596件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.024秒)

日本原子力研究開発機構と森林研究・整備機構、筑波大学の研究グループは、2011年3月の福島第一原子力発電所事故の後の福島県の森林の放射線量の要因を明らかにした。... シミュレーション結果から、事故が...

政府は、東日本大震災の復興推進会議(議長=菅義偉首相)を持ち回りで開き、東京電力福島第一原子力発電所事故の被災地域に設置する「国際教育研究拠点」の整備案を決定した。ロボットや農林水産業分野、原子力災害...

経済産業省・資源エネルギー庁は、福島沖で実証してきた浮体式洋上風力発電設備を2021年度に撤去する。... (いわき・駒橋徐) 【復興プロの象徴】 浮体式洋上風力発...

政府は17日、東京電力福島第一原子力発電所事故の被害を受けた福島県内の12市町村へ移住する人に、1世帯当たり最大200万円の支援金を出す方針を決めた。... 福島県と対象12市町村には、移住の呼び掛け...

福島イノベーション・コースト構想推進機構(福島市)は、福島第一原子力発電所事故からの復興に関する“知”の集積のため、浜通り地域などで教育研究活動を行う大学を支援する「復興知事業」の成果報告会を開いた。...

農林水産省は4日、エジプトが東京電力福島第一原子力発電所事故以来続けてきた日本産食品に対する輸入規制を全廃したと発表した。... 輸入規制を設けている国・地域は、事故直後の54から18に減った。

【いわき】福島県浪江町は2022年度から事業用の電力を100%再生可能エネルギーでまかなう産業団地の造成に乗り出す。同県浜通りに立地する風力発電や太陽光発電の導入や、隣接する福島水素エネルギー研究フィ...

福島第一原子力発電所事故に伴う避難指示が3月に解除された中野地区(221ヘクタール)内で、同町が目指す2022年春の住民帰還に向けた産業振興を図る。 センターは4階建てで、9月に福島...

福島県は東日本大震災と福島第一原子力発電所事故との複合災害の経験・教訓を未来に継承する「東日本大震災・原子力災害伝承館」を、双葉町に20日開設する。150の資料を展示し、災害の始まりから事故への対応、...

しかし、7月6日付本欄で指摘したように東京電力福島第一原子力発電所事故でリスクの高さを露呈し、安全対策の強化で建設コストが上昇、新設では太陽光風力発電に対して競争力を喪失しつつある。... 燃料の補充...

東京大学大学院理学系研究科の高橋嘉夫教授らは、放射光を用いた先端X線分析により東京電力福島第一原子力発電所事故由来の不溶性セシウム粒子の生成、放出過程を解明した。... 事故で放出された放射性セシウム...

(いわき・駒橋徐) 【太陽光と蓄電池】 葛尾村と福島発電(福島市)が共同出資した葛尾創生電力(福島県葛尾村、松本弘社長=葛尾村副村長、0240・23・4312)が進...

【いわき】福島県飯館村は、地元森林を活用したバイオマス発電に乗り出す。... 飯館村は福島第一原子力発電所事故で一時は全村が避難対象となったが、現在は一部を除いて避難指示が解除されている。... この...

委員長には東京電力福島第一原子力発電所事故の国会事故調査委員長を務めた黒川清政策研究大学院大学名誉教授が就き、京都大学の山中伸弥教授が会場外からモニターで参加した。 席上、西村康稔経...

国産ロボットを生かし切れなかった福島第一原子力発電所事故の教訓もある。

福島県の森林資源の課題は、まず伐採期にある民有林の60%程度の皆伐(一定のまとまりを一度に全部伐採する方法)と、新苗の造林、福島第一原子力発電所事故で汚染された浜通りの森林をどう活用していくかだ。.....

問題の調査を担当した第三者委員会は報告書で、関電の役職員75人が、福井県高浜町の元助役から総額3億6000万円相当の金品を受領し、一方で原子力発電所関連工事をめぐり、元助役が関与する複数の企業に、事前...

JR東、常磐線・富岡―浪江間を全線再開 直通特急に地域の期待 (2020/3/17 建設・生活・環境・エネルギー2)

JR東日本は14日、約9年ぶりに福島県内の常磐線・富岡―浪江間で営業運転を再開した。... 復興が一歩進んだことを実感した」と力を込めた。... 運転再開に先駆けて4日に駅周辺など...

経営ひと言/東京電力HD・小早川智明社長「責任果たす」 (2020/3/13 建設・生活・環境・エネルギー)

福島第一原子力発電所事故から9年。... 11日に福島第一原発で黙とうをささげ「復興と廃炉の両立が大きなテーマになる」とし、「東電の原点は福島。福島への責任を果たす」と訓示した。

国土交通省と復興庁は、東日本大震災の東京電力福島第一原子力発電所事故による母子避難者らに対する高速道路無料措置を2021年3月末まで1年間延長する。原発事故で避難し二重生活を強いられている母子避難者と...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる