1,485件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

エネルギーの脱ロシア依存を掲げ、ロシア産石炭、石油の禁輸を決めた。... 経済面ではエネルギー価格の高騰に伴う経済への悪影響というトレードオフ、エネルギー安全保障面では代替策が整わない中で禁輸・脱ロシ...

欧米では石炭火力発電の代替として新設が見込まれている。

環境エネ事業 新たな柱に 福助機工(兵庫県相生市、竹谷真也社長)は、石炭火力発電関連や船舶関連などの重工業向けに機械設備や部品などの販売・製作・設計...

日揮と旭化成、再生エネで水素→アンモニア 福島に実証設備 (2022/5/18 建設・生活・環境・エネルギー2)

アンモニアは安価な水素キャリアとして石炭火力発電での混焼・専焼や船舶燃料、ガスタービン発電での利用など今後の普及が見込まれている。

これまで石炭火力発電向けの製品が多かったが、6年ほど前から幅広い業界向けに事業を拡大。

同社は温室効果ガス排出量実質ゼロ達成に向け、バイオマス混焼による石炭火力の低炭素化や再生エネを拡大し、将来はCO2フリー水素発電を目指している。

G7の議長国・ドイツは、30年までの国内の石炭火力発電所の廃止を提案するとみられる。... 6月のG7は議長国・英国が主導し、排出削減対策がとられていない石炭火力への政府による新規の輸出支援を年内に終...

太陽光・風力・揚水発電・蓄電池・水素製造など 出光興産は年内に閉山する豪州の石炭鉱山跡地に、再生可能エネルギーや水素製造を行うエネルギーハブを構築する。... 現...

山口壮環境相は26日の閣議後会見で、5月下旬の主要7カ国(G7)気候・エネルギー・環境相会合に向けて議長国のドイツが2030年までの国内の石炭火力発電所の廃止を共同声明原案に盛り込む方...

PJBは同国東部を営業地域とする発電事業会社で、同社のグレシック火力発電所で実証する。... IHIは国内の石炭火力発電所で混焼実証中で、その知見の活用も視野に入れる。 ....

PJBは同国東部を営業地域とする発電事業会社で、同社のグレシック火力発電所で実証する。... IHIは国内の石炭火力発電所で混焼実証中で、その知見の活用も視野に入れる。 ....

カーボンニュートラルにより石炭火力発電への逆風が強まり、電力の安定供給の点でも原子力の必要性が高まっている。

重工業大手はガス火力発電のガスタービンなどの機器を手がける。... LNGは石炭よりも環境負荷が小さく、当面は主要エネルギーであり続ける。... 水素のガス火力発電への混焼や、石炭火力発電へのアンモニ...

このため有識者で構成する委員会で、10月までに、同市にある石炭火力への対応も含めた事業計画をまとめる。

ロシア産石炭の輸入について欧州連合(EU)が禁止を決めたのに続き、世界第3位の石炭輸入国である日本も段階的な廃止を表明し、需給のタイト化が意識された。... 発電会社は代替調達の確保に...

常に非常時と考えれば、選択肢を持つことが現実的だ」 「アンモニアについては、石炭火力発電への混焼比率を上げ、最終的に専焼を目指す。JERAとの碧南火力発電所(愛知県碧南市&#...

加えて、石炭火力発電所の廃止などで電力供給力は低下、停電リスクが高まっている。

東京海上HDは石炭火力発電所の新規保険引き受けを新設・既設を問わず原則行わない方針を20年9月に策定。

同町には大型石炭火力発電所があり、火力発電と共生したカーボンニュートラルの実現に向け、再生可能エネルギーを30年度までに町内の年間電力消費量の100%相当、50年度には300%導入する...

JERA、火力9基廃止 老朽化で再稼働困難 (2022/4/1 建設・生活・環境・エネルギー)

廃止したのは大井火力(東京都品川区・石油)1―3号機、横浜火力(横浜市鶴見区・LNG)5、6号機、知多火力(愛知県知多市・同)1―4号機。... JER...

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる