電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

285件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

小野薬、中枢系リンパ腫向け米で第2相試験 (2024/4/1 生活インフラ・医療・くらし)

小野薬品工業はブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害剤「ベレキシブル(一般名チラブルチニブ塩酸塩)」で、米国の再発または難治性の中枢神経系原発リンパ腫(PCN...

協和キリン、米で小児の希少遺伝性疾患薬承認 (2024/3/25 生活インフラ・医療・くらし)

時間経過とともに神経系が障害され、運動・認知機能の低下などが生じ、発症から5年後の死亡率は50%と推定される。

小野薬、伊社と提携 神経疾患の新薬候補創製 (2024/3/19 生活インフラ・医療・くらし)

小野薬品工業はイタリアのシビラ・バイオテック(ミラノ)と神経疾患向けの新規医薬品候補化合物の創製で提携契約を結んだ。... 小野薬品の神経系研究領域のノウハウと、シビラのたんぱく質折り...

第一三共ヘルスケア/胃に優しい解熱鎮痛薬 (2024/1/22 新製品フラッシュ1)

解熱鎮痛成分のアセトアミノフェンが中枢神経系に作用する。

モダリスとJCRファーマ、遺伝子治療を共同研究 中枢神経系疾患向け (2023/12/15 生活インフラ・医療・くらし1)

モダリスはJCRファーマ(兵庫県芦屋市)と中枢神経系(CNS)疾患を対象とする新規遺伝子治療の開発に向け共同研究する。

また、神経発達障害のメカニズム解明やリスク診断、予防法の開発にもつながると期待される。 疫学研究では、子どもの神経発達障害の発症リスクには父親の加齢が母親の加齢より大きな影響を与える...

がんだけでなく、遺伝性疾患やアルツハイマー病などの神経系疾患などへの応用も視野に入れる。

アルファナビ、疼痛薬の製版権利を取得 (2023/10/27 生活インフラ・医療・くらし1)

同治療剤は末梢神経に発現する電位依存性ナトリウムチャンネル「Nav1・7」に高い選択性を示し、神経伝達物質やホルモンなどの働きを阻害する。神経が過剰に興奮する疼痛時の強い鎮痛作用が見込める。 ...

国立精神・神経医療研究センターの関和彦部長、窪田慎治室長は自然科学研究機構生理学研究所と共同で25日、運動時に手足の感覚を取捨選択する仕組みを解明したと発表した。... 感覚運動異常を伴う精神・神経疾...

杯細胞は花粉の殻の刺激に対し、神経系を介してGAPと呼ばれる構造を素早く形成し、アレルギー反応を促進する。

出生直後の脳は神経回路の混線・脱線を多数含み、機能的に未熟な状態にある。... ショウジョウバエの神経系を解析すると、シナプス前部に輸送されたユビキチンが不要なシナプスの除去に必須であることを発見した...

神経系の救急疾患なので治療の主役は脳神経外科医や脳神経内科医が担う。

田辺三菱、タイに遅発性ジスキネジア治療剤を投入 (2023/8/3 生活インフラ・医療・くらし)

遅発性ジスキネジアは抗精神病薬などの長期間服用で起こる神経障害。... レムリスはドパミンなど神経伝達物質のシナプス前小胞への取り込みを減らし、不随意運動発生に関わるドパミン神経系の機能を正常化させる...

サワイGHD、片頭痛急性期治療薬の製販権を米トニックスに譲渡 (2023/7/5 生活インフラ・医療・くらし2)

トニックスは中枢神経系や希少疾患、免疫、感染症関連の研究開発型製薬企業である米トニックス・ファーマセウティカルズ・ホールディングスの子会社。

国循とNTTリサーチ、バイオデジタル共同研究 (2023/6/15 科学技術・大学2)

国循とNTTリサーチは2020年に共同研究契約を結び、自律神経系や腎臓、肺の相互連関を考慮した心血管数理モデル開発と心血管バイオデジタルツインのプラットフォーム(基盤)への実装を目指し...

その中で糖尿病などの生活習慣病に加え、中枢神経系や免疫炎症系の希少疾患、がん治療薬などを市場投入して事業基盤を守る》 「4月発売の2型糖尿病治療薬の立ち上がりは順調だ。

田辺三菱薬、海外開拓を加速 希少疾患向け新薬投入 (2023/5/30 生活インフラ・医療・くらし)

2023年度見込みの600億円規模の研究開発費投入を継続し、中枢神経系や免疫炎症系の希少疾患を主なターゲットに新薬を開発、利益を確保する。(大阪・市川哲寛) 米国では...

研究レベルでこれまでマイクロバイオームとの関連が報告されている疾患領域は消化器系疾患、皮膚疾患、がん、生活習慣病、不妊など幅広い。 ... その他、開発件数が多い順にがん領域、感染症...

住友ファーマとJCRファーマ、ムコ多糖症Ⅱ型治療薬を販促 (2023/4/13 生活インフラ・医療・くらし)

全身症状や中枢神経系症状の改善、進行抑制が期待できる。

東亞合成、東大とシグナルペプチド共同研究 (2023/4/7 素材・建設・環境・エネルギー)

これにより、がんや神経系疾患、感染症といった治療薬の創出につなげることを目指す。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン