電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

495件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

化学大手、DX活発化 生産現場を効率化 (2024/4/2 素材・建設・環境・エネルギー1)

(山岸渉) 化学工場は基本的に24時間稼働で運営されており、日本化学工業協会や石油化学工業協会など化学系団体は安全・安定稼働を最重要テーマとして掲...

エチレン稼働率、2月0.1ポイント減 90%割れ19カ月連続 石化協まとめ (2024/3/22 素材・建設・環境・エネルギー)

石油化学工業協会(石化協)が21日発表した2月の国内エチレン製造プラント稼働率は、前年同月比0・1ポイント減の80・7%だった。... 岩田圭一会長(...

底打ち感も環境厳しく 化学製品の基礎原料となるエチレンは、予断を許さない事業環境が続いている。石油化学工業協会(石化協)の統計によると、2023年(1―12月...

エチレン設備稼働率、1月80% 石化協まとめ (2024/2/23 素材・建設・環境・エネルギー)

18カ月連続90%割れ 石油化学工業協会(石化協)が22日発表した1月の国内エチレン製造プラント稼働率は、前年同月比0・9ポイント減の80・3%だった...

「2023年12月統計では4大樹脂中、3樹脂の国内出荷が前年同月比プラスになるなど、24年は需要拡大が期待できる」と話すのは、石油化学工業協会会長(住友化学社長)の...

12月のエチレン生産、設備稼働率80% 17カ月連続90%割れ 石化協まとめ (2024/1/26 素材・建設・環境・エネルギー)

石油化学工業協会(石化協)が25日発表した2023年12月の国内エチレン製造プラント稼働率は、前年同月比1ポイント減の80・4%だった。... また、化学品...

2024年、大手化学メーカーの石油化学事業の再編論議が加速しそうだ。... 石油化学工業協会(石化協)の統計によると23年11月のエチレンプラント稼働率は84・1&...

11月のエチレン生産、設備稼働率84% 4カ月連続80%台 石化協まとめ (2023/12/22 素材・建設・環境・エネルギー)

石油化学工業協会(石化協)が21日発表した11月の国内エチレン製造プラントの稼働率は、前年同月比1・9ポイント増の84・1%だった。

2024年 賀詞交歓会 (2023/12/18 賀詞交歓会)

(15日現在) 団体名 日時(1月) 会場(所...

化学製品の基礎原料であるエチレンは川上の産業だけに、市況に左右される部分が大きい。... それでも稼働率70%台が続いた6、7月と比べて「低いながらも(稼働率は)上がってきてい...

エチレン稼働率、10月82% 世界経済低迷響く (2023/11/23 素材・建設・環境・エネルギー)

石油化学工業協会(石化協)が22日発表した10月の国内エチレン製造プラントの稼働率は、前年同月比2・2ポイント減の82・6%だった。... 稼働率70...

石化協、23年版基礎データ集発行 (2023/11/22 素材・建設・環境・エネルギー2)

石油化学工業協会(石化協)は、石化産業の基礎データをまとめた冊子「石油化学工業の現状2023年」を発行した。

安全操業で川上支える 石化協が保安推進会議、事故防止・意識向上図る (2023/10/31 素材・建設・環境・エネルギー2)

石油化学工業協会が会員に対し、安全活動の共有と重要性の再認識を促している。... 保安の事例では住友化学、ENEOS、KHネオケムの3社が登壇。... 住友化学の大阪工場(大阪市此花区)...

経営ひと言/丸善石油化学・馬場稔温社長「安全を守る」 (2023/10/25 素材・建設・環境・エネルギー2)

「コロナ禍からの再開後、見学者が増えてきている」と語るのは、丸善石油化学社長(石油化学工業協会副会長)の馬場稔温さん。... 見学に際し、「石油化学のダイナミズムと...

エチレンプラント、9月も低稼働 2カ月連続80%台 石化協まとめ (2023/10/20 素材・建設・環境・エネルギー)

石油化学工業協会(石化協)が19日発表した9月の国内エチレン製造プラントの稼働率は、前年同月比1・5ポイント減の81・6%だった。

丸善石化、千葉エチレン高付加価値化 設備再編で最適生産 (2023/10/19 素材・建設・環境・エネルギー2)

新規事業の創出探る 丸善石油化学は化学品原料など川上の競争力強化に注力する。... ナフサ分解から出発し、多様な化学製品の原料になる基礎化学品を供給。... (大川諒介...

経営ひと言/石油化学工業協会・岩田圭一会長「世界経済を注視」 (2023/10/11 素材・建設・環境・エネルギー)

「石油化学産業はサプライチェーン(供給網)の上流であり、マクロ経済の影響が非常に大きい」と説明するのは、石油化学工業協会会長で住友化学社長の岩田圭一さん。 ...

「自動車関係は明るい兆しだが、住宅は一戸建てを中心に厳しい」と石油化学製品の市況要因について話すのは、石油化学工業協会副会長で旭化成社長の工藤幸四郎さん。

8月のエチレン生産、設備稼働率79% 3カ月連続80%割れ 石化協まとめ (2023/10/2 素材・建設・環境・エネルギー)

石油化学工業協会がまとめた8月の国内エチレン製造プラントの稼働率は、前年同月比6・0ポイント減の79・8%だった。... 岩田圭一会長(住友化学社長)は「当...

中国経済の回復遅れ影響 化学製品の基礎原料であるエチレンの需要が引き続き振るわない。石油化学工業協会(石化協)が24日発表した7月の国内エチレンプラントの稼...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン