103件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

ニコンは、眼底の約80%の領域の画像と任意の位置の断層画像を1台で撮影できる超広角走査型レーザー検眼鏡「)Silverstone(シルバーストーン)=写真」を4月1日から発売する。

同社はスコットランドに眼底カメラの製造拠点もあるが、現時点では通常通り稼働している。

ニコンは全自動で撮影が可能な眼底撮影装置「RetinaStation(レチナステーション)」を発売する。... 健診施設などで眼底撮影に慣れない医療従事者でも簡単に使用できる。1200万画素の解像度で...

キヤノンは、眼底の3次元(3D)画像を広範囲かつ深部まで撮影できる光干渉断層計「OCT―S1」を24日に発売する。... 眼底網膜画像や眼底の血管形態を描出したOCTA画像を撮影でき、網膜の奥の病変を...

ニコンは全自動で撮影が可能な眼底撮影装置「RetinaStation(レチナステーション)=写真」を11月上旬に発売する。... 健診施設などで眼底撮影に慣れない医療従事者でも簡単に使用できる。......

犬の眼科診察サポート メニコン、医師用ウェブサービス (2019/10/1 素材・医療・ヘルスケア)

獣医師が撮影した犬の眼底画像をシステムに取り込むと、人工知能(AI)が可能性のある異常所見を提示する。... 動物用眼底カメラ(写真)で撮影した画像を元に、AIが典型的な眼科所見画像との類似性を2―3...

【名古屋】ニデック(愛知県蒲郡市、小沢素生社長、0533・67・6611)は、眼底撮影装置「共焦点走査型ダイオードレーザ検眼鏡ミランテ=写真」を発売した。... 眼底にある網膜の異常部位を特定するため...

トプコンの開発した3次元眼底像撮影装置「3D OCT―1 Maestro」と無散瞳眼底カメラ「TRC―NW400」は眼球を鮮明な画像で撮影、異常を発見する。... 患者の眼底画像を自動で撮影し、得られ...

解析する項目は可視的およびX線による形態解析をはじめ、行動、感覚器(聴覚、眼底検査)、血算・血液生化学、代謝系(骨密度、体脂肪率や腹腔内ブドウ糖負荷試験)、心電図、剖検など多岐にわたっている。

キヤノン/網膜の断層面、短時間で鮮明描出 (2019/5/13 新製品フラッシュ2)

人工知能(AI)による深層学習(ディープラーニング)技術により、1回のスキャンで高精細な眼底の血管形態画像を生成可能にした。処理演算に高性能の画像処理半導体(GPU)を用い、断層像から眼底の血管像を描...

画像処理技術「Intelligent denoise」により、従来は複数回の撮影と平均化が必要だった眼底の血管形態の画像を1回のスキャンで鮮明に生成でき、検査を効率化できる。... 高性能の画像処理半...

ニコンヘルスケアジャパン(東京都品川区、川辺憲一社長、03・3773・8110)は、眼底の約80%の領域の画像などを捉えられる超広角走査型レーザー検眼鏡「Monaco(モナコ)=写真」を発売した。眼底...

進化する医療機器(7)AI診断支援 (2019/2/21 ヘルスケア)

医師がIDx社のサーバーに眼底画像データを送ると、IDx―DRが糖尿病網膜症の有無を判断する。

中国政府は予防検診や地方医療の強化、医療機関の整備など医療サービスの近代化を進める方針を打ち出し、近年では眼底スクリーニングや人工知能(AI)診断支援などのアイケア分野への投資を活発化させている。&#...

トプコン、眼底カメラ独占供給 米AI診断システムに (2018/10/24 素材・ヘルスケア・環境)

眼底画像から糖尿病による失明のリスクを検出する自律型AIシステムで、米国食品医薬品局(FDA)が今春に世界で初めて認証した。... トプコンは今回の契約で米国における眼底カメラで初年度1000台の販売...

欧州では眼底像の撮影や遠隔地の眼科医に診療を依頼するビジネスが広がっている。

(76年1月21日撮影) ■キヤノン―無散瞳眼底カメラ「CR―45NM」 散瞳剤不要のキヤノン無散瞳眼底カメラ「CR―45N...

欧米では「オプトメトリスト(検眼医)」と呼ばれる専門医が眼科医療の一翼を担い、眼底カメラや光干渉断層計(OCT)を使って検査を手がける。

OCTは眼底に赤外線を当てることで眼球の底の網膜の断面を撮影し、カメラなどによる眼底検査では難しい網膜のむくみや出血量などを測定する。... 同社は眼科用医療機器分野ではこれまで眼底カメラや、眼内レン...

ニコンは2020年にも人工知能(AI)を活用した眼底カメラの新興国モデルを投入する。... ニコンの眼底カメラは現在1000万円台の高付加価値モデルが中心で、販売先の大半は米国だった。半導体製造装置な...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる