電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

250件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

その潮流は、電子回路・集積回路技術に関する世界トップレベルの会議における中国や韓国、台湾の存在感が高まっていることにも現れている。 ... また、文部科学省や科学技術振興機構(...

科学技術の潮流(236)生成AIで医療の質向上へ (2024/4/5 科学技術・大学)

このような技術を医療分野にカスタマイズした「医療版基盤モデル」の出現により、例えば医師が医用画像や図表を含む論文の内容を深く迅速に理解し、その知見を日常の診療に活用することで、医療の質が向上する可能性...

産業別で見ると、米アップルなどの情報通信技術(ICT)関連製造業、米アルファベットなどの情報通信技術(ICT)関連サービス業、米ファイザーなどの製薬業がそれぞれ全体の2...

「科学技術の潮流 JST研究開発戦略センター」は休みました。

注目イベントの一つとして、主催者の全米民生技術協会(CTA)によるテクノロジートレンドの発表がある(表)。2000年代前半までは家電が中心であったが、11年に電気自動車...

韓国の科学技術・イノベーション(STI)政策は、5年ごとに策定される科学技術基本計画が基盤となっている。... (金曜日に掲載) ...

情報通信技術や理論計算機科学の発展で、情報発信者の多様化、データの流通量や種類の拡大およびデータの高速入手が可能な環境が生まれた。... 情報やデータの集計、分析や蓄積、利用に関す...

優れたアイデアを有する研究者に対して、さまざまな最先端の創薬技術や医薬品製造技術を有するアカデミアあるいは企業による支援、豊富な開発経験を有する専門人材による伴走型支援なども必要だ。... (...

(金曜日に掲載) 科学技術振興機構(JST)研究開...

経済協力開発機構(OECD)は科学技術イノベーションへの市民参画の形態を整理して、科学研究のメカニズムの一つの手段としてシチズンサイエンスをどのように促進するかを議論している(...

(金曜日に掲載) 科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センターフェロー(ライフサイエンス・臨床医学ユ...

ドイツ政府は昨夏、グリーン技術の開発や住宅のエネルギー効率化支援といった気候変動に関する一連の対策として気候変動基金(KTF)の予算案を発表した。... 日本も、世論の高まりと個々人の...

科学技術の潮流(226)危機対応と科学技術 (2024/1/19 科学技術・大学)

このような科学技術の効果的な活用は、パンデミックのような複合的な危機において、早期の実態把握や被害低減、そして迅速な復旧に貢献することが期待される。... 次に、危機時の被害軽減や復興を目的とした、政...

今回の半導体をめぐる世界の動きは、そうした分野の科学技術の継承や人材供給がこの先絶たれることを許容できるか、慎重に検討する必要があることを教えてくれる。 ... 科学技術の無自覚な散...

「科学技術の潮流 JST研究開発戦略センター」は休みました。

「科学技術の潮流 JST研究開発戦略センター」は休みました。

1細胞解析や細胞の位置情報を含めた空間オミクス技術、ゲノムの編集や合成技術、クライオ電子顕微鏡や超解像顕微鏡技術、AI技術に代表される革新的な基盤技術が2010年前後に立て続けに登場した。... 技術...

科学技術の潮流(223)台湾、産学官で人材育成 (2023/12/15 科学技術・大学)

このような中、台湾は科学技術人材の確保を重視しており、科学技術政策を具体化した「科学技術発展計画(21―24年)」において、産学連携による育成環境の整備、重点産業での育成、海外人材の雇...

メタサイエンスは、科学史・科学哲学などの「科学をメタに記述する学問」という従来の意味から拡大し、科学の営みに対する理解と改善を目指す研究や実践を指す。... (金曜日に掲載) ...

技術開発による問題解決に向けた動きも盛んだ。微生物を用いて畜産物と同等のたんぱく質を製造する精密発酵技術や、植物や微生物由来の成分を畜産物の風味に近づける食品加工技術において、日本は強みを有する。.....

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン