老化や肝機能低下の一因となる糖化たんぱく質を分解する効果を持つ、糖化ストレス抑制素材を7月に発売する。... AGEs...

乾燥肌の女性や光皮膚老化モデルでの試験などにより、アロエステロールが皮膚真皮内の線維芽細胞に直接働きかけ、コラーゲンやヒアルロン酸の産生を増やすことを確認した。... 試験は乾燥肌の女性への摂取試験と...

森下仁丹は九州大学との共同研究でザクロ由来のポリフェノール成分の機能として皮膚老化や脂肪肝を抑制することを発見した。... このたび同エキスの皮膚細胞でのサーチュイン遺伝子活性化作用を確認した。

カネボウ化粧品は東海大学医学部と共同で、紫外線を長時間浴びて進行する皮膚老化(光老化)による真皮組織変化を評価する客観的な指標を確立した。... さらに光老化の初期段階では真皮深部でエラスチンが変質し...

AGEの増加が皮膚のハリや弾力性の低下、黄ぐすみといった皮膚の老化に影響するという。... 今回の研究により角層でのAGEの増加が角層内水分量を減少させ、老化皮膚の特徴である表面のゴワつきや硬化に関与...

皮膚中に蓄積することで肌の張りや弾力の低下につながるとされる糖化コラーゲンにみられるカルボキシメチルアルギニン(CMA)を指標にした新評価法を確立し、同エキスがCMAの産生抑制に効果があることを発見。...

【京都】アークレイ(京都市中京区、土井茂社長、050・5527・9301)は、皮膚老化の一因となるコラーゲンと糖分の結合を防ぐ、抗糖化作用を持つ健康食品素材「AGハーブMIX」を拡販する。

ガルデルマ(東京都新宿区、ウンベルト・アントゥネス社長、03・5229・6955)は、ニキビ治療薬「ディフェリン」を販売する塩野義製薬との共同販促が本格化することに合わせ、皮膚科学領域専門の医薬情報担...

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる