電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

14,931件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

従業員の共感得ながら経営強化 「社会の課題に寄り添い、解決することを率先して手がけてきた会社だ」―。帝人が創立100周年を迎えた2018年に歴史を振り返り、内川哲茂社長は「強みを再認...

私たちはこれまでに、重金属を含む廃棄物や東京電力福島第一原子力発電所の汚染水の処理に伴い発生している廃棄物などを対象として、元素の溶出特性や長期的な結晶相の変質に関する研究を実施。

思い返すと、私の世代もかつては新人類と呼ばれ、伝統と秩序を壊しかねない異分子という評価だった。

悠然とした矢印からターゲット達成の道筋を読み取ることは私にはできない。

私はこう見る 円安・金利上昇には警戒 大和総研経済調査部・シニアエコノミスト・神田慶司氏 1―3月期は自動...

「『さがみロボット産業特区』の指定から10年以上が経つが、私の当初の期待からすればパワーはまだ足りない」と現状を分析するのは、神奈川県知事の黒岩祐治さん。

そのような企業を私は地域企業と呼んでいる」 ―もはや大企業に頼ることはできないということですか。

むしろ私たちが普段から行っているように、顧客は設定された価格に対して価値が見合っているかを目利きして購入するか否かを判断している。

【Q】他部門からのクレーム対応 私は営業部のマネージャーをしています。... その結果、彼らから私にクレームが入りました。

私も全体の調和や結束を図れるようお手伝いする」と期待を述べた。

私たちはこれをガス分離材料に応用することを目指している。

小出社長は「2024年に弊社は創業110年を、そして年男の私は還暦を迎える。

大きな組織だと、私1人の力では何もできないと痛感します。いかにメンバーの強みを引き出し、その強みを部の成長につなげていけるかが私に託された使命だと思っています。 ... というのも、...

「基本設計は全て私がするが、若い技術者に最初から全ては教えない。

「私自身がその立場、状況をやりたくないと感じたら社員にもさせない」とキッパリ。

「私を含め4人のフューチャリストが社内にいて、技術開発の未来予測を行っている」と話すのは、ポケット・クエリーズ(東京都新宿区)社長の佐々木宣彦さん。 ...

190年、会社の持続的な発展追求 「人と仕組みを作る」―。長瀬産業の上島宏之社長が若手時代から大事にする取り組みで、今も自身の重要な役割と位置付ける。優秀な営業マ...

取締役2人が各拠点を定期的に訪問しているほか、私自身も訪問時に開発や技術の社員の間に飛び込んで、対話の機会を意識的に増やすなどしている。

また、私が40年間熱望していた世界初の製品でもあります。... 私たちは46年前に「水銀を正確に測定したい」という思いからスタートし、単一元素に特化した世界でもまれな水銀プロフェッショナル企業です。....

中小企業優秀新技術・新製品賞 受賞38氏「喜びの声」 一般部門 (2024/5/10 中小企業優秀新技術・新製品賞1)

私たちの技術が、医療現場での実践的なトレーニングに役立てられることを心から願っています。 ... 私どもは『あなたが元気でいてくれることが、何よりうれしい』をコンセプトにしています。...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン