559件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

転職なき移住の好事例表彰 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局は「地方創生テレワーク(転職なき移住)」に取り組む企業・団体を表彰する「地方創生テレワークアワード」を創設した。.....

 【和歌山】和歌山県は12日、富士通とワーケーション・移住に関する連携協定を締結すると発表した。... “転職なき移住”が実現できる人事制度を運用する富士通に、県がアプローチした。移住を希望する社員ら...

近年では、2018年12月に国連総会で採択された「難民に関するグローバル・コンパクト」において気候変動や環境破壊、自然災害も難民の移動を引き起こす要因となり得る、という認識が示され、また、国境を越えず...

14年沖永良部島へ移住し、その上位概念「間抜けの研究」を開始した。

その後、第2次世界大戦を経て多くのアーティストが米国に亡命や移住をしたこともあり、新しい美術の中心はニューヨークへと移り、一般的にはこの時期以降を「現代アート」と考える。  

市は近年、大学やIT関連産業の誘致、移住・定住の促進で人口減少傾向に歯止めをかけようと努めている。  

エンスペースと青森会議所、東北地域企業のビジネス支援で提携 (2021/9/28 中小・ベンチャー・中小政策)

コロナ禍やオンライン化の進展を背景に地方移住を検討する人が増加していることに対応する。  

卓見異見 10月から新執筆陣 (2021/9/24 総合1)

14年沖永良部島へ移住し、その上位概念「間抜けの研究」を開始。

月探査の技術提供だけでなく、将来的に人類が月に移住できるようになった時のためのインフラ技術や衣食住、経済といったさまざまな分野への進出・貢献を目指している。  

観光地などで休暇を楽しみながら働く「ワーケーション」など地方への移住策を各自治体が推進するが、定住を促進するのは容易ではない。

 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局は「地方創生テレワーク(転職無き移住)」に意欲的な企業に自ら宣言してもらう自己宣言制度を創設した。テレワークなどを活用し、従業員が地方に移住して働ける環境を整...

当社が強みとする西海岸では従来、ダウンタウンに住む人が多かったが、テレワークが広がり、郊外や内陸の州に移住する人が増えた。

同プラットフォームに参画する地方自治体などと、マッチングや地方移住の促進に力を入れる地域と連携してSDGs促進を目指す。 ... SDGsを背景とする「就労支援」「女性活躍の推進」「...

北米向け農機ではコロナ禍で郊外移住が増加し、21年1―8月の卸売り(台数ベース)は前年同期比35%増と好調。

富山県は起業家や移住者を県内に呼び込むため、2022年7月をめどに富山市に「創業支援センター」と「創業・移住促進住宅」を開設する。... 創業支援センターの利用者か県外からの移住者が対象。

新刊/沢田晃宏著『東京を捨てる』 (2021/9/6 books)

都心部を離れ地方へ移住することは広く認識されるようになった。 著者は東京で主に週刊誌の記者として働いた後、兵庫県の淡路島に移住した。「コロナ移住のリアル」をテーマに据え、全7章にわた...

「転職なき移住」推進 内閣府は30日、地方創生に関する2022年度予算概算要求に21年度当初予算比19・8%増の1268億円を盛り込むと発表した。... 新型コロナウイルス感染症の拡...

「テレワークの推進を背景とした地方への移住も車需要を増加させる」と生活様式の変遷にも注目。

「都会から地方への移住」「決裁方法のデジタル化」「テレワークの普及」など11項目について、コロナ禍収束後に変化が起こるかとの質問を毎回設定しており、起こりうる度合いを4段階から選択してもらっている。&...

政府内には、新型コロナの影響でテレワークが浸透しつつあることを追い風に、人口密度の高い都市部を避け、地方移住を検討する人が増えているとの見方が強まっている。

おすすめコンテンツ

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる