電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

270件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.012秒)

研究成果で社会明るく 約1年半にわたり続いた連載も最終回となる。... これまでアラヤのさまざまな研究について紹介してきた。... そして個人の研究対象として考えているのが、コンシャ...

東京工業大学の大場史康教授と東北大学の清原慎助教、産業技術総合研究所の日沼洋陽主任研究員は、理論計算と機械学習を組み合わせて無機材料表面の電子構造を予測する技術を開発した。... 今後、硫化物や窒化物...

2023年に、文部科学省のデータ創出・活用型マテリアル研究開発プロジェクト(DxMT)の五つの拠点の一つとしてNIMSに創設された「データ創出・活用型磁性材料研究拠点(DXMa...

ECはGCAに科学的知見を提供する構成要素であり、持続可能な地球社会への転換を目指した研究を推進する国際共同研究プロジェクトであるフューチャーアースの一部として運営されている。... 第1期の成果のレ...

期間は2025年3月まで、研究対象は岩内町、余市町に在住する50―75歳の健康な男女。地元病院の医師を通じて研究参加者を順次募集する。... 研究結果は学会発表などに活用する方針。

人工知能(AI)を用いた研究対象が化合物からたんぱく質、細胞へと拡大している。... (金曜日に掲載) ...

産総研、トランジスタ低温動作の仕組み解明 (2023/12/14 科学技術・大学1)

量子計算機の性能向上に道 産業技術総合研究所新原理シリコンデバイス研究チームの岡博史主任研究員、森貴洋研究チーム長らは、トランジスタが低温で動作するメカニズムを解明した。... 研究...

人の研究・理解、より深く 脳科学×AIの研究開発を手がけるアラヤの研究者を追う本記事では、前回に続き「情動」を研究の柱とする、アラヤの疾患バイオマーカーチーム・チームリーダ...

脳×AIによるニューロテックの研究開発を行うアラヤの研究内容に迫る連載、今回は疾患バイオマーカーチームのチームリーダーである近添淳一が研究の柱とする「情動」について解説する。 ...

「ナノアーキテクトニクス新量子材料プロジェクト」では、量子機能に関わる材料を広く捉え、超電導体、トポロジカル物質、強相関物質、2次元原子層物質から分子膜、半導体など多種多様な物質を研究対象とする。.....

次世代AI都市シミュレーターは東京大学がソフトバンクなどと人工知能(AI)の共同研究を進めるために設立したBeyond(ビヨンド)AI研究推進機構の研究テーマの一つ。2...

生成AI最前線(11)大学、指針・見解を発出 (2023/8/4 電機・電子部品・情報・通信)

法政大学では全学的な方針とは別に、AIと関係が深い「情報科学部・情報科学研究科」の個別の指針を4月に公表。... 「AIはまさに研究対象で、共に進化していく対象でもある」と意気込むのは、ITを駆使した...

産学官連携で社会実装へ 量子科学技術研究開発機構(QST)は、2022年に国の量子技術イノベーション拠点の一つである量子機能創製拠点に指定され、23年には対象とする量...

特性の高さは知られていたが製造が困難で、研究対象にする人は少なかった。 ... この成果が出れば世界の先頭に立てるように思う」 ―2007―08年のリーマン・ショッ...

効率生産の触媒構成に挑戦 技術研究組合FC―Cubicは国内を代表する燃料電池評価機関。... ―東京都内から甲府市の米倉山次世代エネルギーシステム研究開発ビレッジ(ネスラド...

長年の研究対象は金融政策。... (談) 丁寧な政策運営実現 日本総合研究所調査部主席研究員・河村小百合氏&...

筑波大とライオン、室内のウイルス接触感染リスク可視化 (2023/3/14 素材・医療・ヘルスケア1)

今後は多数の人が活動する空間に研究対象を広げる。

自然科学系の研究分野では米国の存在感が際立っていた。... アラヤ(東京都港区)では「人工意識」を研究対象にしており、社内でも議論することがある。... 特にアマゾンが音声AI「アレク...

常に顧客視点でコア事業転換 ハーバード大学経営大学院の学生が今、研究対象として最も興味を持っている日本企業はどの企業だろうか。... ハーバードの選択科目では、研...

2018年ごろ、AIの研究界隈で注目されていた「強化学習」を産業分野で活用しようと、社内で強化学習チームをつくった。... 我々は研究対象として「人工意識」に興味を持っていたことから、意識に関連する自...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン