電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

3,247件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

5月のエチレン稼働率、1.2ポイント減 22カ月連続で90%割れ (2024/6/18 素材・建設・環境・エネルギー1)

石油化学工業協会(石化協)が17日に発表した5月の国内エチレン製造プラント稼働率は、前年同月比1・2ポイント減の80・2%だった。

石油化学などを手がけるマテリアル領域の中でデジタルソリューション事業は重点成長分野と捉え、2030年度をめどに売上高を22年度比約2・5倍の3000億円に引き上げる目標を掲げる。

旗振り役担う 住友化学が2024年春季労使交渉(春闘)で、基本給を底上げするベースアップ(ベア)を1万円とすることで労働組合と妥結したことが分かった。...

誘導品絞り込み 三井化学は石油化学関連を手がけるベーシック&グリーン・マテリアルズ(BGM)事業について2025―26年度をめどにコア営業...

アジアの石油化学が岐路に立っている。... 5月末に韓国ソウルで開催した石化の国際会議「アジア石油化学工業会議(APIC)2024」でホスト国を務めた韓国石油化学協会のシン・ハクチョル...

三菱化工機、GFRP製品に参入 (2024/6/11 機械・ロボット・航空機2)

東総はGFRPによる耐食容器や化学機器の設計・製作・施工などを手がけ、2024年3月期の売上高は18億円。三菱化工機は石油化学、半導体、水処理プラントなどのエンジニアリング事業で東総のGFRP製品を使...

新役員/UBE 執行役員・吉田洋一氏ほか (2024/6/6 素材・建設・環境・エネルギー1)

研究開発のトップとしてスペシャリティー化学事業を支える次のコアコンピタンス(中核となる能力・技術)創出に挑む。... 宇部に加え、千葉の石油化学工場でも経験を積んだ。... スペシャリ...

三井化、成長領域を強化 石化関連の構造改革加速 (2024/6/5 素材・建設・環境・エネルギー1)

三井化学は成長回帰に向けた施策を実行する。収益拡大に向けた成長領域の強化と、石油化学関連の構造改革に取り組む。... また京葉地区における住友化学、丸善石油化学との連携では「出光を含めた4社で進めてい...

国内外で需要低迷続く 化学製品の基礎原料となるエチレンの生産状況は引き続き振るわない。... 石油化学工業協会が5月下旬に発表した4月の国内エチレン製造プラント稼...

東ソー、高機能材軸に成長 石化は脱炭素に活路 (2024/6/5 素材・建設・環境・エネルギー2)

一方で石油化学事業やクロル・アルカリ事業といった「コモディティ」分野は、事業環境の変化に対応する施策を25年度からの次期中期経営計画で打ち出す考えだ。... また、全自動化学発光酵素免疫測定装置「AI...

環境市場形成へ各国協力を 石化協会長、ソウルで呼びかけ (2024/6/3 素材・建設・環境・エネルギー)

石油化学工業協会の岩田圭一会長(住友化学社長)は、韓国ソウルで開催した「アジア石油化学工業会議(APIC)2024」でスピーチし、持続可能な時代の実...

アジア各国の石油化学会社の経営層らが一堂に会すアジア石油化学工業会議(APIC)が30日、韓国のソウル市で開幕した。石油化学業界を取り巻く環境や各国の市場状況、カー...

ロッテケミカルの石油化学拠点で生産に使うC4原料を安定的に調達でき、三菱ケミカルグループのMMA技術を活用できる点が強みだ。 ... 一方でMMA関連は足元の需要は好調だが、石油化学...

さあ出番/日鉄ドラム社長・近松幸士郎氏 ドラム缶、品質に磨き (2024/5/29 素材・建設・環境・エネルギー1)

需要の8割を占める石油化学業界は中国の台頭に伴い、再編は必至だ。ただ高機能化学品にシフトしており、ドラム缶業界にとって「脅威と機会が同時に存在する」という。

石油化学プラントや工場などの保守効率向上と点検作業員の業務改善を支援する。 石油化学プラントや工場では火災の原因となる可燃性ガスなどの漏えいを防ぐため、配管の継ぎ手部分など漏えいの可...

石油化学工業協会(石化協)は23日、岩田圭一会長(66、住友化学社長)の後任に工藤幸四郎副会長(64、旭化成社長)を推薦すると発表し...

4月のエチレン稼働率、2.1ポイント減 21カ月連続90%割れ (2024/5/24 素材・建設・環境・エネルギー)

石油化学工業協会(石化協)が23日発表した4月の国内エチレン製造プラント稼働率は、前年同月比2・1ポイント減の82・4%だった。... 岩田圭一会長(...

89兆9000億円(22年)の石油化学産業、77兆円(同)の半導体産業よりも規模が大きい。

CFP、廃プラ再生で新団体 石化・商社など17社参画 (2024/5/22 素材・建設・環境・エネルギー1)

石油化学メーカーやプラスチックを大量に使う製造業、商社などが参加。... CFPが設立する「サーキュラーリソースプロジェクト」は旭化成や三井化学をはじめ、プラスチックを大量に使う化学品や電線のメーカー...

石油化学コンサルタント会社のクリークス(横浜市中区)の小川博之代表は2月の大きな値動きについて「(円安など)為替の影響もあるが、地政学リスクに伴う原油価格高等が要因」と...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン