16,875件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

経営に貢献する発言の有無など取締役会の議事録も取り、意欲向上につなげる。... 【関連部門が支援】 新薬の創出を加速するため、研究開発体制をてこ入れしたのは大日本住友製薬だ。... ...

〈教育〉は業務推進部〈第二〉と統合(4)大阪支社業務局企画部に〈クロスメディア企画〉を新設(5)大阪支社業務局事業・出版部の2グループを統合 【人事】▽セミナー事業部長、営業推進プロ...

日本バルブ工業会はそれらの国内関係者で構成されています。... 沖田 つい最近も文部科学省の科学技術・学術審議会の下部に設置された「将来宇宙輸送機システム調査検討小委員会」という場でJAXAの取り組み...

「IOWN」会員募集 光通信基盤開発に参画 (2020/3/30 電機・電子部品・情報・通信)

一般会員向けの権利に加え、理事会に参加して投票できる資格と運営委員会のメンバーになる資格を持つ。 理事長にはNTTの川添雄彦取締役研究企画部門長が就任。... 理事会の運営を支援する...

新たにつくる研究会では、デジタル変革(デジタルトランスフォーメーション)とモノづくりの融合や特定分野の市場ニーズ探索に取り組む。新たな異業種交流会も始め、さまざまなテーマを設定して活動する。

東京都立産業技術研究センターが開発した自律移動案内ロボット「Libra(リブラ)」が、電気安全環境研究所(JET)の適合性評価を受け、安全性が証明された。公設試験研究機関として、安全性が証明された自律...

ロボットアプリケーション開発や実証実験の実施を目的とする「さがみはらHSR社会実装研究会」は、2019年度に開発した高齢者向け「バイタル測定アプリ」を公開した。... (相模支局長・石橋弘彰) ...

後者ではスウェーデン王立工学アカデミーのように議員との交流を日頃から積極的に行い、年に1回行う懇親会には120人程度の議員が参加し、これがスウェーデンの国会議員が議事堂以外で集まる最大の集会だといわれ...

大坪会長は「関西経済連合会との関係を強めたい。... 「JICAや関経連、調査研究機関のアジア太平洋研究所(大阪市北区)とパイプを太くしたい。連携のシナジーで中小企業からも『PREXに頼みたい』となれ...

中部電の地域密着の事業活動と、名城大の教育研究資源を活用した連携を進めて、地域社会の持続的な発展につなげる。... 具体的な活動内容は両者で構成する連携協議会を設けて検討する。

総務省が同日開いた「NTTグループにおける共同調達に関する検討会」の初回会合で明らかにした。... 情報通信審議会(総務相の諮問機関)は19年末、市場に与える影響が低くなったほか、調達コスト低減で消費...

第23回オゾン層保護・地球温暖化防止大賞 (2020/3/25 建設・生活・環境・エネルギー1)

【表彰】▽経済産業大臣賞(1点) ▽環境大臣賞(1点) ▽優秀賞(複数点) ▽審査委員会特別賞(必要に応じて) 【募集対象】オゾ...

同社が注力する感染症領域において、医薬品の研究開発ノウハウを診療計画の実施や結果解析に生かす。... 医師との診療協力や勉強会などを通じた人材交流のほか、高額な医療機器の共同利用、医学生の実習受け入れ...

内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、審査委員会特別賞の4件の詳細を4回にわたり紹介する。 ... 村田によるソニーの電池事業買収は2017年9月だが、全固体電池の基礎研究は10年から始ま...

安倍首相は23日の参院予算委員会で、IOCの判断に関してこう語った。... カナダのオリンピック委員会とパラリンピック委員会は22日(日本時間23日)、東京五輪が1年延期されなければ選手の派遣を拒否す...

例えば基礎研究について「大切だが、やはり最後は人の役に立たてるかどうかを考えるように」と書いている。... また「基礎研究とはそれまでの考えをがらっと変える、新しいものを生み出すもの」「基礎研究に取り...

日立ソリュ、原産地証明書を管理 クラウドで効率化 (2020/3/23 電機・電子部品・情報・通信)

日立ソリューションズは2016年9月から政府や企業で組織する「FTA戦略的活用研究会」に参画。

震災後の2013年、福島県で毎年開催される医療機器関連産業展示会「メディカルクリエーションふくしま」での出会いをきっかけに、会津若松市でサービスロボットの研究開発を行うアイザックとクローラロボットの開...

(総合1参照) 小林慶一郎東京財団政策研究所研究主幹、佐藤主光一橋大学国際・公共政策研究部教授ら経済学者有志が18日に発表した緊急提言では、「給付は本当に困っている人に重点化すること...

しかし、積水ハウスがキッズデザイン戦略の推進に当たりユニバーサルデザインの中身を改めて検証した結果、シニア世代に向けた対策には力を入れている一方で、子どもの研究が不十分なことが判明した。... しかし...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる