電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

34件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

不断 デジタル人財育成(21)キヤノンMJ グループ全社でDX検定 (2023/9/27 電機・電子部品・情報・通信2)

知識共有の機運醸成 キヤノンマーケティングジャパン(MJ)はプリンターやカメラといったキヤノン製品の販売・保守から、ITソリューション企業への転換を図っている。キヤノ...

一方で、グローバルノースの個々の分野の主に男性の専門家が担ってきた科学と政治との従来の対話は見直して、より双方向で多分野にまたがった科学と政治と社会の対話に拡大すべきであるとし、SDGsに関する結果重...

アズビル、インド工科大とデジタル研究で覚書 (2023/5/25 機械・ロボット・航空機2)

共同学術活動、デジタル化促進プロジェクト、専門知識と人材の相互提供、科学、技術、工学、数学分野の人材育成を予定する。研究開発と知識共有の進展が目的で、同校の学生がオートメーションの先進技術、現場経験を...

同大学の内平直志教授の研究グループがマイクとスマートフォンで収集した音声をテキスト化、加えて写真も共有できる「音声つぶやきシステム」を用いた。実績のある介護分野や農業分野での研究成果を取り入れて、Io...

生産計画、必要な知識共有 さまざまな業界でデジタル化が推進される昨今、製造現場においては、工作機械や搬送装置などの工場自動化(FA)機器の稼働データや多様な種類のIo...

3つの柱、正しい知識共有 今から約25年前、橋本龍太郎内閣時代に食育の必要性を伝えた。... 物差しとなるのが個々の食材に関する正確な知識であり、それが選食力となる。...

その結果、大学全体の業績は、URAが「知識を共有できている職場環境」の大学で高くなる関係を確認した。中でも外部研究資金のうち共同・受託研究の件数・金額はいずれも、知識共有環境では大きく増え、知識共有で...

インタビュー/CTC社長・柘植一郎氏 新中計アクセル (2021/8/23 電機・電子部品・情報・通信)

顧客ニーズを把握するフロント事業間の情報・知識共有を進め、事業創出を加速させる」 ―IT業界でもデータセンター(DC)の二酸化炭素(CO2)排出量削減...

DXの先導者たち(23)コージェントラボ (2021/3/18 電機・電子部品・情報・通信2)

自然文の内容から回答を瞬時に提示することができるため、組織内の知識共有を促進できる。

展望2021/NTTデータ社長・本間洋氏 デジタル組織5000人に増員 (2021/1/25 電機・電子部品・情報・通信)

『グローバルワンチーム』で、知識共有・創造も強化したい」 ―デジタル人材の育成も推進しています。 ... デジタルとグローバル両方の対応力を高めるため、コロナ禍では...

業種・業界ごとの業務フローに関する知識を生かし、「業務改善から設計、開発、運用支援まで自社一貫体制で支援できるのも強み」(三由部長)となっている。 顧客に最適なRPA...

国内のシステムインテグレーター企業と協力し、産業用接続機器など同社製品の技術的な知識・ノウハウを共有。

【データ知識融合】 一般に知識を共有するために、テキストで書かれたマニュアルが用いられている。... これにより、知識と経験の共有だけでなく、AIによる教育支援・リスク低減支援や業務...

古典解読を加速し、古典を活用した「歴史ビッグデータ」の情報共有基盤の構築を目指す。 ... コンテストを通じ、研究者の連携や知識共有を図り、新たなアルゴリズムを開発する。

経験豊富な経営者のノウハウや成功や失敗の事例などを会員企業が共有し、会員各社の一体感も醸成する。 ... 会員企業の社員の技能や知識を底上げし、各社が課題とする技術者不足の解決につな...

C&Gシステムズ、金型工程管理システム刷新 製造現場を体系化 (2018/5/21 機械・ロボット・航空機1)

将来は人工知能(AI)の導入で不良品発生の防止やノウハウ継承によるナレッジマネジメント(知識共有)も可能にする。

今後は社内のナレッジ(知識)共有も重要だ」 【記者の目/横展開に注力】 18年に100周年を迎える関西ペイント。

全国47都道府県に設置した「知財総合支援窓口」の実効性を高めるKPI(成果目標)を全国、地域レベルで設定し、PDCAサイクルの中で成功事例も共有する。... IoTやAI、ビッグデータ...

仮説に基づく処理を行うごとに、知識を取得、学習し、より賢くなっていく自己学習型コンピューターだ。 ... 【名医の知識共有】 ワトソンにより、世界の名医の知識とノウ...

システム開発の現場は人材不足や技術の高度化を克服するため、知識や経験の共有が欠かせなくなっている。... このため競争力を高めるためには、SE間の情報共有やノウハウの補完などが求められている。 ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン