電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

282件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

窒素6割削減 【名古屋】三菱電機はファイバーレーザー加工機の旗艦機種「GX―Fシリーズ=写真」に、窒素と安価なエアを混合したアシストガスを用いる軟鋼向けの...

実験は同装置の使用済みフィルターを温水に浸して、窒素ガスを送り込む便宜的な方法で行った。

スギノマシンなど、日焼け止め肌に優しく CNF添加スプレー (2024/1/22 生活インフラ・医療・くらし)

一般的なUVカットスプレー剤の噴霧ガスは液化石油ガス(LPガス)が大半だが、CNPの添加により人や環境への負荷が少ない窒素ガスに置き換えられた。従来の薬剤に窒素ガスを用いると乳化・分散...

このような重篤な呼吸不全に対して、一酸化窒素ガス(NO)の効果が注目されている。NOは血管拡張作用を有する生理活性ガスで、私たちの体内でも産生されている。... その主な原因に、NO供...

「高純度窒素ガス供給のほか、特殊ガス・特殊ケミカル品、関連機器、顧客の工場設備の管理請け負いなども手がける。... 窒素ガス供給は入札段階で、土地と電力供給にめどが立ってないといけない。その意味で当社...

リニアモーターで流体制御装置バルブ駆動 SMCが開発・投入 (2023/10/18 機械・ロボット・航空機1)

顧客ニーズが高い乾燥空気と窒素ガスを流量制御の対象とした。... 具体的には、半導体ウエハーの工程内搬送に用いる密閉型容器(FOUP)に窒素を充填する工程や、窒素が循環するウエハー自動...

動作温度370度Cで模擬空気中から重量比1・2%の酸素を90秒以内に吸収し、窒素ガス中で210秒以内に放出する。工業用の酸素ガスの製造コスト低減に役立つ可能性がある。

企業研究/CKD(6)サステナブルな経営基盤確立へ (2023/8/30 機械・ロボット・航空機1)

環境負荷低減型商品の開発を推進し、カーボンニュートラル(CN、温室効果ガス排出量実質ゼロ)実現などの課題に立ち向かう。... 製造業のCO2排出量はスコープ1、2に対してサプライチェー...

大陽日酸、千葉に新設備 半導体向け希ガス増産決定 (2023/8/8 素材・建設・環境・エネルギー2)

製鉄所への産業ガス供給を強化するほか、半導体製造などに使用する希ガスの増産に取り組む。 ... 大型ASUに加え、窒素や酸素などの製造時に副産される希ガスの製造設備も設置。... 供...

このため同機構は、ナトリウムの漏えいを検知する装置や漏れた場合に備えた窒素ガス設備など、火災防護対策を講じたという。

窒素や水素などとの混合ガスからアンモニアを取り出す。... 残りの水素と窒素ガスは再利用する。 ... 細孔の中に吸着点が存在し、アンモニアがくっついて細孔をふさぐと窒素や水素は通れ...

ナリス化粧品、乳液噴霧技術を開発 手軽に顔にスプレー (2023/6/23 生活インフラ・医療・くらし2)

窒素ガスを用いた乳液状のオールインワンミスト化粧品は日本初という。... 窒素ガスは液化石油ガス(LPG)より粒子が粗いため顔に噴霧できる。窒素ガスを用いた化粧水はあるが乳液状のスキン...

規制委は、ナトリウム漏えいの検知装置や漏れた場合に備えた窒素ガス設備などの設置を確認。

同装置には濃度の薄いガスであっても高感度に検出でき、測定したいガスの直接導入や複数のガス成分を同時に測定可能といった特徴を持つ。... 宇宙空間で採取した試料を地球の大気と触れさせないために、高純度の...

特殊ガスや化学品などを保管する倉庫や事務所などを6月に着工する。... AWは半導体製造に必要な特殊ガスや特殊ケミカル、基礎化学品などを保管する倉庫を設置し、供給体制を構築する。... 今後、同拠点に...

フジキン(大阪市北区、田中久士社長)は持ち帰った貴重な試料に含まれる微量な揮発性物質(ガス)を採取し、成分や量を正確に調べるガス採取装置の配管部の設計・製造に携わった。...

300度Cで0・1%一酸化窒素と10%酸素ガスを流すと、一酸化窒素が二酸化窒素に酸化され、硝酸イオンとしてバリウムと塩を作り吸蔵される。 次に1%水...

高い耐久性で最高22・7%の光電変換効率と、窒素ガス雰囲気下で2000時間後も96%の出力を保持する高耐久性を実現。

コフロック、屋外窒素ガス装置を拡充 11kW/15kWモデル追加 (2022/12/5 機械・ロボット・航空機1)

窒素ガスは酸化防止用途で多様なモノづくりに活用されている。 ... 窒素ガスは基板実装のハンダ付け、樹脂成形、加工食品の鮮度保持など用途は幅広い。 ... 窒素ガス...

輸送箱にはカプセル回収後に窒素ガスを封入するため、密閉構造を採用。24時間ヘリウムガスが漏洩しないことを確認する耐圧気密試験では、結果から漏れがないことが分かってほっとしたという。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン