1,477件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.063秒)

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は18日、米国の次期大統領に選ばれた民主党のジョー・バイデン氏が掲げる技術イノベーションと気候変動の政策の情報をまとめたリポートを公表した。... 気候に...

イノベーション創出では30年度の研究開発費の全国シェア15・5%程度を目標に、次世代産業を振興する。

その後、業績の厳しい時期も研究開発費を惜しまなかったことが現在につながっている。今では自動車メーカーから製品開発の相談を受けることもある。... 次の100年のスタートラインだ」 【...

テルモの通期見通し、上方修正 当期益680億円 (2020/11/6 素材・医療・ヘルスケア)

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で主力のカテーテルなどの販売が伸び悩む中で、一般管理費や研究開発費を抑制し、利益を上積みする。

開発や製品の市場浸透に生じた遅れを巻き返せるかが課題になる。 ... 営業活動が制約されたことで販売促進費用が減額し、臨床試験の一時中断で研究開発費が減少したことは決算上はプラスだが...

バルカー、中計期間内にイノベ拠点開設 新技術創出 (2020/11/4 素材・医療・ヘルスケア)

バルカーは現中計期間中の研究開発費を、前中計比2―3割増に増やす。... 国内の主力研究開発拠点はM・R・Tセンター(東京都町田市)と奈良事業所(奈良県五條市)。海外では韓国、中国、台湾の拠点で研究開...

富士通とNEC、新成長へ舵 DXで価値創造、経営変革急ぐ (2020/11/3 電機・電子部品・情報・通信1)

「短期目標の達成に向けて、研究開発費などを削れば来期以降の利益を先食いするだけで先行きがない」と語る。

研究開発費は売上高の2%台を維持し、品質保証対応で5年間に約100億円の設備投資を行う。

研究開発費も海外に比べて抑制された結果、IT・ハイテク産業の営業利益では米国に比べて大きな差が開いたとされる。

清水建・鹿島・竹中、ロボ施工・IoT技術で連携 (2020/10/20 建設・生活・環境・エネルギー1)

開発したロボットや施工関連技術を相互利用し、生産コストや研究開発費の低減につなげ、施工ロボットなどの普及加速を目指す。 ... 新規の共同研究開発に加え、既存技術を向上・改良をした上...

経済産業省は、企業の研究開発費の一部を法人税額から特別控除する制度の拡充と延長を要望した。企業の成長を促し、国際競争力を得るには、研究開発やデジタル化によるイノベーション創出が欠かせないとの判断だ。&...

GMとはEVの共同開発も進めている。 ... 自動運転や電動化など「CASE」をめぐる競争で20年3月期の研究開発費は8214億円。... F1の経験が4輪車への技術開発につながって...

総務省は量子暗号通信網に関する研究開発費に20年度比ほぼ倍増の34億5000万円。内閣府は省庁横断の研究開発プログラムに予算を計上した。量子技術は産業や社会に革新をもたらす技術として、欧米中が積極的に...

24年に宇宙飛行士の月面着陸を目指す米国の「アルテミス計画」に向けた研究開発費に同12倍の810億円を計上。... 研究基盤の整備やリモート化などの推進費に同11倍の126億円、データを材料開発に利用...

研究開発費は10億ユーロ(1250億円)に上る。

配当や報酬だけを追求していたら設備投資を抑え、研究開発費を削ってしまうので、経営は継続できない」(編集委員・松木喬) ◇中村靖(なかむら・やすし)氏 メタウォーター社長 &#...

一方、抗菌・抗ウイルス機能を持つ糸は北陸先端科学技術大学院大学と共同開発する。光触媒技術を応用するもので、開発した糸は北陸3県の繊維関連企業と連携し看護服やインナーウエアなどの製品化を目指す。研究開発...

政府研究開発費の内訳(図)で見ると、教育省が研究人材・技術者育成のためのプログラムを推進していることが分かる。... オーストラリア2030でも、研究開発をイノベーションにおける最初の重要なステップと...

研究開発費の一定の割合を法人税から控除できる「研究開発税制」について、総額型の控除上限を、現在の法人税額25%から30%に引き上げるべきだとした。研究開発税制のほか、設備投資やデジタル変革(DX)減税...

「研究開発は将来の成長の支えなので活動の大枠は変えていない。2020年度研究開発費も1250億円で前年と同規模だ。... 一方、研究開発本部では、さらに先を見据えた材料や通信技術の開発に取り組む方針だ...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる