923件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

豪、20年の石炭火力発電が低水準 (2021/1/14 建設・生活・環境・エネルギー1)

豪州は2020年の石炭火力発電が約25年ぶりの低水準に落ち込んだ。... 東部電力市場で石炭やガスを使った発電による集中型の電力網から化石燃料と太陽光、風力、水力が混在する分散型の電力網に進化している...

大手電力各社は発電設備をフル稼働させ、使用率が99%に達したところもある。電源開発(Jパワー)は停止中の石炭火力発電の燃料に重油を使って発電するという異例の対応もとる。 ... 並行...

【重電 再生エネ投資が追い風】 脱炭素化の世界的な流れは火力発電への逆風となる。日立製作所は火力発電設備事業を三菱重工業へ売却したほか、東芝も石炭火力発電所建設の新規受注を停止した。...

にっぽん再構築/再生エネ、ビジネスチャンス (2021/1/1 電機・電子部品・情報・通信1)

石炭火力発電などに逆風が吹く一方で、再生可能エネルギーの普及拡大は強い追い風となる。... 電力の安定供給を維持するためには、火力など既存電力インフラの効率化も避けて通れない問題だ。 ...

中外テクノス、インドで環境計測 現法設立 (2020/12/21 機械・ロボット・航空機2)

インドの主力電源である石炭火力発電所の排ガス脱硫装置や微小粒子状物質(PM2・5)の測定などを行う。... インドでは23年までに既設の石炭火力発電プラント414基以上に脱硫装置を設置する必要がある。...

閉鎖となれば、州に電力を供給している石炭火力発電所にも閉鎖圧力が高まる。 州では、再生可能エネルギー源の電力供給が急速に増える一方、2017年にヘーゼルウッド石炭火力発電所が閉鎖して...

同社は事業活動による温室効果ガス排出量を2030年度までに19年度比28%削減し、販売した発電プラントが使われることでの排出量も同50%削減する目標を設定した。 ... 石炭火力発電...

検証2020/「脱炭素」の大波 エネ業界に対応迫る (2020/12/11 建設・生活・環境・エネルギー)

梶山弘志経済産業相が7月3日、非効率な石炭火力発電所の「2030年までにフェードアウト」を表明。... Jパワーは「古い石炭火力は30年にかけて順次退役する」(渡部肇史社長)検討を始めた。同時に石炭ガ...

住友商事の先輩の定年退職に合わせ「1990年代末に同国で手がけた石炭火力発電所に“集合”と国内外の関係会社の人に声をかけた」時のこと。

政府は今夏、非効率な石炭火力発電所のフェードアウト方針を打ち出しました。 「本質は高効率の石炭火力は使い続けるという意味で、世界は全く評価しないだろう。梶山弘志経済産業相は当時の記者...

出光興産、木質バイオマス量産 ベトナムで来春着工へ (2020/12/3 建設・生活・環境・エネルギー2)

出光興産は石炭火力発電のバイオマス混焼に用いる木質バイオマスの商業生産を2022年にも始める。... 石炭火力発電の混焼率20―30%程度を目指す。

IHI、インドネシアで他社製ボイラの改修受注 (2020/12/3 機械・ロボット・航空機2)

IHIはインドネシアで発電用ボイラの主要部の改修を受注した。... スマトラ島北部のパンカランスス石炭火力発電所で、主要部の過熱器を更新する。... IHIは、現地のスララヤ石炭火力発電所でも他社製ボ...

具体的には、自社で単独保有する石炭火力発電をゼロとするほか、水力、太陽光発電の利用などで製造のCO2排出を削減。

車谷暢昭社長は「2度C未満目標に即した脱炭素化では、石炭火力発電所建設工事の新規受注を停止し、30年度までに東芝のバリューチェーンを通じた温室効果ガス排出量を50%削減する」と強調する。 &#...

火力発電システムを展開する三菱パワー(旧三菱日立パワーシステムズ)の完全子会社化で同社のサービスとの相乗効果も狙う。環境面で石炭火力発電への逆風が強まる中、運転管理や保守のニーズの取り込みが欠かせない...

(浅海宏規) これまでモロッコにおける三井物産の電力事業は、11年に韓国・大宇建設と共同受注したジョルフラスファール石炭火力発電所内に5号機、6号機を建設し、14年に完工したのが始ま...

石炭火力発電に対する逆風も強く、IHIはCO2削減につながる技術を生かした新たなビジネスモデルの創出を目指している。 ... 生成したメタンを発電用燃料に利用できるため、CO2をリサ...

事業戦略として、石炭火力発電所建設の新規受注を停止する一方で、再生エネ分野を拡大する。

低コストでの安定稼働が見込める原子力発電所の再稼働が進まず、同様な利便性がある石炭火力発電所の大幅縮小も避けられない中で、将来にわたって電力を安定供給できる事業基盤の構築を促す。... 脱炭素社会の実...

2030年の非効率な石炭火力発電の休廃止、50年の温室効果ガス排出ゼロと、脱炭素化の波が経営を大きく揺さぶっている。... 非効率石炭火力の休廃止や、アンモニアや水素混焼などによる高効率化を進めるのと...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる