電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

362件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

JST、マネジ人材採用活況 競争率13倍10人弱入職 (2024/4/4 科学技術・大学2)

年俸型定年制職員登用も 科学技術振興機構(JST)による研究開発マネジメントの専門人材育成が本格化してきた。... 専門性と安定性を両立し、総括研究者の強力なパートナ...

小野薬、伊社と提携 神経疾患の新薬候補創製 (2024/3/19 生活インフラ・医療・くらし)

小野薬品はシビラに対して契約一時金、研究資金、研究開発の進展と売上高に応じたマイルストーンを総額で最大数億ドルと、市場投入後の売上高に応じたロイヤルティーを支払う。 小野薬品の神経系...

さらには、研究資金調達の多様化がある。... 研究者が研究するための時間が、資金集めに消えていくという事態が起きているのである。 ... その合議によって研究が採択されると、DAOが...

EUの研究資金プログラムやスペインの公的研究募集で選ばれた科学分野の研究や企業との共同研究に活用される。 ... コンピューターサイエンスや生命科学、地球科学、科学・工学分野に関する...

世界ランキングで上位につける大学や有力企業の研究機関、研究に必要な装置を供給する企業などが集積しており、世界中から優秀な人材が集まり研究を進める。... 2022年に設立した政府のスイス量子委員会&#...

日本人の英語学習の負担を大幅に軽減することを目標として、本格的な研究展開のため研究資金を調達する。... 同大の上平員丈名誉教授・客員研究員、長崎大学の高田英明教授、聖泉大学の鈴木雅洋准教授らの共同研...

小野薬、米社と提携 がん抗体医薬品開発 (2023/10/3 生活インフラ・医療・くらし)

契約一時金、研究資金、研究・臨床開発・承認プロセスの進捗(しんちょく)に応じたマイルストーン、市場投入後の売上高に応じた段階的ロイヤルティーをアディマブに支払う。

福島県が2023年度に新設した産学連携補助金を研究資金に充てる。... 福島県の産学連携宇宙研究開発支援事業への採択が内定したもので同県が近く発表する。... 県内企業など3社と連携し、宇宙航空研究開...

小野薬、米ツイストと提携 抗体医薬品を創製 (2023/9/5 生活インフラ・医療・くらし)

ツイストが小野薬品の指定する治療標的に対する新規抗体の探索研究を行う。... 小野薬品は研究資金や臨床開発の進展に応じたマイルストン、市場投入後の売上高に応じた段階的ロイヤルティーをツイストに支払う。...

収支把握、学内資源を再配分 研究力を土台に社会変革を起こし、外部資金を獲得しながら成長を目指す「国際卓越研究大学」制度。... 東北大の研究力強化の具体例は、講座制でなく助教も研究室...

日本と相手国の資金配分機関が連携して双方の研究者にそれぞれ研究資金を提供するスキームや、国際協力機構(JICA)と連携して資金を提供するスキームなどを想定する。... 「戦略的国際共同...

そして産業界にとっては研究資金に限らず、人材や専門機能を提供する形でネットワークを広げる機会になり得る。... 【複数回答可】 (a)市場調査機能(b)...

「研究者たちは飢えていた。... その分野の信頼されている研究者に白羽の矢を立て、トップ研究者の知見を集めた。... 【記者の目/国際連携、仕組み化重要】 国内の研究資金の...

オープン化で研究を活性化しつつ守るべき内容は守るとの考えだ。... 同時に各国の研究データインフラを相互運用可能にしていく方針だ。... 世界の政府や研究資金配分機関、研究機関、研究者の指針になる。

「信頼できる科学研究」を実現するための枠組みづくりが期待される。 G7は科学研究の自由と包摂性を尊重し、オープンサイエンスを推進することを確認する見通しだ。... 中国が海外の研究者...

第三国との共同研究や共同事業にも注意が必要だ。... 研究資金の出所を確認するなどしてリスク評価を進めることが重要だ。

JFE21世紀財団、大学研究助成を公募 (2023/4/27 素材・建設・環境・エネルギー2)

日本の大学や公的研究機関に所属する研究者が対象。技術研究助成は28件を選び、1件当たり200万円の研究資金(総額5600万円)を交付。アジア歴史研究助成は12件を選び、同150万円の研...

科学技術の潮流(191)研究現場に新たな動き (2023/4/14 科学技術・大学)

資金・研究機器・人材・制度・慣習など、研究活動を持続的に推進する「研究開発エコシステム」の拡張が、研究活動の裾野を広げている。 例えば、インターネットを介して資金を募るクラウドファン...

海外のスタートアップは一見ブラフにも捉えかねない高い目標を掲げながら、優秀な人材と巨額の資金を獲得している(表2)。 国は大胆かつ慎重なかじ取り必...

素材・製造分野の研究データを環境分野の研究者が解析するような多面的な分析を支える異分野データ連携が必須になる。... ただ研究者にとっては利点が多い。... 今後、経済安全保障の開発テーマを筆頭に、競...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン