618件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.012秒)

ソニー製の相補型金属酸化膜半導体(CMOS)イメージセンサー「STARVIS(スタービス)」を搭載した。

ソニーが、長崎県諫早市に建設中の相補型金属酸化膜半導体(CMOS)イメージセンサー製造棟の稼働を2021年秋に始める計画が分かった。... 大口顧客だったファーウェイは米トランプ政権の制裁により半導体...

キヤノン/高性能CMOSセンサー4種 (2020/10/26 新製品フラッシュ2)

キヤノンは相補型金属酸化膜半導体(CMOS)センサー全4種類を10月下旬に発売する。

キヤノン、2億5000万画素半導体センサー発売 (2020/10/20 電機・電子部品・情報・通信1)

キヤノンは19日、同社製の相補型金属酸化膜半導体(CMOS)センサーで最多となる約2億5000万画素の「LI8020SAC=写真」など全2種類を10月下旬に発売する。

半導体 ファーウェイ追加規制響く 米中摩擦の激化が半導体の事業活動を阻害している。... 相補型金属酸化膜半導体(CMOS)イメージセンサー世界最大手のソニーはファーウェイ向けの売り...

安価で量産できるシリコン相補型金属酸化膜半導体(CMOS)プロセスで製造できる。

青木製作所、4K防水・防振アクションカメラ発売 (2020/9/23 電機・電子部品・情報・通信)

1300万画素の相補型金属酸化膜半導体(CMOS)センサーを搭載。

相補型金属酸化膜半導体(CMOS)イメージセンサー世界最大手のソニーはすでに影響が顕在化。... NAND型フラッシュメモリー世界大手のキオクシア(旧東芝メモリ)も打撃を受けるが、年末発売のソニーなど...

キヤノンMJ、手のひらサイズの望遠鏡型カメラ (2020/9/11 電機・電子部品・情報・通信)

キヤノンマーケティングジャパン(MJ)は10日、焦点距離が最大800ミリメートル(35ミリメートル判換算)で手のひらサイズの望遠鏡型カメラ「パワーショットズーム=写真」をクラウドファンディングサイト「...

キヤノン/高感度・低ノイズCMOSセンサー (2020/8/24 新製品フラッシュ2)

キヤノンは相補型金属酸化膜半導体(CMOS)センサー「LI7050」を10月下旬に発売する。... センサー受光面は対角9・03ミリメートル(1・8分の1型)で外寸は縦13・3ミリ×横16・...

発売するのはシャッター付きの「CR―8500A=写真」、シャッターなしの「CR―8600A」のカメラ2機種と、7型ワイドHD対応モニター「CJ―7800A」。 HDカメラは100万画...

そこでは相補型金属酸化膜半導体(CMOS)センサーや顕微鏡から離れ、すぐ形にできる乗り物の製品化を考えた」 ―パラサイクルとはどんな製品ですか。

キヤノン、高感度CMOSセンサー開発 低照度で鮮明動画 (2020/7/24 電機・電子部品・情報・通信)

キヤノンは、高感度な相補型金属酸化膜半導体(CMOS)センサー「LI7050=写真」を開発した。センサー受光面の大きさが対角9・03ミリメートル(1・8分の1型)、画素サイズが1辺4・1マイクロメート...

主力の相補型金属酸化膜半導体(CMOS)イメージセンサーに次ぐ事業の柱に育成する。

キヤノン、8K動画カメラ (2020/7/10 電機・電子部品・情報・通信)

有効画素数約4500万画素の新開発の相補型金属酸化膜半導体(CMOS)センサーを搭載。

竹中システム機器、高解像度スキャンカメラ (2020/7/8 電機・電子部品・情報・通信1)

1万6372画素の相補型金属酸化膜半導体(CMOS)リニアイメージセンサーを載せた高解像度・高速走査の同カメラで、産業用カメラの主流インターフェース規格「カメラリンク」に対応した。

池上通信機、ヘリ空撮用小型4Kカメラ開発 (2020/5/21 電機・電子部品・情報・通信2)

全画素を同時に露光するグローバルシャッター方式を採用した相補型金属酸化膜半導体(CMOS)センサーを使用し、従来のローリングシャッター方式で生じる映像歪みを抑えた。

ニュース拡大鏡/化学、センサー関連技術の開発加速 (2020/4/22 素材・医療・ヘルスケア)

超小型の膜型表面応力センサー(MSS)を用いた嗅覚センサーを清酒タンク上部に設置し、24時間データを収集。... MSSは「感応膜」で香りやにおいの元となる多様なガス分子を吸着して検知する仕組み。.....

キヤノンは、新開発の相補型金属酸化膜半導体(CMOS)センサー「DGOセンサー」を搭載したシネマ用カメラ「EOS C300 MarkIII=写真」を6月下旬に発売する。

ミカサ商事、水晶発振器用IC会社買収 (2020/4/21 電機・電子部品・情報・通信1)

インターチップは、水晶発振器に使う相補型金属酸化膜半導体(CMOS)構造のICの設計・開発を手がける。... ミカサ商事は半導体デバイスや電子部品などを扱うエレクトロニクス商社。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる