132件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

しかし生産性の低迷が続き、資金面での余裕が維持できなくなれば、基礎研究に回る資金は細り、不安定なキャリアパスを甘受してでも科学の夢に向かっていく若い人材は減り、既に危惧されているように今後の科学技術立...

理研の最前線(52)壁なき自由な研究の場 (2019/10/14 科学技術・大学)

【薄い文化的背景】 日本は科学技術立国を宣言しているが、科学に対する文化的背景は薄い。... 戦後、理研は科学技術庁傘下の法人として国の支援を受けることになった。... 行政改革会議...

「科学技術立国を標榜(ひょうぼう)する日本において、科学(理科、生物)教育によって次世代を担う子どもたちの基礎を形成することは何より大切だと考えている。... なぜ科学者は分類するのか。... 味の素...

彼らの言葉から令和の科学技術を探る。(小寺貴之) ■科学技術立国へ■ 小林氏「反対の道だ」/梶田氏「何か示して」 「国は科学技...

日本の判断に世界中の科学者が注目する。 ... サイエンス上の意義を踏まえ、どう科学をサポートするか総合的に考えていく必要がある」 ―ILC建設に向け、日本は人的資...

高リスク研究促す助成に 【停滞する日本の科学論文】 「科学技術立国・日本」は、多くのノーベル賞受賞者の輩出で十分に立証されている。... 日本がこうした傾向に歯止め...

宇宙飛行士への憧れはあったが日本人には手が届かないと思い、航空関係の技術者になった。... 技術者として宇宙に関われるのかと思い応募した」 ―宇宙での思い出は何でしょう。 &...

若手研究者の安定雇用を 【予算削減で大学が困窮】 今、わが国の基礎的科学力の低下が大きな課題となっている。... 英国の科学誌『ネイチャー』は、2017年8月の特集...

科学技術政策には哲学が要る」 ―ノーベル賞を受賞してから基礎科学の振興を唱えてきました。 「国は科学技術立国を目指すといいつつ、反対の道を歩んでいる。... ただ科...

「この2年間、機会を頂くたびに日本の科学技術が危機的な状況にあることを説明してきた。... 少なくとも科学技術立国には向かっていない。... 他国が科学技術予算を増やす中、日本だけが大学や研究機関の体...

 科学技術やモノづくりにおいてイノベーションを起こすことが科学技術立国である日本にとって重要で、特許や意匠など知的財産に関する知識は必須であると言える。... ...

同国は電子カルテや個人の全遺伝情報(ゲノム)を政府が一括管理するなど、科学技術立国として知られる。... 一方、EUにも英国の科学技術力を無視できない事情がある。... 個別の科学技術分野では、生命科...

「一つは東日本大震災以降、科学技術立国と言われてきた日本の地位が低下してきたと感じていたことだ。... 我々の技術でなし得てみたい」  ―コピー機ほどの大きさで「京」並みの性能を持つ...

「国産テレビの実用化は科学技術立国・日本の威信をかけた国家プロジェクトとしてスタートし、1941年12月8日、まさに真珠湾攻撃当日の朝まで続けられた。... 技術はレーダーなど軍事利用に振り向けられる...

ほかの三つは再生医療や創薬、新たな生命科学と医療についての目標をうたっています。... 「科学技術立国」は科学者や企業の研究者、政策立案者だけに任せておけばいいというものではありません。欧米のように、...

外務省が伝統的な政治外交に加え、経済や科学技術分野の外交にも力を注ぐ。... 科学技術外交では、15年5月の同外交に関する有識者懇談会の提言を受け、9月に岸田文雄外相が岸輝雄東京大学名誉教授を外務省参...

年内に答申案がまとまる「第5期科学技術基本計画」に向け、産業界の要望が相次いでいる。... 世界各国が政府による研究開発投資を強化する中、科学技術立国を明確にする前向きな国の姿勢を打ち出す必要がある。...

文部科学省が大学改革で掲げる「トップ100に10校」は夢物語のようだ。 ... 財政逼迫(ひっぱく)は理解できるが、科学技術立国も譲れないはず。

さらに多くの日本人研究者が、自然科学系のノーベル賞候補と国内外で予想されている。日本の科学研究者の層が厚くなってきたことは心強い。... だれもやっていない研究をおもしろそうだからやってみようという若...

文部科学省科学技術・学術政策研究所によると、博士課程の学生に占める女性の割合は30%に満たない。... ■女性視点評価に 国は第3期科学技術基本計画で初めて、「女性研究者の採用割合を...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる