電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

352件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

TDK、車載向けコモンモードノイズフィルター 通信回路内を低容量化 (2024/7/10 電機・電子部品・情報・通信1)

独自の設計と材料の最適化により新製品「ACT1210E―131―2P―TL00」内の磁性体に巻かれた巻き線同士の間に生じる容量を、従来品「ACT1210E―241」比で約30%小さい最大7ピコ...

ナット側に永久磁石を搭載し、送りネジは軟磁性体にネジ山を切る。軟磁性体はナット側からの磁場を受けると磁石にくっつき、磁場がなくなると元の鉄に戻る。

東京大学大学院工学系研究科付属量子相エレクトロニクス研究センターの中野匡規特任准教授(研究当時、理化学研究所創発物性科学研究センター創発機能界面研究ユニットユニットリーダー兼任、現芝浦工業大学...

磁化がゼロであるにもかかわらず、電子バンド構造にスピン分裂を示す反強磁性体「補償フェリ磁性体」が実現する新たな機構を見いだした。 新しく合成された有機分子固体に強相関第一原理計算手法...

中性子偏極スーパーミラーとは、中性子ビームを反射し、偏極させる「膜」であり、強磁性体と非磁性体を交互に、層厚を少しずつ変えながら積層されている。 ... 自発磁化の維持とともに軟磁性...

マンガン金化合物の内部で磁性がらせんを巻く現象を利用する。... 従来のらせん磁性体は低温でしか磁性が発揮されなかったが、マンガン金化合物の単結晶は室温でも機能する。 ... 現行の...

マイクロ波化学、マイクロ波吸収能を予測 ソフト活用で工数削減 (2024/3/7 素材・建設・環境・エネルギー2)

マイクロ波化学は量子コンピューターの研究開発をするQuemix(キューミックス、東京都中央区)の磁性材料シミュレーションソフトウエアを活用し、4月にも共同研究を始める。... 磁性材料...

強磁性体薄膜中をスピンの波が伝わる現象をリザバー計算に応用する。電流を流すと電子のスピンが磁性体のスピンに作用して波のように伝わる。... するとスピン波が伝わる速度と磁性体の大きさが比例した場合に学...

スピンホール、高温下で増大 東工大が新原理 (2024/1/25 科学技術・大学2)

研究チームは非磁性体であるケイ化タンタルにおいて、ベリー位相の強い発生源とされるバンドの縮退点を、フェルミレベル(絶対零度において電子が占有可能な最高のエネルギー準位)近傍に配置するこ...

金属と磁性体を組み合わせることで、放射性耐性を持たせて従来より電気への変換効率を高めた。放射線を変換する素子には「ニッケル―炭化ケイ素」の複合体を使い、大型放射光施設(SPring-8...

反強磁性スピントロニクスにおける効率的な操作などに役立つと見込む。... 超格子中で元素比を制御し、反強磁性体であるイリジウム酸化物のイリジウムをチタンに置き換える「サイト希釈」を行った。 &...

HDDでは、ナノサイズの磁性体が薄膜状に塗布された円盤状のデバイスに、磁気的に情報を格納する(図1a)。... そのためには、磁気記録媒体の薄膜中の磁性体であるFePt粒子のサイズを5...

すると常磁性体から反強磁性体に切り替わった。反強磁性体の状態で強い磁場をかけると磁石になり、磁場がなくても磁力を持つ。CO2を抜けば常磁性体に戻る。

選考委員会特別賞は理研創発物性科学研究センターの吉見龍太郎氏による「強磁性体トポロジカル絶縁体における量子異常ホール効果の精密測定」(先端計測分野)。

反強磁性体から質量ゼロ電子 東北大など観測 (2023/11/30 科学技術・大学2)

東北大学と大阪大学、高エネルギー加速器研究機構などの共同研究グループは、10マイクロメートル(マイクロは100万分の1)に集光した放射光を使い、これまで難しかった反強磁性体に隠れた質量...

インタビュー/戸田工業社長・宝来茂氏 要素技術を蓄積・応用 (2023/11/29 素材・建設・環境・エネルギー2)

1970年代にオーディオ・ビデオテープが普及し、テープ用磁性体を開発、会社の事業規模は拡大した。私が入社したのが84年で、テープ用磁性体に続く、プリンターのトナー向け磁性体など新技術の開発を行っていた...

強磁性半導体を使った次世代デバイス開発などにつながる。 ... 同手法は強磁性半導体以外の材料系にも適用できるため、あらゆる分野で材料開発の時間短縮や低コスト化に寄与できる。 ...

しかし現状では、一部の触媒や磁性体などの新材料発見や、半導体結晶合成プロセスの効率化といったいくつかの成功事例を生み出したものの、全ての材料開発において大幅な時間短縮を実現するまでには至っていない。&...

鉄ニッケル・パラジウム・リン(FNPP)の磁性体表面にスキルミオンを形成する。片側に白金線のヒーター、反対側に絶縁体で熱を逃がす梁構造を作り一方向に熱を流す。

高速炉の伝熱管は、磁性体の高クロム鋼のため、渦電流を外面まで浸透できる間接磁場が有効とされる。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン