1,577件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

科学技術政策上の優先事項やアプローチも大きく変化する可能性がある。 ... (金曜日に掲載) ◇科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター フェロー(海外動向ユ...

18年には科学技術振興機構(JST)のプロジェクト「磁気冷凍技術による革新的水素液化システムの開発」が物質・材料研究機構(NIMS)を中核機関とする産学官でスタートし、磁気冷凍は原理実証の段階を越えて...

それをきっかけに、政府は大胆な発想に基づく挑戦的な科学技術政策「ムーンショット型研究開発制度」の八つ目となる新目標を設置する。科学技術振興機構(JST)が新たな目標案の検討に向けて、今後の時代を担う若...

(金曜日に掲載) ◇科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター フェロー(環境・エネルギーユニット) 松村郷史 大阪大学大学院工学研究科応用物理学専攻修了。

科学技術の潮流(76)創薬DX、競争力強化 (2020/11/13 科学技術・大学)

創薬DXを支える技術の一つが人工知能(AI)を活用したAI創薬である。... (金曜日に掲載) ◇科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター フェロー(ライフサイエンス・臨床医学...

私は日本画と油絵の両方で、その中間のような絵を描く。論理的に考えて両方の技法を入れ替えたり、巨匠のタッチをまねたりするが、仕事とは違う脳が活性化するのが実感される。日本画は材料の準備に1時間ほどかかる...

科学技術の潮流(75)CO2回収利用でエネ変革 (2020/11/6 科学技術・大学)

将来に向けた技術の中でインフラなどに対する投資の不確実性を緩和するという観点で見れば、CO2回収利用技術(CCU)のような排出CO2を回収し循環的に利用する技術、特に炭化水素系燃料の製造技術の活用に注...

科学技術振興機構(JST)はオンライン展示会「イノベーション・ジャパン2020〜大学見本市オンライン」を30日まで開催している。... 全国大学などの技術シーズを企業に紹介し、産学連携を推進して技術移...

環境問題・保健衛生を重視 外務省は科学技術を活用した外交に力を入れる。... ―日本は2015年から科学技術外交を推進しています。... 国際協力機構(JICA)...

10月に米国科学技術政策局は量子情報による宇宙の理解を「量子フロンティア」の一つに挙げた(同名の報告書)。... (金曜日に掲載) ◇科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター ...

第50回日本産業技術大賞 11月1日募集開始 (2020/10/30 科学技術・大学)

【候補の対象】2020年中に完成、または成果をあげた技術のうち(1)産業の発展に貢献度の高い大型産業設備、構造物の開発(2)独創的・画期的で産業・社会に変革をもたらしたソフトウエア、システム、技術の開...

産業春秋/頑張る女性研究者 (2020/10/23 総合1)

科学技術白書によると、研究者に占める女性の比率は約16%(2019年3月末)。... 科学技術振興機構(JST)は昨年、優れた女性研究者を応援するため「輝く女性研究者賞(ジュンアシダ賞)」を創設した。...

例えば、日本で開発された改良型Cas9や新型Cas3(キャススリー)、高効率相同組み換え技術などの優れた要素関連技術を結集し、米国研究機関とのクロスライセンスに向けた取り組みが重要だ。 ...

科学技術振興機構(JST)は第2回「輝く女性研究者賞」(ジュン アシダ賞)などの受賞者を決めた。... また大学独自の助成金を利用した女性研究者で、科学研究費助成事業採択につながる率は、7%だったのが...

このように、情報工学・流体力学・衛生工学を連携し、既存の知見と最新技術を組み合わせていくような取り組みを行っていくことは、今後ますます重要となる。 ... (金曜日に掲載) ...

また、データ科学活用のためには多量のプロセスデータが必要であり、産業界には多くのプロセスデータが存在するものの、技術流出防止の観点からそれを社外に開示することができない。... (金曜日に掲載)...

現在大学の教員はほぼ給与が一定だが、評価された人材には増額などの配慮をすべきだろう」 「科学技術振興機構(JST)などが産業界から資金を調達し、資金を出した企業が大学の成果を使う権利...

産業春秋/ダチョウさまさま (2020/10/5 総合1)

科学技術振興機構(JST)の支援で確立した量産技術は、マスクや空調フィルターの高機能化に貢献しつつありコロナ禍でも脚光を浴びる。

この背景として、10年ごろを境に、1細胞単位でのゲノム解析、ゲノム編集のような簡便なゲノム制御、さらに人工知能(AI)技術の発展、といった分野そのもののあり方を変えるような先端技術群の出現があった。&...

東京大学生産技術研究所のユンフイ・ウー特任研究員と野村政宏准教授らは、光で窒化シリコン薄膜の熱伝導率を倍増させることに成功した。... 科学技術振興機構(JST)のプログラムとして研究した。成果は米科...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる