1,633件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.022秒)

本研究開発を進めるには、魅力的な応用領域(例えば知的ロボット)を決めて、脳科学、数学・数理科学、情報科学、ナノテクノロジー・材料技術などの異分野の研究者の日々の議論、産学官連携と海外連携によるチップ作...

データ科学“使いこなす” そんな中、物材機構は15年、科学技術振興機構(JST)の「イノベーションハブ構築支援事業」に採択され、データ科学と材料工学のハブ拠点としての役割を担うことに...

ヒューヒート効果を証明 照明の色が体感温度に影響を与える「HUE―HEAT(ヒューヒート)効果」が米国科学誌で発表されて約50年―。空調機器メーカーの木村工機は、同志社大学と情報通信...

【ハイテク中小】 近年、台湾の科学技術イノベーション力が世界から注目されている。... ITRIの研究開発活動の特徴は、基盤的な研究から応用開発まで広いレンジの科学技術をカバーするこ...

5年間の科学技術政策を示した「第6期科学技術・イノベーション基本計画」が本年度から始まった。... 科学技術の国際競争が激しくなる中で、日本が対等に戦うには研究力の向上が必要になる。... ファンドの...

国連の持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けた科学技術イノベーション(STI)の活用のため、この国連本部では毎年5月にSTIフォーラムが開催されている。 ... (金曜日に掲載)&...

(金曜日に掲載) ◇科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター副センター長 倉持隆雄 東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。旧科学技術庁(現文部科学省)に入庁...

若手の自由な発想応援 2025年度までの科学技術政策を示した政府の「第6期科学技術・イノベーション基本計画」が動きだした。科学技術振興機構(JST)はコロナ禍で浮き彫りになった社会潮...

【仮想社会活用】 社会のさまざまな様相をとらえるビッグデータ(大量データ)とデータ解析やシミュレーションといった高度な計算技術を用いて社会現象を分析する、計算社会科学と呼ばれる学問領...

開発したアプタマーは、14年に科学技術振興機構(JST)の「研究成果最適展開支援プログラム」で採択を受けたNECソリューションイノベータと群馬大学の研究を発展させた。

そのため、細胞の機能解析は生命機構の解明や医療診断への貢献も期待される。ところが従来の細胞解析技術のうち、顕微鏡では1細胞の詳細な解析は可能だが、大量解析には向かない。... 【多分野連携」 ...

私は、情報通信研究機構(NICT)脳情報通信融合研究センター(CiNet)で、心の時間を生み出す脳の仕組みを研究している。 ... 当センターにおける研究は、心の時間の脳内メカニズム...

戦略的な特許取得や生産技術を持つ企業との協業などを取り持つ。... そのため実用化に向けて生産技術やノウハウの確立などが障壁になっていた。... UMIは科学技術振興機構の大学発新産業創出プログラム(...

科学技術の潮流(98)数学・数理科学に投資 (2021/4/23 科学技術・大学)

欧州はやや異なるが、やはり数理科学への期待は高い。... データ科学への注視から諸分野に数理科学の高い素養を持つ若者が生まれている。... (金曜日に掲載) ◇科学技術振興機構(JS...

材料開発にデータ活用や人工知能(AI)技術などの情報科学を用いる、マテリアルズ・インフォマティクス(MI)を導入する動きが広がっている。... 機能性材料では触媒や伝熱材料、構造材料ではアルミニウム合...

科学技術振興機構(JST)の未来社会創造事業のうち、「持続可能な社会の実現」領域で、18年度に竹内教授らの研究が採択。... 本格研究では竹内教授らの3次元筋組織構築技術のほか、大阪大学による血管や脂...

しかし、ゲノム編集技術などの技術革新を原動力に、デザインの創意工夫次第で多くを克服できると期待される。... (金曜日に掲載) ◇科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センターフェロ...

(金曜日に掲載) ◇科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター 特任フェロー(海外動向ユニット) 白尾隆行 千葉大学理学部卒。1974年科学技術庁入庁。... ...

法律を構成する四つの柱は(1)研究キャリアの魅力向上(2)国立研究機構(ANR)を介した競争的資金ならびに大学と公的研究機関への助成増額(3)研究者の起業・兼業を含む研究成果の社会への還元(4)研究付...

3次元スキャナーやスポーツのリアルタイム訓練支援、移動しながらインフラを点検する車両システムなどで、高速画像処理技術を持つ東京大学の石川正俊特任教授らのグループが、科学技術振興機構(JST)の「ACC...

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる