667件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

神経疾患などの仕組み解明や製薬会社の創薬研究、遺伝子組み換え作物などのバイオ技術分野などで活用を見込む。 ... 同技術により、複数の神経細胞が連結する接合部シナプスの全体を詳細に可...

パーキンソン病はドパミン神経細胞が減少することにより、ふるえや筋肉の硬直など運動症状のほか、認知障害を引き起こすとされる慢性・進行性の神経変性疾患。

神経細胞の過剰な興奮を低下させる薬剤を、1回で使い切れる量にして提供する。

マウスに薬剤を投与し、脳の一部にある神経細胞群を興奮させると、マウスの体温と代謝が数日間にわたって著しく低下することを突き止めた。... 桜井教授らは、マウスを使った実験で、脳の視床下部の一部にある神...

京都府立医科大、哺乳類の知性の進化解明 (2020/6/8 科学技術・大学)

ヤモリの神経細胞で移動の様子や形の変化を調べ、既に知られている哺乳類の神経細胞の性質と比べた。... 一方、複数の突起の形態から発展し、近くの細胞の放射状突起を足掛かりに移動する「ロコモーション」形態...

SMAは、たんぱく質をつくる遺伝子の異常が主な原因となり、運動神経細胞が減って筋力が低下する難病。ゾルゲンスマは、正常な遺伝子を運動神経細胞に届けてたんぱく質をつくり出す。

神経回路が価値判断、情報を眼球運動に変換 京大など解明 (2020/4/21 科学技術・大学・中小・ベンチャー)

アカゲザルの大脳基底核で、価値の高いものと低いものを見分ける神経活動を担う尾状核の神経細胞の突起末端を、連結先の黒質網様部から刺激した。その結果、黒質網様部の神経活動は抑制され、黒質網様部からの入力で...

名古屋大学大学院医学系研究科の中村和弘教授らは、脳の中で心理ストレスや情動を処理する「心」の領域と、「体」を調整する領域をつなぐ神経経路を特定した。... そこで、ストレスや情動を処理する脳の領域「大...

同酵素は2種類の神経細胞で働き活動を制御することで低温耐性に影響する。さらに解析すると情報伝達の上流に温度の刺激を受け取る神経細胞があった。... メカノ受容体を味覚に関わる神経細胞へ入れると、温度に...

マウスの実験で、細胞核内の受容体の遺伝子に変異が生じると、受容体に結合するホルモンによって凝集体が形成され、神経細胞が変性することが解明されている。... 研究チームは、SBMA患者の皮膚線維芽細胞か...

【神経細胞を模倣】 脳型コンピューターは、脳の神経細胞のように物質の化学的現象などを利用して動作するため、複雑なプログラムによる演算処理を必要とせず、低消費電力で高速処理が可能だ。そ...

名古屋大学大学院の勝野雅央教授らは、50歳以上の健康診断受診者のうち5・7%は、難治神経変性疾患の一種「レビー小体病」の発症リスクが高いことを突き止めた。... 健診制度と連携することで、簡単な質問な...

神経細胞を殺す異常なたんぱく質「アミロイドβ(Aβ)」が細胞外で凝集するより前に、神経細胞の細胞死が起きていた。... アルツハイマー病の遺伝子変異を導入したiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製した...

精神・神経疾患の病態解明や、新たな治療法開発につながる。 脳の神経細胞と神経細胞の間には「シナプス」という構造があり、神経伝達物質により情報伝達をしている。AMPA受容体は神経細胞の...

研究チームはまず、未分化な状態を保持する増殖可能な中枢神経系の細胞「神経幹/前駆細胞」をヒトiPS細胞から作製し、細胞小器官に存在するたんぱく質「TSPO」の発現状態を調べた。その結果、未分化の神経細...

また感覚神経細胞から放出される成分が、弾力に関わる線維芽細胞「コラーゲン」の生成を促すこと、シソ科植物由来成分「フィトコネクト」が同神経細胞を活性化する効果があることを見いだした。... 人の肌におけ...

IT各社、プロセッサーの限界に挑む 現行技術、どう進化 (2020/1/6 電機・電子部品・情報・通信)

NEC 脳の動きをなぞる NECは東京大学と共同で神経細胞を模したニューロンチップ回路の研究に取り組んでいる。

原因は完全には解明されていないが、アミロイドβの脳内沈着やリン酸化したタウタンパク質(リン酸化タウ)の蓄積による異常凝集物の形成、シナプスの減少、神経細胞死などが発症前に発生し、ADの進行に関わってい...

デジタル変革の道 ICT羅針盤(1)説明可能なAIを目指して (2019/12/12 電機・電子部品・情報・通信1)

深層学習では、人間の神経細胞網を模したニューラルネットワークを何層も重ねることで精度を向上させている。

実際にPFC上でhMSCを培養すると、初期の神経細胞特有の遺伝子が発現していた。さらに液表面をフィブロネクチンというたんぱく質で覆うと、成熟した神経細胞で見られる遺伝子が発現しており、分化誘導因子を加...

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる