1,725件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.029秒)

EUの研究開発プログラム「ホライズン・ヨーロッパ」でも、開かれた戦略的自律性の確保が24年までの主要目標の一つとされており、域外依存を軽減し競争力を維持していく上で、科学技術・イノベーション投資が重要...

科学技術振興機構(JST)は在日ポーランド大使館と創設した若手女性研究者を表彰する第1回「羽ばたく女性研究者賞(マリア・スクウォドフスカ=キュリー賞)」の受賞者...

科学技術の潮流(148)暮らし変える量子技術 (2022/5/20 科学技術・大学)

米トランプ政権下で量子イニシアティブを率いたジェイク・テイラー博士(当時、量子情報科学担当長官補佐)の「我々はまだ発見モードにいる」との言葉が、量子技術の産業化にまだ多くの科学的発見や...

TEMのナノスケールの画像にトポロジカルデータ分析(TDA)を活用する研究を進め、科学技術振興機構(JST)創発的研究支援事業にも採択されるなど、構造解析の新たな手法と...

これらはいずれも半導体がコア技術であり、半導体サプライチェーンにおけるイノベーションの成功体験をもとに関連の新興領域に進出し、今後の世界経済にとってカギとなる産業をさらに生み出そうとしている。 ...

今後取り組むべき研究開発課題としては、テラヘルツ帯の利用に向けた研究開発、無線通信と光通信の高度利用に向けた研究開発、低消費電力化・高信頼化・低価格化に向けた研究開発、技術進化を支える基礎科学・材料の...

これらの問題への対応として、バイデン大統領は3月末に発表した2023年度予算教書において新興技術の強化などとともに、これまで十分に活用されてこなかった米国の潜在性を掘り起こす長期的な視野の施策を提示し...

日本IBMとJST協業 アクセシビリティー研究開発 (2022/4/21 電機・電子部品・情報・通信2)

日本IBMは、日本科学未来館を運営する科学技術振興機構(JST)と月内に共同研究契約を結び、未来館が運営する「日本科学未来館アクセシビリティラボ」に、1社...

科学技術の潮流(144)脱炭素、CO2吸収が重要 (2022/4/15 科学技術・大学)

これらの活用もネガティブエミッション技術の一つとされている。... 今後は、より大規模に実証していく上で必要な基礎研究や社会科学的な研究が、一層重要な役割を果たすだろう。(金曜日に掲載)...

一つは医療高等研究計画局(ARPA―H)、もう一つは国立科学財団(NSF)内の技術・イノベーション・パートナーシップ局(TIP)である。... (...

「研究開発で0から1を生み出す次の段階、1を10にするのが科学技術振興機構(JST)だ」というのは、JST理事長に就任した橋本和仁さん。

この能力を活用して、ジェット燃料を製造する技術開発が進んでおり、わが国でもIHIを中心としたグループは、東南アジアで微細藻類を野外で培養して、その菌体からジェット燃料を製造する技術の商業化を目指してい...

科学技術振興機構(JST)に1日付で就任する橋本和仁新理事長は当初、注力する三施策を公表した。... 橋本氏は研究者代表の立場から総合科学技術・イノベーシ...

科学技術振興機構は「大学発ベンチャー表彰2022」の募集を始めた。... 問い合わせは電子メールで同機構産学共同開発部起業支援室(aas@jst.go.jp)へ...

◆科学技術振興機構理事長 橋本和仁氏(はしもと・かずひと)80年(昭55)東大院修士修了、同年分子科学研究所入所。... 16年国立教育政策研究所長、...

バイオエコノミーの定義については、各国各機関など関係者間で一様ではなく、2009年の経済協力開発機構(OECD)による政策課題の提唱以降も進化を続けているのが実態である。... 開発過...

そのコア技術となるのが、AIと連動したスマートラボとよばれる自動装置群だ。... 筆者らは、科学技術振興機構(JST)CRESTプロジェクト「実験と理論・計算・データ科学を融合した材料...

バイオエコノミーは、経済協力開発機構(OECD)が、将来の持続可能な経済成長に向けて、再生可能な生物資源を利活用した循環型の経済社会を拡大させる概念として提唱したも...

デジタル社会において、どのようにすれば、人々、組織、情報、システム、制度、科学技術などの間に信頼関係が形作られるかが、今日の重要課題である。... 折しも「第6期科学技術・イノベーション基本計画」で、...

人文社会科学・自然科学の研究者、および産官民の関係者が議論を開始すべきである。(金曜日に掲載) ...

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる