506件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

研究会にはロボットやシステムインテグレーター(SIer)の団体のほか、川崎重工業、立命館大学、りそな銀行などが参画。

「京都・滋賀・大阪と府県をまたがる関西全域の大学として総合力で社会貢献していく」と張り切るのは、立命館大学学長の仲谷善雄さん。

立命館大学は25日、情報理工学部と映像学部を2024年4月に大阪いばらきキャンパス(OIC=大阪府茨木市)へ移転すると発表した。

立命館大学情報理工学部の野間春生教授らは、MEMS(微小電気機械システム)技術による超小型触覚センサーのロボットへの応用を進めるベンチャー「Con―Tact」(京都市上京区)を設立した。

事務局は国際航業に置き、座長には立命館大学の建山和由教授が就く。

筑波大学と立命館大学の研究グループは、2018年のインドネシアの巨大地震が、断層の屈曲に沿って地震による破壊が「尺取り虫」のように進展と停滞を繰り返して進む特異な様式だったことを示した。

「茨木市と協力し、市内にキャンパスを持つ立命館大学と子どもの歯や口の健康づくりを目指した連携事業を始めた。

東京理科大学と京都大学、日本大学、立命館大学の研究グループは、セルロースをバイオエタノール燃料の原料となるグルコースなどに高効率に分解する手法を開発した。

立命館大学テクノロジー・マネジメント研究科の児玉耕太准教授らは熊谷組などと共同で、スマートフォンを用い、建設作業者にかかる負荷を心拍を測定しなくても定量的に判定できる手法を開発した。

「2025年には(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学の)『関関同立』を抜き、30年に京都大学を抜く。

立命館大学は、新型コロナウイルス感染症に関する研究を支援する「Withコロナ社会 提案公募研究プログラム」を始めた。

心理学の観点から企業経営や人材管理について研究する立命館大学総合心理学部の高橋潔教授に、企業の管理職や経営層に求められる人材管理や社内風土の改革について聞いた。

生活習慣病やメタボリック症候群などの健康科学を研究する立命館大学スポーツ健康科学部の真田樹義教授は、自宅での運動や食事がフレイル対策として最も手軽だと説く。

挑む スマート農業(2)画像認識、AI学習に工夫 (2020/4/7 機械・ロボット・航空機2)

東京大学大学院情報理工学系研究科の深尾隆則教授は、立命館大学客員教授として、フクハラファーム(滋賀県彦根市)でスマート農業の実証実験を進める。

挑む スマート農業(1)入り交じる期待と不安 (2020/4/6 機械・ロボット・航空機2)

(7回連載) 大規模農場で経営するフクハラファーム(滋賀県彦根市)は、立命館大学理工学部の深尾隆則教授(現東京大学大学院情報理工学系研究科教授)と組み、キャベツ自動収穫の実証実験を2...

ヘビ型は立命館大学理工学部の技術をベースとした配管内を移動する自律走行のロボット。

立命館大学生命科学部の伊藤将弘教授らは、生命科学ビッグデータに人工知能(AI)を使った解析で、新型コロナウイルスの進化に関与している可能性の高い2種類のたんぱく質を突き止めた。

立命館大学との共同研究で記憶に残りやすい効果を実証。

大阪は立命館大学大阪いばらきキャンパス(大阪府茨木市)、東京は武蔵野美大デザイン・ラウンジ(東京都港区)が会場。

立命館大、ワシントンに事務所開設 (2020/3/5 大学・産学連携)

【京都】立命館大学は、米国ワシントンDCに6拠点目の海外事務所「立命館大学ワシントンDC事務所」を開設した。米国内の優秀な学生や研究者などへ、立命館大学の教育・研究関連の情報を発信し、米国の大学や国際...

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる