501件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

主要産油国が5月から7月にかけて減産を段階的に縮小すると決めて需給緩和が意識されたが、最大消費国である米国の経済指標の改善が相場を下支えしている。... 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の...

石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国(OPECプラス)が4月も協調減産の枠組み維持を決定したほか、サウジアラビアの日量100万バレルの自主減産継続が好感された。 最大の...

【米寒波も影響】 石油化学コンサルティングのクリークス(横浜市中区)によれば、「特に中国や東南アジアの石油化学メーカーの需要が高まっている」という。... 石油輸出国機構(OPEC)...

来週開催の石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国(OPECプラス)の会合では、5月以降の減産方針が協議される見通し。... 足元では、欧州で新型コロナ変異種感染が広がっているほか、世界第3位の石油消...

WTIは、4月1日に開かれる「石油輸出国機構(OPEC)プラス」の閣僚級会合を控え、様子見となっている。

主要産油国が4日に協調減産の枠組みを4月も維持すると決めたことが好感された。... 主要産油国の協調減産幅体制の維持に加え、7日に親イランの武装組織がサウジアラビアの石油施設を攻撃したと伝わったことも...

サウジのヤマニ元石油相が死去 (2021/2/25 総合2)

73年の第4次中東戦争ではアラブ諸国と敵対するイスラエルを支持した欧米に対し、石油輸出国機構(OPEC)による供給制限を主導。第1次石油危機を招いた。米企業などの傘下にあったサウジ石油産業の国有化を推...

足元では、石油輸出国機構(OPEC)などが4月以降に協調減産幅を縮小するとの観測があるが、需要回復期待もある中で下値は限定されそうだ。3月上旬の産油国会合が焦点となるが「減産縮小でも50ドル台後半は維...

THIS WEEK (2021/2/8 総合2)

8日(月)友引 ■政治・経済 ▽1月の貸出・預金動向(日銀) ▽1月の景気ウオッチャー調査(内閣府) ▽20年と12月の国際収支(財務省) ▽燃料アンモニア導入...

【モスクワ=ロイター時事】ロシア石油生産の中心地、西シベリアのハンティ・マシン自治管区当局者は、ロイター通信に対し、国際的な協調減産合意を受けて減らした生産分を回復させる準備が整っていると明らかにした...

商品トレンド/ガソリン 8週連続値上がり (2021/1/27 金融・商品市況)

さらに、石油輸出国機構(OPEC)や非OPEC産油国が日量720万バレルの減産規模を小幅に縮小することで合意したが、サウジアラビアは自主的に2―3月に日量100万バレルの追加減産を表明し、相場を下支え...

ただ新型コロナウイルス感染症拡大を受け、米当局が2021年の世界の石油需要見通しを5カ月連続で下方修正するなど、予断の許さない状況は続いている。 ... 同日には、石油輸出国機構(O...

石油輸出国機構(OPEC)に主要産油国を加えた「OPECプラス」の協調減産をはじめ、新型コロナウイルス感染症の拡大による需要低迷が影響した。

大阪地域では商社や問屋筋による共同輸出とともに、輸出専門業者の進出で毎月3万トン以上の輸出を実施。... 最大産油国の米国では、採算悪化に苦しむ産油企業が相場上昇に敏感に反応しそうなほか、財政が逼迫(...

【ロンドン=時事】石油輸出国機構(OPEC)は30日、テレビ会議で総会を開いたが、決定を持ち越した。... ロイター通信によると、1日に開催予定だったロシアなどの非加盟国も交えた「OPECプラス」の閣...

THIS WEEK (2020/11/30 総合2)

30日(月)先勝 ■政治・経済 ▽10月の鉱工業生産・出荷・在庫(経済産業省) ▽10月の商業動態統計(経産省) ▽10月の住宅...

今後も石油輸出国機構(OPEC)プラスの協調減産やコロナ禍などの影響を受けそうだ。 ... 韓国ロッテケミカルなど大手石油化学メーカーはこの時期に定期修理に入っている。 &#...

新型コロナ/OPEC、感染再拡大で石油需要を下方修正 (2020/11/13 建設・生活・環境・エネルギー)

【ロンドン=時事】石油輸出国機構(OPEC)は公表した月報で、今年の石油需要を下方修正した。... 一方、10月の加盟国の産油量は前月比1・3%増の2438万バレルだった。

また、相場上昇時には産油国が増産に動きやすいため、足元の価格下振れリスクの後退が、石油輸出国機構(OPEC)など主要産油国による協調減産の動向に与える影響も注目される。... 減産幅の据え置きは、産油...

国営石油会社は、主要港における原油輸出の不可抗力条項を解除すると発表し、4週間以内に産油量は日量100万バレルに達するとの見通しを示した。 ... 石油輸出国機構(OPEC)と非加盟...

おすすめコンテンツ

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

続・東京の長寿企業50社

続・東京の長寿企業50社

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる