1,543件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

中国社に角膜再生技術 アクチュアライズがライセンス契約 (2021/7/27 素材・医療・ヘルスケア1)

契約金額は研究開発費や開発段階に応じた報酬、発売後の販売実績に応じた報酬で総額3500万ドル(約38億円)以上。... 同技術は同志社大生命医科学部の小泉範子教授と奥村直毅教授らが、従来難しかった角膜...

研究開発費 海外と比べ低水準 技術基盤について白書は、日本の高い技術力が防衛力の基盤を成しており、技術基盤の強化が国家安全保障上、重要な意義を持つと説いた。その一方で防衛技術の研究開...

三部社長は子会社の本田技術研究所で長年、エンジンを中心に4輪車の研究開発に携わってきた。... 別のサプライヤー首脳も「苦しい状況でも研究開発費はかけていかないといけない」と、変革に向けた決意を口にす...

3D計測に対する研究開発費の増加や、商品製造時の品質管理への活用、エレクトロニクス業界の生産性向上への対応などが市場拡大をけん引する見込み。 ...

【名古屋】豊田自動織機は15日、国連の持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けた具体的な数値目標を発表した。... また研究開発費のうち電動化や自動化関連に投じる比率を30年度に20年度比12・4ポイ...

同社は21―25年度の5年間の研究開発費1兆円のほぼ全額を電動化開発に注ぎ込み、25年までに電動化の技術を整える方針。自社開発や提携するトヨタ自動車との共同開発などの方策から有効な手段を検討する。&#...

パイオラックスは、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)関連を中心に研究開発を加速する。... 2023年度までに研究開発費を20年度比71%増の10億5000万円に高め商品開発を強...

新事業開発に向けて、21年3月期は研究開発費も約50億円に増えた。

21年度の研究開発費は約52億円と前年度並みを維持する。 ... 開発領域を広げる取り組みも進む。 ... 開発品を自社で評価するため関連の評価設備を導入し、目標設...

FCV生産は一時的に中止するものの、米ゼネラル・モーターズ(GM)との提携を含め、研究開発は継続する。 ... 今後6年間で、未来に向けた仕込みや環境、安全に関する取り組みのため、「...

研究開発を含めて計40億―50億円を投じ、容量10ミリリットルのバイアル瓶で年2000万本の生産体制を構築する。 モリモト医薬は常温管理できるワクチンを効率的に製造する装置「連続凍結...

半導体装置主要5社、研究開発費13%増 最先端領域に軸足 (2021/6/7 電機・電子部品・情報・通信)

主要5社(ニコンは精機事業)の2022年3月期の研究開発費の合計は前期比13・2%増の2765億円を見込む。... 7年連続で研究開発費を増額する東京エレクトロンは、22年3月期の研究開発費が前期比1...

トヨタは財務戦略上で「固定費を含む総原価改善による損益分岐台数の引き下げと、投資余力の創出」を重視する。固定費低減などで販管費比率を引き下げると同時に、粗利率は09年3月期比7・2ポイント増の22・1...

顧客の相談に積極的に応じ、研究開発費は惜しまない。

多大な時間と研究開発費をつぎ込みやっと、一つの薬剤が世の中に出て患者さんの元へと届けられるのである。... 医薬品の価格(薬価)は、他の製造業と異なり、原材料費とそれを生産する人件費+αの開発費だけで...

中外製薬は原価率改善のため自社開発製品の海外売り上げを伸ばし、営業利益率の向上につなげていくという姿勢を貫く。... 板垣利明最高財務責任者(CFO)は「ロシュの持つ販売網や開発資源を活用できることが...

25年度の研究開発費は4500億円、設備投資は3500億円と、21年度計画比でそれぞれ450億円減らす方針を示した。

骨子は4テーマで、防衛関係費の抜本的な増強、研究開発費の大幅増額、防衛産業基盤の強化、人的基盤の強化。 ... 研究開発費では次期戦闘機や長距離射程のスタンドオフミサイルを2本柱に、...

トヨタは22年3月期に設備投資と研究開発費をそれぞれ、前期比4・4%増の1兆3500億円、同6・4%増の1兆1600億円を見込む。これまで研究開発費と設備投資の合計で、CASEやデジタル化に約1兆円を...

21年度の研究開発費が過去最高を見込むなど「経営資源を電動化や安全分野に振り向ける」と意気込む。

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる