電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,932件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

また、文部科学省や科学技術振興機構(JST)でも半導体関係の中長期的な研究開発プロジェクト・人材育成が進められている。... (金曜日に掲載) ...

基盤モデルと研究自動化(6)海外で大型プロ (2024/4/8 科学技術・大学)

トヨタ自動車先進技術開発カンパニーの岡島博司主査は知恵を絞る。科学技術振興機構(JST)未来社会創造事業共通基盤領域のテーママネージャーを務める。... 米国は巨大ITなどが開発したA...

科学技術の潮流(236)生成AIで医療の質向上へ (2024/4/5 科学技術・大学)

このような技術を医療分野にカスタマイズした「医療版基盤モデル」の出現により、例えば医師が医用画像や図表を含む論文の内容を深く迅速に理解し、その知見を日常の診療に活用することで、医療の質が向上する可能性...

JST、マネジ人材採用活況 競争率13倍10人弱入職 (2024/4/4 科学技術・大学2)

年俸型定年制職員登用も 科学技術振興機構(JST)による研究開発マネジメントの専門人材育成が本格化してきた。... 「科学技術の基礎から実装まで関わりたい」「1組織で...

大阪大学の奥川将行助教と小泉雄一郎教授、中野貴由教授らの研究グループは物質・材料研究機構と共同で、3Dプリンターによる金属積層造形(AM)を使ったニッケル基超合金の組成で、元素分布を予...

22年より科学技術振興機構(JST)の戦略的研究創造事業さきがけの支援の下、ボトルブラシポリマーを用いた新しい相分離構造の創成と革新的な材料開発に挑戦している。独自の要素技術に基づく研...

産業別で見ると、米アップルなどの情報通信技術(ICT)関連製造業、米アルファベットなどの情報通信技術(ICT)関連サービス業、米ファイザーなどの製薬業がそれぞれ全体の2...

成蹊大学の竹囲年延准教授と東京大学の永谷圭司特任教授らはSKマテリアル(埼玉県狭山市、相原幸治社長)と共同で、砕石鉱業所での自律化ホイールローダーによる自動運搬技術...

文部科学省は戦略的に投資する2024年度の研究テーマとして「自律駆動による研究革新」など6テーマを決めた。... 6テーマは文科省が科学技術振興機構(JST)における戦略的創造研究推進...

しかしながら、近年の微視観測技術の目覚ましい革新により、このような微細領域の物性解明が実現しつつある。 ... 2022年からは科学技術振興機構(JST)「戦略的創造...

日立、ドローンなど最適経路提示 運行管理基盤を開発 (2024/3/19 電機・電子部品・情報・通信1)

同日会見した日立製作所研究開発グループの中津欣也主管研究長は、最もトラブルの起きやすい離着陸の操作について従来は「有人でやる必要がある」とした上で、「自動自律で離着陸を実現する技術は大きなイノベーショ...

注目イベントの一つとして、主催者の全米民生技術協会(CTA)によるテクノロジートレンドの発表がある(表)。2000年代前半までは家電が中心であったが、11年に電気自動車...

山形大など、近赤外有機EL素子を開発 (2024/3/14 科学技術・大学2)

材料や技術面で実用化が可能なレベルに達したという。... 科学技術振興機構(JST)の戦略的国際共同研究プログラムの支援を受け、ドイツのドレスデン工科大学などと共同で研究した。... ...

冷凍機やマイクロ波増幅器などの国産技術を実証する場とする。... テストベッド整備で極低温デバイス技術の強化につなげる。 内閣府・科学技術振興機構(JST)のムーンシ...

韓国の科学技術・イノベーション(STI)政策は、5年ごとに策定される科学技術基本計画が基盤となっている。... (金曜日に掲載) ...

情報通信技術や理論計算機科学の発展で、情報発信者の多様化、データの流通量や種類の拡大およびデータの高速入手が可能な環境が生まれた。... 情報やデータの集計、分析や蓄積、利用に関す...

今回の研究は、科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業(CREST)の支援を受けて実施した。

しかし、量子基底状態を作り出す温度が、MEMS共振器のサイズに依存する点が技術開発の壁となってきた。... そこで私たちは、科学技術振興機構(JST)の創発的研究支援事業の中で、分子構...

優れたアイデアを有する研究者に対して、さまざまな最先端の創薬技術や医薬品製造技術を有するアカデミアあるいは企業による支援、豊富な開発経験を有する専門人材による伴走型支援なども必要だ。... (...

東京大学の原田香奈子准教授と英マンチェスター大学のマルケス・マリニョ・ムリロ講師らは、科学実験用ロボットのデジタルツインを構築し公開した。... 内閣府・科学技術振興機構(...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン