電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

893件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

大・中型トラック販売、1―6月9%増 2年連続プラス (2024/7/22 自動車・モビリティー)

日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめた2024年上期(1―6月)の大型・中型トラック(登録車種「普通貨物車」から積載量1―2トンの台数...

ザンビアで積載量200トンの超大型フル電動ダンプトラックの実証実験を始めた。... 充電に必要な停車時間を省略し連続稼働を実現するほか、バッテリーも軽量化できるため、鉱石積載量を増やしコストパフォーマ...

「EV・FCVトラック元年」熱気 米で導入活発化 (2024/7/3 自動車・モビリティー)

独ダイムラー・トラックは米国向けEVトラックで積載量を増やしたモデルを追加。... (大原佑美子) ダイムラー・トラックはEVブランド「RIZON...

日立建機、超大型フル電動ダンプ実証 ザンビア鉱山で開始 (2024/7/1 機械・ロボット・航空機2)

同ダンプトラックは積載量200トンで、日立建機のトロリー受電式ダンプトラックにスイス重電大手のABBが開発したバッテリーシステムを搭載。... 架線電力の利用によりバッテリー搭載量を抑えられる。これに...

航続距離・コスト・積載量アピール 軽商用車市場で電気自動車(EV)化の競争が白熱している。... 総電力量29・6キロワット時と軽自動車で最大級の容量を持つ最新世代バ...

キュービットロボ、建設資材150kg搬送ロボ (2024/6/24 機械・ロボット・航空機2)

リチウムイオン電池(LiB)で2―3時間連続で稼働し、積載量が6割程度の場合には約5時間運転できる。

日立建機、関東―関西で中継輸送 運転手の負荷軽減 (2024/6/24 機械・ロボット・航空機2)

物流子会社の日立建機ロジテック(茨城県土浦市)で中継輸送の仕組みを構築したほか、従来より積載量の多いウイングトレーラーを新たに導入。... 混載のための架台も開発し、積載重量が大きくて...

三菱電機ビルソリューションズ、海外向け標準エレベーター (2024/6/20 電機・電子部品・情報・通信2)

積載量は450キロ―630キログラム(6―8人)、定格速度は分速60メートル。

ホンダ、10月に軽商用EV投入 電動化で巻き返し (2024/6/14 自動車・モビリティー)

運輸部門でカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)が求められる中、EVへの期待は高い。... 最大積載量は300キログラム。モーター駆動による力強い走行性や加速性を備え、満積...

日立、昇降機を173台受注 東京駅前ビル「トーチタワー」向け (2024/6/13 電機・電子部品・情報・通信2)

両社では、定格速度分速300メートル、最大積載量2300キログラム×2(定員35人×2)のダブルデッキエレベーターのほか、定格速度分速480メートルの超高速エレベー...

5月の大型・中型トラック販売、11%増 4カ月連続プラス (2024/6/12 自動車・モビリティー)

日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめた5月の大型・中型トラック(登録車種「普通貨物車」から積載量1―2トンの台数を除いたもの)の販売台数は、前年同月比11・8&#...

独ダイムラー・トラックは米国市場向けの電気自動車(EV)トラックに、車両総重量(GVW)を現行モデル比約388キログラム増の約8・5トンにし積載量を...

最大積載量は400キログラム。

キヤノン米子会社、シルク成分水溶液増産 食品保存剤向け (2024/6/4 素材・建設・環境・エネルギー1)

野菜の輸送コスト削減からも評価されており、生産量を大幅に引き上げて供給量を増やす。 ... 生産量は非公開だが、設備を増設して大幅に増産する。... 野菜は葉が重なると傷むが、収穫時...

運搬船の積載土量を迅速算出 五洋建とACSLがドローン活用システム (2024/6/4 素材・建設・環境・エネルギー2)

五洋建設とACSLは防波堤や岸壁などの築造工事向けに、土砂運搬船の積載土量を迅速に算出・表示し、帳票も自動作成するシステムを開発した。... さらに3D―LiDARで船倉内の積載形状を5秒間計測し、積...

JMUのコンテナ船、「シップ・オブ・ザ・イヤー23」受賞 (2024/6/3 機械・ロボット・航空機2)

風圧抵抗の低減と積載量の増加を両立させた新船首風防の新規性などが評価された。

両工場間には仕切りがあるが、間口を設けて最大積載量が30トンの無軌道式の台車で部品の移動を円滑にできるようにした。

花見台自が新トレーラー 大きく傾けず土砂排出 (2024/5/23 自動車・モビリティー)

トラクターとの連結全長は約12メートルで狭小部に対応できるだけでなく、一般的な積載量10トンのダンプトラック2台分の土砂を効率良く運べる。

積載量を常時計測 新明和工業はゴミ収集車の積載量などを常時計測し、効率の良い巡回や車両保守を支援する事業を2025年に始める。... 積載量に余力がある車両に対し、満載車の代替として...

日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめた4月の大型・中型トラック(登録車種「普通貨物車」から積載量1―2トンの台数を除いたもの)の販売台数は、前年同月比26・7&#...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン