213件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01775秒)

...理技術を新分野に活用 ドローンで稲作管理など 精密機器メーカーが画像処理技術をテコに他業種とシナジー...

...ため、ドローン稼働率を上げるには稲作の農薬散布などといかに組み合わせるかも重要になる。 この方法も含...

スズテック、豆苗1.4倍増産 専門部署新設、販路拡大 (2019/8/23 中小企業・地域経済1)

...。 国内では播種機のユーザーである稲作農家の減少が続いている。 メーンの農機事業の落ち込みを見据え、同...

...ていくしかない。当社の主力製品は稲作向けが多い。今後は畑作や酪農向けにもラインアップを広げていきた...

...成される消化液は、有機肥料として稲作や葉物野菜栽培に使用でき、地域エネルギーの地産地消を推進する。 ...

もみ殻由来の炭素材料に注目 ソニー、水浄化や文化財保護に活用 (2019/8/7 建設・生活・環境・エネルギー2)

...増えると、もみ殻を有効活用でき、稲作が盛んな途上国で新たな雇用を創出する可能性がある。電機メーカー...

...る価格や取引へのニーズが高まり、稲作農家や米穀卸ら実需家の市場参加が増えると判断した。 本上場申請を...

産業春秋/災害報道 (2019/6/20 総合1)

...浮かぶ粟島は1964年の新潟地震以来、稲作ができなくなった。震源に近く、震災によって周囲23キロメートルの...

...の活用を提案していく。そのほか、稲作の作業を効率化するノウハウも提供する考え。 また、日本で展開する...

井関農機、野菜移植を自動化 作付けなど幅広く適応 (2019/6/18 機械・ロボット・航空機2)

...、野菜作の需要の高まりとともに、稲作の時期以外での水田の活用も増えている。こうした背景から、作物の...

...2025年の「スマート農業」、稲作の労働時間半減 政府が展望 政府は、農林水産業地域の活力創造本部... ...ート農業」の導入により、2025年には稲作で労働時間を最大で半減できるなどとした将来像を示した。農家や企...

【電子版】先週の注目記事は? (2019/5/28 特集・広告)

...ドネシアで農業支援 ブルドーザーで稲作改革...

コマツ、インドネシアで農業支援 ブルドーザーで稲作改革 (2019/5/20 機械・ロボット・航空機2)

...ネシアで農業支援 ブルドーザーで稲作改革 コマツはインドネシアで農業支援を始める。csr(企業の社会的責... ...行っているブルドーザーを活用した稲作改革のノウハウを同国に展開する。インドネシア政府や現地教育機関... ...石川県と行う建設機械技術を使った稲作のノウハウを提供する。ブルドーザーの情報通信技術(ict)施行技術を...

...区) オーレック 水田除草機 weed man 稲作で重労働となる除草作業の負担を独自機構により軽減した乗用水田除...

...に地元で採れた有機米を導入。有機稲作を担う農家を育て、農産物のブランド化を進めている。 宮崎県綾町は...

日本公庫、大阪で国産農産物展 海外バイヤーとマッチング (2019/2/14 中小・ベンチャー・中小政策)

...スマッチングの機会提供を通じて、稲作や野菜、畜産といった分野の地域農業者を支援していく。 ...

...で培った工程管理ノウハウを活用し稲作業務管理システムを開発という企業もあった。 日本のカロリーベース...

...飛行ロボット(ドローン)の普及が進む稲作に比べ、これらは自動化が遅れており、労働生産性も低かった。とは... ...任研究員は指摘する。 果実や野菜は稲作に比べ栽培に手間がかかり、労働生産性が低くなりがちだ。果実は枝...

...は別人/コロナ社長・小林一芳氏 稲作の出来具合に注力 2018年の夏は暑かった。おかげさまで主力製品の一... ...週末を中心に取り組む農作業、特に稲作の出来具合だ。 ◇ 新潟県下田村(現三条市)の農家に生まれた。物心が...

...、コンセプト段階から全国の有力な稲作農家と膝を交え共に汗を流してプルーフオブコンセプト(poc)を積み重...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる