電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,220件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

JX石油開発は14年からテキサス州で、石炭火力発電所で回収したCO2を老朽化した油田に圧入・貯留することで原油を増産するプロジェクトに参画している。

石炭灰・廃コンクリでCO2吸収技術 中国電力が石炭火力発電で生じた石炭灰を環境修復材などに再製品化し、二酸化炭素(CO2)を削減する取り組みを強化している。... 中...

インタビュー/日機装社長・甲斐敏彦氏 脱炭素ポンプ開発 (2024/4/4 機械・ロボット・航空機2)

石炭火力発電への混焼向けに液化アンモニア用ポンプの開発を完了し、2026年にも投入する予定だ。... 原子力発電をどれほど活用するかという問題もあり、当面は石炭火力を廃止できないだろう。... 「JE...

駒ケ嶺地区の学校跡地活用2ヘクタールにも企業を誘致しており、用地造成を検討する」 ―町内に大型石炭火力発電所、ガス化複合発電所、液化天然ガス(LNG)基地があります。...

インドネシアの日系スタートアップ企業、サントモ・グリーン・パワー・マネジメント(ジャカルタ、山口隼太郎社長)は、同国東部のマカッサル市で、バッテリー交換式の電動バイク向けに太陽光パネル...

アンモニアを発電燃料にできても、調達できなければ意味がない。... ESGを担う人材については外部から積極的に採用し、当社にはないノウハウを得たい」 【記者の目/人材に依存...

JERAとIHI、アンモニア20%混焼 碧南石炭火力27年商用化 (2024/3/15 素材・建設・環境・エネルギー)

【名古屋】JERAとIHIは、燃料の20%をアンモニアとする石炭火力発電の実証実験を26日に始める。商用化に向けた最終段階として、碧南火力発電所(愛知県碧南市...

住友商事はIHIなどと共同で台湾の火力発電所でのアンモニア混焼に取り組む。... 住友商事はIHIや台湾の電力会社の台湾電力公司と共同で、30年末までに現地の石炭火力発電所でアンモニア混焼5%...

「石炭火力発電所は、欧米を中心に批判的な見方があるのは事実」と語るのは、国際協力銀行(JBIC)総裁の林信光さん。

【ローマ=ロイター時事】イタリアのピケットフラティン環境・エネルギー安全保障相は、国内の石炭火力発電所を2025年末までに廃止する目標に向けて注力していると議会で説明した。... 同氏は「25...

IHI、台湾でアンモニア混焼 30年めど5%超実証 (2024/3/6 機械・ロボット・航空機2)

IHIは住友商事、台湾の公営電力台湾電力と共同で、台湾電力の石炭火力発電所でのアンモニア混焼に向けた覚書(MOU)を結んだ。... 同発電所はIHI、住友商事が他社と共同で建設した。&...

石炭火力発電の新設需要減少などに伴い、ボイラに用いる微粉炭ミルなど鋳造部品の生産も縮小傾向にある。... 現在は微粉炭ミルや舶用ディーゼルエンジン部品などの鋳造品を手がけているが、石炭火力の新設案件が...

中国電力グループの石炭火力発電所で排出されるCO2を液化して海上輸送し、ガス埋蔵量が減退したマレーシア沖の地下層などに貯留する。... 電力業界では脱炭素電源の検討が進んでいるが、エネルギーの安定供給...

JERAなど、インドネシアの脱炭素化計画策定を支援 (2024/2/20 素材・建設・環境・エネルギー1)

インドネシアにおける2060年までのカーボンニュートラル(温室効果ガス〈GHG〉排出量ゼロ)達成に向け、電力需要予測や電源・系統計画、火力発電の脱炭素化技術の検討を進める。 &...

JERA、インドネシア社と協業 LNG調達・運用最適化 (2024/2/16 素材・建設・環境・エネルギー)

インドネシアは経済成長に伴う電力需要の増加が見込まれる一方、石炭火力発電への依存度が高く、電力需要増加に伴う温室効果ガス(GHG)排出量の増加が懸念される。LNGは石炭や石油に比べてG...

火力発電所などから排出されるCO2を分離回収する新材料の試験施設を建設する。... CO2回収は製鉄所や石炭火力発電所などで実用化が進む。天然ガス火力発電所やセメント工場などに広がろうとしており、回収...

ENEOS、大気中CO2回収実証 脱炭素後押し (2024/2/6 素材・建設・環境・エネルギー2)

「石炭火力発電所の排ガスの300分の1という低濃度CO2を回収する難しい技術」と先進技術研究所低炭素技術グループの高野香織マネージャー。

また近年、先進7カ国(G7)はCO2削減のためとして石炭火力発電を目の敵にしている。... 英国、ドイツ、米国など、欧米では石炭火力発電は軒並み減少してきたが、最大の理由は、天然ガス火...

インドからグリーンアンモニア購入、IHIが基本合意 (2024/1/29 機械・ロボット・航空機1)

アクメがインドで太陽光発電由来の電力で製造するグリーンアンモニアを2028年から年最大40万トン購入し、日本の発電など需要家に供給する計画。... また、JERAと共同で同社の愛知県碧南市の石炭火力発...

日機装は23日、石炭火力発電の混焼に用いる液体アンモニア用ポンプ(写真)を開発したと発表した。... 石炭火力やアンモニア受け入れ基地向けに提案し、必要な機器との一...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン